顔の施術について

鼻にシリコンプロテーゼを入れた後、抜糸は必要なのか?

鼻のシリコンプロテーゼ希望の患者様のカウンセリングをしているとときどき、「術後に抜糸に来る必要はありますか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「私に関しては、可能なら抜糸に来ていただきたいのですが、どうしても来院することができない場合は大丈夫です」です。


抜糸風景

私の場合、鼻のシリコンプロテーゼ手術は、局所麻酔注射をした後、右の鼻の穴の中を数mm切開して、鼻骨と骨膜の間を剥離し、プロテーゼを入れ、傷口を溶ける糸(吸収糸)で縫合します。この吸収糸は、だいたい2~4週間くらいで溶けて、ポロっと取れてしまいます。「家が遠くて抜糸に行くことが難しい」「仕事や学校が忙しくてどうしても行くことができない」という方は、自然に糸が溶けて取れるまで待ってもらっても良いのですが、抜糸に来れる方は1~2週間後くらいに来ていただいて、抜糸することをおすすめします

糸を長期間鼻の穴の中につけたままにすると、糸に血の塊や鼻くそが絡み付き、不潔な状態になることがあるので(場合によっては3ヶ月くらい糸が取れなくて残って不潔なままになることがあります)、1~2週間後に来院していただき、抜糸をして、鼻の穴の中を綺麗にお掃除させていただいたほうがすっきりします。

来院していただいて抜糸をした場合と、抜糸をしないで自然に糸が溶けて取れるまで待った場合とで、手術の仕上がりに差がでたり、抜糸せずに糸を長期間おいておくことによって、何か大きな問題が起こることはまずありません。しかし、1~2週間後に抜糸に来ていただけば、検診を兼ねて手術後の経過を診させていただくこともできるので、お互いに安心だと思います(もちろん余分にお金をいただくこともありません)。

症例写真
■口元が出て顎が引っ込んでいる女性に顎シリコンプロテーゼを入れて顎を出した症例写真


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、鼻を高くして、鼻筋を通したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、日本人の平均的な鼻をしており、鼻根部から鼻先の上にかけての部分がそれほど高くありませんでした。
この部分を高くするには、ヒアルロン酸注射かシリコンプロテーゼのどちらかをすることになります。
患者様は、「ヒアルロン酸だと、いつか吸収されてなくなってしまうので、効果が永久に持続する治療が良いです」というご要望だったので、シリコンプロテーゼを入れることになりました。
自然な範囲内で鼻筋を通したいということだったので、この患者様の鼻に合うように、3mmの厚みのI型シリコンプロテーゼを入れました。
術後は、自然な範囲内で程よく鼻筋が通りました。
この患者様の鼻の皮膚の厚みなどを考えれば(皮膚の厚みは平均くらいです)、3mmの厚みのI型シリコンプロテーゼであれば、歳をとって鼻の皮膚が薄くなってもまず問題ありません。
逆に、鼻の皮膚が薄い人などに、無理して、非常に厚みのあるI型プロテーゼや、鼻先まで入るプロテーゼや、L型プロテーゼをいれてしまうと、将来、歳をとって、皮膚が薄くなったときに(歳をとれば、必ず誰でも全身の皮膚は薄くなります)、プロテーゼの輪郭が浮き出て、不自然になり、入れ替えをしたり、抜いたりする必要がでてくることがあります。
高須クリニックでは、患者様の特別なご要望がない限り、その人の鼻に合った、無理のない最適なプロテーゼを選択させていただくため、将来、不自然になって、入れ替えする必要はまずありませんので、ご安心ください。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

隆鼻術(シリコンプロテーゼ)

¥350,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大