顔の施術について

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)をして、頬が痩けたり顔がたるんだりすることはあるのか?

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)希望の患者様のカウンセリングをしていると時々、「ネットの書き込みに、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)をすると顔がたるんだり頬が痩けたりすると書いてあったのですが、本当ですか?」と御質問いただきます。私の答えは、「正規のボツリヌストキシン注射を正しい量で正しく注射すれば、顔がたるんだり頬が痩けたりすることはありませんが、非正規のボツリヌストキシン注射を用いた場合や、注射する量がおかしかったり、注射の仕方が悪ければ、顔がたるんだり頬が痩けたりすることはあり得ます」です。

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)は、エラの骨に付いている咬筋という筋肉にボツリヌストキシンを注射し、咬筋を萎縮させることにより小顔にする治療です。咬筋は頬骨の頬骨弓という部分からエラの下顎角という部分に付いています。ピンポイントでエラの部分の咬筋のみにボツリヌストキシンを注射すれば、きれいにエラの出っ張っている部分だけが小さくなり、自然に小顔になります。


当院で使用している高品質のボツリヌストキシン

しかし、頬骨弓のほうの咬筋にボツリヌストキシンが効いてしまうと、頬骨の下のボリュームがなくなり、頬が痩け、それにより顔がたるむことがあり得ます。また、非正規のボツリヌストキシンは、注射した部位の筋肉にピンポイントで効かず、周りの筋肉に効いてしまうことがあります(特に中国製の安価なものに多いです)。そのため、安価で質の悪いボツリヌストキシンを注射すれば、頬が痩けたり、顔がたるんだりする可能性はあります。

高須クリニックでは、正しい技術で高品質のボツリヌストキシンを高濃度で注射するので、ご安心ください。

症例写真
■ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)


(4週間後)

服部良光医師からのコメント

20代の女性です。骨ではなく、筋肉が張っているタイプでした。ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)1本で、ホームベース型だった輪郭がすっきりシャープなラインになります。 エラ骨切り/削りでは術後1ヶ月くらいは顔が腫れますが、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)はほとんど腫れがないのがメリットです。また、エラ骨切り/削りより小顔効果が大きいことも魅力です。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)

1回 ¥150,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大