「低い鼻を高く見せたい」
「シュッと通った美しい鼻筋に通したい」
そんなお悩みに効果的なのが、鼻全体を形よく高くし、美しい鼻筋が実現できる『シリコンプロテーゼ』です。
30分程度の手術でダウンタイムも短く、傷跡も残らない人気の手術ですが、適切な施術を行わないと、不自然な高さになったり、違和感が起きたりといったデメリットもあります。
高須クリニックでは、患者様に失敗と感じていただかないよう、一般的な方法と比べて独自のこだわりと、経験豊富なドクターの高い執刀スキルで理想の鼻の高さを半永久的に実現します。

シリコンプロテーゼによる隆鼻術はこんな方に向いています。

  1. 低い鼻を半永久的に高くしたい
  2. 自然な美しい鼻筋を通したい
  3. 目と目が離れたアンバランスさを改善したい
  4. 鼻筋と目頭の間の“彫り”を深くしたい

プロテーゼとは何?

当院のシリコンプロテーゼ

プロテーゼは、人間の軟骨に似た性質を持つ医療用のシリコン素材です。
鼻を切開し、プロテーゼを挿入することで、鼻筋全体を高くすることができます。

顔に立体感が生まれ、目も大きく強調されることで、顔全体の印象もぐっと変えることができます。

目と目の間辺りから鼻先の上までを高くすることができるため、シュッとした横顔美人になることができます。

鼻のプロテーゼはどこで手術しても同じ?

シリコンプロテーゼには長い歴史があり、人工関節などにも使われるなど、体に害を及ぼさない安全な器具です。
しかし、

  • プロテーゼの輪郭が浮き出て、不自然な形になる
  • 将来的に鼻筋からずれる
  • プロテーゼが透けて見えたり、飛び出たりする
  • 衛生面が不完全で感染症のリスク

といった技術不足や、クリニックの体制による原因の失敗が起こりやすい施術です。
そのため、どこでやっても同じ結果になるとは限らず、

  • 患者様の鼻にフィットする最適なプロテーゼの選択
  • 挿入するドクターの施術スキル

が最も重要となります。
患者様にとって失敗と感じていただかないよう、高須クリニックのドクターは次のような方針で手術を行っております。

ドクターがプロテーゼ隆鼻術へのこだわりを解説

高須 幹弥 医師

高須幹弥医師が、当院のシリコンプロテーゼを使った隆鼻術へのこだわりや手術方法をやさしく解説します。

自然にフィットするプロテーゼをオーダーメイドで調整

当院で使用している
プロテーゼ
当院で使用しているプロテーゼ
当院で使用していない
プロテーゼ
※当院で使用していないプロテーゼ

挿入するプロテーゼは、入れる部位や、長さ、厚み、形が患者様によってそれぞれ異なります。
患者様に合わせて、最適な厚みと太さのプロテーゼを選び、数ミリ単位で手作業で細やかに調整し、ごく自然にフィットした美しい鼻を完成させます。
また、鼻にジャストフィットしたプロテーゼは将来的な変形やずれ、石灰化を防ぐことにもつながります。

高須幹弥医師がシリコンプロテーゼの選び方を動画で解説

I型プロテーゼのみを使用します。

L型プロテーゼ
(当院で使用していません)
/operation/nose/img/img_prosthesis_l.gif
I型プロテーゼ
(当院で使用しています)
/operation/nose/img/img_prosthesis_l.gif

当院では、I型プロテーゼのみを使用しています。
L型プロテーゼやバード型プロテーゼは、鼻先を高くする場合に効果がありますが、

  • 上に上がってブタ鼻になりやすい
  • 皮膚が薄くなってプロテーゼが透けて見える
  • 鼻先の皮膚を突き破ってプロテーゼが飛び出してしまう

といったリスクがあり、当院では使用していません。

実際の施術をドクターが解説

この解説動画、写真解説では手術シーンが含まれます。
気の弱い方、血を見るのが苦手な方は閲覧をご遠慮ください。
高須 幹弥 医師

高須クリニックにて実際に行っている施術の様子を動画もしくは静止画にて私が詳細に解説します。

鼻のシリコンプロテーゼ隆鼻手術

鼻のL型シリコンプロテーゼをI型に入れ替え+鼻先の耳介軟骨移植

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

理想の鼻筋に向けて経験豊富なドクターと綿密なカウンセリング

鼻の手術診察風景
  • 豊富なキャリアを積んだ形成外科医のみがカウンセリングから担当しています。
  • 形成外科医でない、経験の浅いドクターが施術をすることなく、感染症対策にも万全の注意を払っています。
  • 一人ひとりの鼻の形や顔のバランス、見え方に合わせて、患者様に一番合うプロテーゼの形をご提案いたします。
  • シミュレーションシステムによって仕上がりを施術前にイメージすることができます。
  • ドクターの指名がある場合はご相談ください。

ヒアルロン酸による隆鼻術との違いは?

最大の違いは効果の持続性です。
当院でのヒアルロン酸注射の場合、1年間は十分な効果が持続し、2~3年で吸収されてなくなります。
長期持続型ヒアルロン酸注射の場合ではその3倍の効果はありますが、効果は永久ではありません。
反面、手術時間が短く、術後の腫れもほとんどないメリットもあるので、まずヒアルロン酸注射で効果を確かめてから、シリコンプロテーゼによる隆鼻術を検討される選択も可能です。

タイプ別シリコンプロテーゼの手術方法

高須クリニックでは原則として、足りない部位に必要な分だけ高さを足し、全体的にバランスの良い整った鼻になる方針で手術を行っています。
使用するプロテーゼは、

  • 患者様の骨格の状態
  • 患者様の鼻筋の長さや湾曲の状態
  • 顏全体とのバランス

を見極めて手作業で作るため、オンリーワンのフィットした一つということになります。
プロテーゼを入れる部位は患者様の鼻の状態や希望により異なりますが大きく以下の4つに分かれます。

鼻の解剖と部位の名称

鼻の解剖と部位の名称

1. 鼻が低く、鼻筋も通っていない方の場合

鼻根部から鼻背にかけてプロテーゼを入れる場合

鼻根部から鼻背にかけてプロテーゼを入れます。
日本人特有の凹凸の少ないのっぺりとした顔に向いていて一番多いデザインです。
その人の顔に応じて無理の範囲でデザイン、作製すれば、ごく自然な鼻筋を作ることができます。

2. 高さはあるけど鼻根部だけが低い方の場合

鼻根部のみにプロテーゼを入れます。
眉間や鼻背部の高さはあるので、鼻根だけにプロテーゼを入れて高くすることによって、段差のギャップが埋まり、なだらかなバランスの良い鼻になります。
元の鼻の状態によって、眉間の下部(尾側)や鼻背部の上部(頭側)にも高さを出すことがあります。
また、わし鼻を目立たなくする場合にも行います。

3. わし鼻になりたい方の場合

鼻背部のみにプロテーゼを入れます。
あえてわし鼻になりたい方の場合、鼻根部よりも鼻背部が高くなくてはなりません。
鼻背部の一部をピークにして高くすると、わし鼻にすることができます。
鼻背部だけでなく、鼻根部も少し高くしてわし鼻にしたいという人には、鼻根部も少し高くすることがあります。

4. とにかく鼻を高く、立体的に見せたい方

眉間から鼻根部~鼻背にかけてプロテーゼを入れます。
鼻だけでなく眉間も高くなるので、立体感のある彫りの深い顔立ちになることが多いです。
ただし、額があまり出ておらず、日本人特有ののっぺりとした顔立ちの人に行うと、眉間からニョキッと鼻が生えているような不自然な見え方になるので、しっかり適応を見極めてから行うことが重要です。

カウンセリング~手術、手術直後までを動画で解説

痛みや傷跡は?

手術中~術後の痛み

最初の麻酔の注射でのわずかな痛み以外、手術中に基本的に痛みはありません。
当院で使用している注射針は、細さと切れ味を追及した質の良い注射針。針を刺す際の痛みが少なく、少しでも患者様の苦痛を少なくするために最善の努力をしています。
術後当日は若干痛みがある場合もありますが、内服薬の服用でカバーできる程度です。

傷跡

鼻や眉間のプロテーゼは、全て片側の鼻の穴の中を切開した部分から入れるので、傷跡が目立つ心配はありません。
手術当日~手術翌日はプロテーゼを入れた部分が腫れますがその後は時間と共に引いていきます。

感染対策

手術部位の皮膚や粘膜を消毒し、無菌操作下に行います。
また、使用するシリコンプロテーゼも滅菌処理されたものを使用しております。

施術料金

シリコンプロテーゼによる隆鼻術

¥385,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

シリコンプロテーゼの代表的な症例

自然な範囲内で鼻筋を通した症例

  • Before

  • After(6ヶ月後)

  • Before

  • After(6ヶ月後)

執刀医:高須幹弥 医師

知り合いに気付かれないように鼻を高くした症例

  • Before

  • After(1ヶ月後)

  • Before

  • After(1ヶ月後)

執刀医:高須幹弥 医師

のっぺりした平らな顔に自然に鼻筋を通した症例

  • Before

  • After(6ヶ月後)

  • Before

  • After(6ヶ月後)

執刀医:高須幹弥 医師

鼻の上部を高くし、鼻先が下向きになった症例

  • Before

  • After(1週間後)

  • Before

  • After(1週間後)

執刀医:高須幹弥 医師

くっきりとした鼻筋が通ることで、目もとも大きく強調された症例

  • Before

  • After

  • Before

  • After

執刀医:高須克弥 医師

シリコンプロテーゼによる隆鼻術シリコンプロテーゼを挿入して鼻筋に高さを出す手術

シリコンプロテーゼのダウンタイム

  • 【手術後】
    入院する必要はなく、手術後そのまま歩いてお帰りいただけますが、車の運転はお控えください。腫れが気になる方は、サングラスをしてお帰り頂ければまったくわかりません。
  • 【ギブス固定】
    鼻プロテーゼは、比較的手術直後から安定しているため、テーピングやギプスで固定する必要はありません。
  • 【洗顔】
    手術当日からお顔を水やぬるま湯で軽く洗って頂けますが、術後1週間は鼻の中の傷に洗顔フォームや石鹸の泡がつかないようにしてください。
  • 【シャワー・洗髪】
    手術当日からシャワー、洗髪は可能です。
  • 【入浴】
    手術翌日から可能です。
    血流が良くなることによる腫れを避けるため、手術後6日目くらいまでは、熱いお風呂に長時間浸かるのは避け、ぬるま湯に短時間浸かる程度にとどめましょう。
  • 【メイク・化粧】
    手術翌日~手術翌々日から可能です。
  • 【運動】
    手術後7日目以降から軽いランニング程度は可能です。
    それまでは積極的に運動するのはやめておいたほうが無難です。
  • 【寝るとき】
    術後1週間程度は念のためにうつ伏せで寝るのは避けてください。
  • 【エステ・マッサージ】
    鼻の周囲(特に手術部位)は、1ヶ月マッサージしないようにしてください。
    頬、顎、フェイスラインなどの部位は、手術当日からしていただいても大丈夫です。
  • 【術後に鼻をかむ場合】
    鼻の穴の中に傷があるため、1週間程度は強く鼻をかまないようにしていただく必要があります。
  • 【眼鏡やサングラス】
    術後1週間は手術部位に負担がかからないように外しておいてください。

シリコンプロテーゼの施術の流れ

当院ではお客様がご納得いくまでカウンセリングを行い、施術後のアフターケアもしっかりとサポートさせていただきます。

シリコンプロテーゼの注意点やリスク

施術時間30分
術後の通院なし
術後の腫れ強い腫れは約3~7日(個人差あり)
カウンセリング当日の治療予約に空きがあれば可能
入院の必要性なし

リスクについては、あくまで起こり得る可能性があるすべての内容について表記しています。実際にはすべてが起こらないようしっかりと対策し、細心の注意を払って手術を行っています。

腫れ

術後は、主にプロテーゼを入れた部分が腫れます。
腫れのピークは手術当日~手術翌日で、その後は時間と共に引いていきます。
1~2週間経過すれば、大部分の腫れは引き、完全に腫れが引いて完成するのは、個人差がありますが、だいたい3~6ヶ月かかります。
※術後の腫れの強さ、腫れが引くまでの期間の長さは個人差があります。

内出血

程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。
程度の軽い内出血であれば、1週間後の抜糸の頃にはほとんど消えていますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
高須クリニックでは、内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」を常備しておりますので、発生した方はお申し出ください。

感染

厳重な無菌管理下に手術を行えば、手術中感染を起こす可能性は極めて低いですが、可能性は0ではありません。
万が一感染症を起こした場合、一旦、シリコンプロテーゼを除去し、抗生剤の投与等、最善の処置をさせていただきます。 感染症状が治まれば、再びシリコンプロテーゼを入れることは可能です。

  • 不自然にプロテーゼの輪郭が浮き上がることについて

    鼻のシリコンプロテーゼのリスク、副作用、合併症において、患者様が最も心配されることの1つに、術後にプロテーゼの輪郭が浮き出て、プロテーゼが入っているのがまるわかりの鼻になってしまうということがあります。
    プロテーゼが入っているのがまるわかりの鼻は、その人に合っていないサイズ、形のプロテーゼを入れた場合や、間違った手術を行った場合に生じてしまいます。

    例を挙げると、
    1.I型ではなくL型のプロテーゼを入れた場合
    2.骨膜下ではなく皮下にプロテーゼを入れた場合
    3.皮膚の薄い人に極端に高いプロテーゼを入れた場合
    などです。

    1に関しては、高須クリニックではL型のプロテーゼは使用しておらず、I型のプロテーゼを使用するため問題はありません。
    2に関しては、正しい技術で皮下ではなく骨膜下にプロテーゼを挿入すれば問題のないことです。
    3に関しては、その人の鼻に合った高さ、長さのプロテーゼを入れることが重要になります。
    特に鼻の皮膚が薄い人に無理してサイズの大きいプロテーゼを入れると、プロテーゼの輪郭が浮き出て、不自然な鼻になってしまうので、術前にしっかりとカウンセリングをし、その人に合ったサイズのプロテーゼを選択することが重要です。
    ただし、「多少不自然になっても良いので、しっかりと鼻筋を通して高い鼻にしたい」という方には、術前にしっかりとカウンセリングをし、大きめのサイズのプロテーゼを使用させていただくこともあります。

  • 仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性について

    鼻のシリコンプロテーゼのリスク、副作用に、仕上がりの左右差、曲がりが生じる可能性というものがあります。

    そもそも、人間の顔は必ず左右非対称にできています。

    鼻も必ず非対称にできています。

    土台の骨格には必ず非対称、歪み、曲がりがあり、それにより、鼻筋も曲がり、鼻先は左右のどちらかに向いており、小鼻の形、小鼻の付け根の位置、鼻の穴の大きさ、鼻の穴の形、鼻柱の形、鼻中隔なども必ず左右差があります。

    そのため、仮に、完璧に左右対称にデザインし、完璧に左右対称の手術を行ったとしても、元の鼻の土台の非対称があるため、必ずわずかな非対称、曲がりは生じてしまうことになります。

    また、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、完璧に左右対称に仕上げることは現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく左右差が出ないようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、必ずわずかな非対称や曲がりは生じることになり、コンピューターグラフィックスのような完全なシンメトリーにすることは不可能です。

  • 仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある可能性について

    鼻のシリコンプロテーゼのリスク、副作用に、仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある可能性というものがあります。

    鼻のシリコンプロテーゼを希望される患者様の中には、鼻の高さ、形、細さなどのデザインを非常に細かく要望される方がいらっしゃいます。

    中には、憧れの芸能人などの顔の写真を見せて、「この人と同じような高さ、形の鼻にしたい」などのようにおっしゃり、他人と全く同じ鼻にしようと希望される方もいらっしゃいます。

    しかし、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、何でも自由自在に形を変えることは現実的、物理的に不可能です。

    また、鼻や鼻周囲の構造は、人によって千差万別であり、鼻のついている位置、鼻の骨や軟骨の構造、額の形、額の出具合、眉間の形、額の出具合、口元の形、口元の出具合、鼻の皮膚の厚み、鼻先の脂肪のつき具合、鼻翼の形、大きさなど、必ず解剖学的な個人差があります。

    土台が違うのに、表面的にシリコンプロテーゼで鼻を高くして鼻筋を通しても、他人と全く同じ鼻を作ることは、やはり現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく患者様の希望の形に近づくようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、患者様が非常に細かいデザインを要望される場合、完璧にその通りに仕上げるのは不可能である場合が多いです。

お悩みを解消する関連施術

鼻先の悩みを解消する耳介軟骨移植

鼻先の悩みを解消する耳介軟骨移植

鼻先を高くしたり、ブタ鼻、ワシ鼻、だんご鼻を解消し、スマートに整えたい方にご検討いただきたい手術です。
耳の軟骨の一部を鼻先に移植することで、自然な仕上がりと半永久的な効果が期待できます。

鼻の穴を小さくする鼻翼縮小(小鼻縮小)

鼻の穴を小さくする鼻翼縮小(小鼻縮小)

鼻の穴が大きく見えてしまう悩みには鼻翼縮小もご検討ください。
鼻の穴の目立たない部分を数ミリ切開して丁寧に縫い合わせることにより、大きさが目立たなくなり、すっきりと小さく変身します。

より立体的なEラインをつくる顎プロテーゼ

より立体的なEラインをつくる顎プロテーゼ

Eラインとは、横顔を見たときに鼻の頭→唇→あごを結ぶ線が直線でつながる理想的な顔のバランスのこと。
日本人は骨格的にあごが引っ込んでいることが多く、平べったい印象を受けるため、顎プロテーゼであごをぐっと前に出すことで、鼻と合わせてより立体的な顔に近づくことが可能です。

よくあるご質問

触った時に、不自然な硬さや違和感はないでしょうか?

高須 幹弥 医師

高須 幹弥 医師

シリコンプロテーゼは人工軟骨と呼ばれ、鼻の軟骨とほぼ同じ硬さで、触った感じは非常に自然ですので心配はありません。また当院では、鼻に負担をかけないI型プロテーゼを採用し素材にも形にもこだわり、美しく自然な鼻となるプロテーゼを採用しております。

プロテーゼに寿命はありますか?再び入れ替える必要はありますか?

森本 剛 医師

森本 剛 医師

通常はありません。プロテーゼによる隆鼻術は、一度受けると半永久的に効果のある手術です。プロテーゼの劣化などによる入れ替えは、まず心配しなくていいでしょう。

ブラックライトに光ると言われていますが、本当ですか?

高須 幹弥 医師

高須 幹弥 医師

噂によくでることですが、通常ありえません。
粗悪な素材や未熟な技術の場合、考えられなくもありませんが、当院では質の良いプロテーゼを正しい位置へ挿入いたします。ご心配なくおまかせください。

プロテーゼがズレたり、動かないか心配です。

森本 剛 医師

森本 剛 医師

ちゃんとした材料で正しい手術を受けて、術後1ヶ月間によほど無茶しなければ、まずずれることはありません。
術後1ヶ月、特に最初の1週間はやや不安定であるため、日常生活レベルは問題ありませんが、強く押したり擦ったりするのは避けてください。

正面から見た小鼻・鼻先の形は変わりますか?

高須 幹弥 医師

高須 幹弥 医師

L型プロテーゼの場合だんだん上に上がってきて、鼻先が上に向いてブタ鼻になることがありますが、当院ではI型プロテーゼのみを使用しているため、よほど無理して高すぎるプロテーゼを入れない限り、年月が経って形が変わることはまずありません。

高須クリニックではギプス固定は必要ありますか?

高須 幹弥 医師

高須 幹弥 医師

術後のギプス固定やテーピング固定に関しては、プロテーゼが挿入される範囲を適切なスペース分骨膜下が剥離されていれば必要ないので、私(高須幹弥)に関してはどちらも必要ありません。

プロテーゼを入れた状態でヒアルロン酸を注射してさらに鼻を高くすることは可能ですか?

森本 剛 医師

森本 剛 医師

ある程度の量を入れることは、可能な場合があります。ただし、皮膚の薄い人や皮膚に余裕のない大きなプロテーゼが入っている人は無理な場合があります。

ドクターズボイス

高須 幹弥 医師

高須 幹弥 医師

きれいに整っているという顔の印象は、どれだけ立体感があるかにかかっています。その決め手になるのが、鼻。当院では、もともとの顔立ちとのバランスを大切に、きめ細やかにプロテーゼの高さや形を調整。美人度やハンサム度がぐっと上がります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧