顔の施術について

鼻のシリコンプロテーゼ手術(隆鼻術)の術後の経過、腫れ、ダウンタイムは?内出血はでるのか?

鼻のシリコンプロテーゼ手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「鼻にシリコンプロテーゼを入れたあと、腫れはどれくらいで引きますか?」「鼻にシリコンプロテーゼを入れたあと、いつ外に出れますか?」「ダウンタイムはどれくらいですか?」「内出血はでますか?」「術後の経過について詳しく教えてください」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「高須クリニックの鼻のシリコンプロテーゼの術後は、個人差はありますが、大きな腫れは3~7日くらいで引きます」「完全に腫れが引いて完成するのは厳密にいうと、3~6ヶ月です」です。

鼻のシリコンプロテーゼ手術は、鼻の穴の中を小さく切開し、骨膜下を剥離し、プロテーゼを挿入するシンプルな手術です。慣れているベテランの医者が行うと、必要最小限の剥離を行い、的確にプロテーゼを挿入するため、手術時間が短くすみ、腫れも必要最小限ですみます。手術中の出血もごくわずかであるため、術後に内出血がでることはめったにありません。必要最小限の剥離をしているため、プロテーゼが自然に固定され、テーピングやギプスで固定する必要もありません。そのため、個人差はありますが、術後の大きな腫れは、早い人だと3日くらいで引いてしまい、長くても7日くらいでかなり引いてしまいます。厳密にいうと、完全に腫れが引いて完成するのは、3~6ヶ月程度かかるのですが、3~7日で大きな腫れが引いてしまえば、外に出て人に会ってもバレる可能性は低いです。

ただし、手術に慣れていない稚拙な医者が手術する場合は、必要以上に剥離したり、骨膜下ではなく皮下を剥離したりして、プロテーゼがぐらぐらしたり、ずれたり、曲がったりすることもあり、術後にテーピングやギプスで固定されることもあります。また、必要以上に剥離したり、皮下を剥離されることにより、手術中の出血量が多くなり、術後に内出血がでたり、腫れが長引くこともあります。

症例写真
■のっぺりした平らな顔に3.5mmのI型シリコンプロテーゼを入れ、自然に鼻筋を通した症例写真

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、鼻を高くして鼻筋を通したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、日本人特有の平らで凹凸の少ないのっぺりとした顔立ちをしてらっしゃいました。
このような顔立ちの人に鼻筋を通す場合は、程よい高さのシリコンプロテーゼを入れるか、鼻専用の長期持続型ヒアルロン酸を注射するのが良いです。
この患者様は、「ヒアルロン酸注射だといつかなくなってしまうので、永久的なこうかのものがいい」というご要望だったので、シリコンプロテーゼを入れることになりました。
また、「いかにも入れてますみたいな不自然な鼻になるのは嫌で、自分の顔に合った自然な鼻にして、綺麗に鼻筋を通してほしい」というご希望だったので、眉間の下部から鼻根部~鼻背にかけて、I型プロテーゼを入れることになりました。
鼻根部が眉間より高くなって不自然にならないように、鼻根部が3.5mm高くなるようにプロテーゼをデザインしました。
術後は、程よい高さで自然に鼻筋がとおりました。
この患者様のような眉間や額が前に出ていない平らな顔は、高すぎるプロテーゼを入れると、眉間から鼻がニョキッと生えているような、俗にいうアバターや、なんちゃってギリシャ人のような鼻になってしまいます。
デザインを任せていただけば、そのような鼻にはならないので、ご安心ください。


手術前

手術直後

6日後

6ヶ月後

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

隆鼻術(シリコンプロテーゼ)

¥350,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大