顔の施術について

鼻先や鼻柱への耳介軟骨移植の手術後はどれくらい腫れる?仕事や学校は何日休めばいい?

鼻先や鼻柱への耳介軟骨移植希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「どれくらい腫れますか?」「何日目から普通に出歩けますか?」「仕事は何日休めばいいですか?」などのご質問をいただきます。

鼻先や鼻柱への耳介軟骨移植は、私の手術の場合、通常、左右どちらか一方の耳の穴の中から軟骨を採取し、右の鼻の穴の中から移植します。その場合、傷は鼻の穴の中と耳の穴の中だけです。私の手術に関しては、術後に鼻にギプスやテーピングをすることはないし、耳にガーゼを当てることもありません(軟骨採取した耳の穴の中に1日綿球を入れておき、自分で取っていただくことが多いです)。

手術当日は局所麻酔注射の影響などもあり、鼻先や鼻柱がちょっと膨らんだように腫れています。手術翌日になると、直後のような腫れはだいぶ引きますが、どんな手術でも腫れのピークは手術当日~翌日の2日間なので、やはりまだそれなりに腫れています。手術後2日目になると、更に腫れは引きますが、まだわずかに膨らんでいる状態です。そこから更にだんだん腫れは引いていき、1週間後の抜糸の頃には直後の腫れのおよそ90%は引いた状態になっています
その後は3~6ヶ月くらいかけて、残りのわずかな腫れが引いていき、完成ということになります。

腫れのピークである、手術当日~翌日の2日間の間でも、腫れが目立つのはあくまで鼻先や鼻柱だけなので、マスクをすれば完全に隠すことができます。そのため、仕事中マスクをしていてもいい職場の人は、手術翌日から仕事することもあり、また、マスクして学校に登校する人もいます。
手術後2~3日目くらいには、多少の腫れはあるものの、初対面の人が見た場合、手術したのがわからない程度の腫れなので、小さなことや細かいことを気にしない性格の人は、もうマスクを外して出勤したり登校する場合もあります(人目を気にする性格の人や神経質な人はまだマスクを外して人に会えないこともあります)。

手術後1週間経過すれば、大部分の腫れは引いているので、マスクを外して人に会ってもまず大丈夫です
この手術は、ほとんど鼻に内出血が出ることはなく、他の鼻の手術に比べると腫れが少ないため、ダウンタイムは比較的短いです。

症例写真
■耳介軟骨移植で丸い鼻先を斜め下方向に綺麗に出した20代女性の症例写真の術前術後画像


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

左側の耳の穴から耳介軟骨を採取した傷跡の経過


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、丸い鼻先を気にされて来院されました。
診察させていただいたところ、鼻先の皮膚はそれほど厚くないのですが、鼻先の軟骨が小さく、それほど発達していませんでした。
そのため、鼻先が丸く、潰れたような形をしており、やや上に上がっていました。
丸い鼻先を細くし、出したいというご要望でしたので、鼻先に耳介軟骨移植をすることになりました。
手術は、側の耳の穴の中から耳介軟骨を採取し、細かく砕いた後、右の鼻の穴の中から鼻先に移植し、鼻先が斜め下方向に出るようにました。
術後は、鼻先が3mm程度斜め下方向に出て、上品で自然な鼻先になりました。
今回は安全な範囲内、自然な範囲内で鼻先を出しました。
この患者様の鼻に、これ以上無理して耳介軟骨移植で鼻先を出したり、鼻中隔延長術で鼻先を出すと、だんだん鼻先皮膚が薄くなり、軟骨の輪郭が浮き出てくる可能性が高いです。
この患者様に関しては、無理な手術はしていないので、将来、鼻先の皮膚が薄くなって、軟骨の輪郭が浮き出たり、不自然になることはまずありません。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

耳介軟骨移植(鼻先を出す)

¥350,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大