顔の施術について

金のアレルギーの疑いのある人が金の糸をする場合はどうするのか?

金の糸希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「私、金属アレルギーなんですが、やって大丈夫でしょうか?」と御質問いただきます。

金は金属の中で最もイオン化傾向が低く、アレルギーを起こしにくいとされています。金以外の金属でアレルギーがでる人でも、金でアレルギーがでるという人は非常に稀です。金のネックレスや指輪やピアスをして、皮膚が赤くなる人でも、24金のもので赤くなる人は本当に金アレルギーが疑われますが、18金や金メッキやピンクゴールドなどのものでなる人は、金以外の金属のアレルギーの可能性が高いです。18金というのは、24分の18が金で、残りの6は他の金属で構成されており、金メッキやピンクゴールドは多くの金以外の金属でできているので、ニッケル、銅、パラジウムなどの金属アレルギーが起きているケースがほとんどです。

ただし、非常に稀に金でアレルギーを起こす人がいます。金のアレルギーが疑わしい人が金の糸をする場合は、皮膚科に行って一通り金属アレルギーのパッチテストをやってもらうと、どの金属でアレルギーがでるのか詳しくわかります

また、私に関しては、金アレルギーが疑わしい患者様は、術前に金の糸を約1cm手の甲や二の腕などに入れて、48時間後に判定するテストをすることがあります(無料で行ってます)。

このような対策をしているため、高須クリニックでは今までに1万人以上の方々に金の糸を施術していますが、1人もアレルギーが起きたことはありません

症例写真
■金の糸


高須幹弥医師からのコメント

50代女性の患者様で、肌の張りのなさや小じわやたるみなど、顔全体の老化を気にされてました。
接客業をされている方で、仕事がほとんど休めないということと、半永久的な効果の治療を希望されていたため、顔全体に金の糸をすることになりました。
金の糸は施術直後は麻酔でやや腫れてますが、半日で大きな腫れは引いてしまうので、仕事を休まずに受けることができます。
術後6ヶ月では、顔全体の張りが出たのがわかると思います。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

金の糸

顔全体(額、コメカミ、頬) ¥300,000 / 首 ¥300,000 / デコルテ ¥300,000 / 手の甲(両手) ¥300,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大