顔の施術について

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)が登場してからエラ削りの手術は年々減ってきている!

一昔前はエラが気になって小顔にしたいという方は、手術でエラの骨を削るという方法しかありませんでした。エラ削りの手術というのは、通常2~3泊は入院して、気管の中に管を入れて本格的な全身麻酔をかけ、口の中からエラの骨を器械で削るという方法で、1ヶ月くらいは顔が大きく腫れてしまう大掛かりな手術です。高須クリニックでもときどきエラ削りの手術を行うことはあるのですが、20~30年前に比べると随分減りました。

手術が減ってきた要因はボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)が登場したことにあります。ボツリヌストキシンというのは、筋肉に注射することにより、そこの筋肉の動きを和らげる作用があり、エラの骨に付着している咬筋という大きな筋肉に注射すると、咬筋が委縮を起こしてエラが細くなって小顔になるのです。しかも、咬筋はエラの骨よりもはるかにボリュームがあるため、大変な思いをしてエラの骨を削るよりもボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)をした方が小顔効果が大きい場合がほとんどなのです。

咬筋とエラ骨の部位 咬筋 エラ骨
咬筋とエラ骨の部位

特に、皆さんが一番期待している正面から見たときの顔の横幅を小さくする効果は、エラ削りよりもボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)の方が大きいです。

通常ボツリヌストキシンというのは、注射してから6ヶ月くらいで薬の効き目はなくなるのですが、質が良く、高濃度のボツリヌストキシンをたっぷりとエラの筋肉に注射すれば、薬の効果がなくなっても前ほどエラの筋肉が元に戻らず、ある程度小顔効果が続くことが多いです。しかも、4~5ヶ月おきにボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)を5回くらい打ち続けると、半永久的に小顔効果が続きます。結局、エラ削りの手術をするよりもボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)をした方が、腫れがほとんどないためダウンタイムもなく、値段も安く、リスクもなく、効果も大きいのです。

最近は、エラが気になって小顔を望む患者様には、まずボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)をご提案し、小顔になったけどもっと小顔になりたいという方にのみエラ削りの手術をご提案するようにしています。

また、咬筋というのは咬むための筋肉なので、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)で咬筋を萎縮させてしまうと咬む力が弱くなってしまうのではないかと心配される方がときどきいらっしゃいますが、その心配はありません。人間の体というのは上手くできていて、咬むための筋肉は咬筋以外にも、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋という3つの筋肉があり、それらの筋肉が代償的に発達するため、咬む力が弱くなって困るということはまずありません。

症例写真
■ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)


(4週間後)

服部良光医師からのコメント

20代の女性です。骨ではなく、筋肉が張っているタイプでした。ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)1本で、ホームベース型だった輪郭がすっきりシャープなラインになります。 エラ骨切り/削りでは術後1ヶ月くらいは顔が腫れますが、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)はほとんど腫れがないのがメリットです。また、エラ骨切り/削りより小顔効果が大きいことも魅力です。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)

1回 ¥150,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大