新型コロナウイルス感染予防対策についての
当院の対応につきまして

顔の施術について

鼻や顎にシリコンプロテーゼを長期間入れていると、骨が吸収されて窪んだり変形したりするのか?

鼻や顎のシリコンプロテーゼ希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「長期間顎にシリコンプロテーゼを入れていると、入れたところの骨が吸収されて窪むってネットに書いてあったのですが本当ですか?」「鼻にシリコンプロテーゼを入れて、長い年月が経つと、鼻の骨が吸収されて、鼻が低くなるって知り合いが言っていたのですが本当ですか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「その人に合ったサイズ、形のシリコンプロテーゼを鼻や顎に入れた場合は、長い年月が経っても、骨が吸収されて、骨の形が大きく変形して、悪影響を及ぼすということはまずありませんが、その人に合っていないサイズ、形のシリコンプロテーゼを入れた場合は、長い年月をかけて、骨が吸収して変形する可能性は0ではありません」です。

人間の骨、軟骨、皮膚などの組織は、異物によって長期間強い圧力を受けていると、組織が萎縮や吸収を生じ、窪むことがあります。そのため、その人に合っていないような巨大なシリコンプロテーゼを鼻や顎に長期間入れ続けた場合、入っていた部分の骨が萎縮、吸収を起こし、窪む可能性があります(長期間というのは、圧力の強さにもよりますが、ここでは6ヶ月~30年くらいのことをいっています)。骨だけではなく、入っていた部分の皮膚が萎縮し、プロテーゼ上の皮膚が薄くなり、プロテーゼの輪郭がくっきりと浮き出てくる可能性もあります。

また、鼻にL型プロテーゼを入れている場合は、必ず鼻先の皮膚に圧力がかかるため、鼻先の皮膚が薄くなり、最悪の場合、皮膚を突き破り、プロテーゼが飛び出てしまうこともあります。鼻中隔延長手術に関しては、自分の軟骨や死体軟骨、豚軟骨で延長しても、鼻先の皮膚に強い圧力がかかるため、5~10年経過すると、鼻先の皮膚が薄くなり、鼻先の軟骨の輪郭が浮き出て不自然になることが多いです。ただし、その人に合ったサイズ、形のプロテーゼを入れた場合は、長期間入れていても、強い吸収や萎縮が起こることにより、骨や皮膚が変形して不自然になることはありません。

従来のL型プロテーゼ 鼻先の皮膚に負担がかかる。鼻先が上にあがってブタ鼻になりやすい。笑ったときに鼻先があがらないので不自然になる。 当院で使用しているI型プロテーゼ 皮膚に負担がかからない。ブタ鼻になりにくい。笑ったときに鼻先が自然にあがる。

結局、鼻や顎のシリコンプロテーゼ、鼻中隔延長手術に限らず、ヒアルロン酸注射、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術、脂肪注入など、あらゆる手術に関して、その人の体に合っていない無理な手術をすると、体に負担がかかり、よくないことが起こる可能性があります。そのため、高須クリニックでは、患者様がリスク覚悟で強く望まない限りは、患者様に合っていないサイズ、形のプロテーゼなどをすすめることはありませんので、ご安心ください。

症例のご紹介

3mmの鼻シリコンプロテーゼを入れた症例写真

  • Before

  • After(1週間後)

  • Before

  • After(1週間後)

  • Before

  • After(1週間後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代の女性の患者様で、この方は以前に私が鼻尖形成と鼻翼(小鼻)縮小をモニターで手術した方で、今回は鼻を少し高くして、もう少し鼻筋を通したいということで来院されました。
極端に鼻を高くしたいわけではなく、自然に鼻筋を通して、仕上がりが整形っぽくならないようにしてほしいというご要望だったので、3mmのI型シリコンプロテーゼを鼻根部(鼻の目と目の間の部分)から鼻先の上部までの間に入れました。
術後は程よく鼻が高くなり、キレイに鼻筋が通っているのがわかると思います。
鼻のシリコンプロテーゼは、患者様のご要望に合わせて、厚み、形をオーダーメイドで作成します。
あまり変わり過ぎたくない方は2~2.5mmくらいの高さのものを、しっかりと高くしたい方は5~6mmくらいの高さものを使用します。
患者様のご要望に合わせて最適なものをご提案させていただきますのでご安心ください。

症例のご紹介

短くて引っ込んでいる小さな顎にシリコンプロテーゼを入れた症例写真

  • Before

  • After(6ヶ月後)

  • Before

  • After(6ヶ月後)

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、顎を出したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、全体的に下顎が小さいため、顎先が短く、後ろに引っ込んでいる状態でした。
また、骨格的に口元が出ているため、顎が引っ込んでいるのが余計に目立ち、顎が引っ込んでいるせいで余計に口元が出ているのが目立っている状態で、負の相乗効果になっていました。
顎先を出す方法はヒアルロン酸注射とシリコンプロテーゼによる手術がありますが、患者様は半永久的な効果をもたらすシリコンプロテーゼを希望されていたため、シリコンプロテーゼ手術をすることになりました。
自然で安全な範囲内で顎先を斜め下方向に6mm程度出すデザインで手術することになりました。
手術は局所麻酔下に行い、骨膜を剥離した後、骨膜下の骨上にシリコンプロテーゼを留置し、吸収糸(溶ける糸)で筋層と粘膜を縫合しました。
手術後は程よく顎先が前方と下方向に出て、正面から見たときも横から見たときもバランスが良くなりました。
また、顎先が前方に出たことにより、口元が出ているのが目立たなくなりました。

あご形成(シリコンプロテーゼ)

¥385,000(税込)

【東京、横浜、名古屋、大阪】

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧