顔の施術について

目の下脂肪取りの手術後はどれくらい腫れる?仕事や学校は何日休めばいい?メイク、洗顔はいつから?

目の下の脂肪取り希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「どれくらい腫れますか?」「仕事は何日腫れますか?」「1週間後にパーティーがあるのですが、間に合いますか?」「いつから洗顔とか洗髪できますか?」「メイクはいつからできますか?」などのご質問をいただきます。

目の下の脂肪取りは、目の下に局所麻酔注射をした後、下まぶたの裏側の粘膜にCO2レーザー炭酸ガスレーザーで小さな穴を開け、目の下の膨らみによるクマの原因である余分な眼窩内脂肪を除去する手術です。穴を開けた粘膜の傷は、糸で縫合することはせず、1週間くらいで自然に治って閉じてしまいます

手術直後は局所麻酔注射の影響などもあり、目の下が強く腫れているため、知り合いに会って、至近距離で目を見られれば、「手術かなにかしたの?」と聞かれてしまうかもしれないレベルの状態になっています。また、目もとの表面の皮膚に傷があるわけではないため、理屈的には直後からでもアイメイクをしてはいけないことはないのですが、腫れのため、直後からアイメイクする気にはならないと思います。

取る脂肪の量(一般的に取る脂肪が多いほうが術後の腫れが強く出ることが多いです)、体質などにもよりますが、大きな腫れは手術後2日目(手術翌々日)くらいには引いていることが多いです。そのため、平均すると、3日くらいの休みで手術して、仕事に出勤したり、学校に登校する人が多いです(術後の腫れは個人差があるので、人によっては手術翌日に出勤することもあるし、1週間仕事を休む場合もあります)。

手術後の洗顔や洗髪に関しては、目もとの皮膚の表面に傷があったり、縫合してあるわけではないので、手術当日から洗顔フォームや石鹸を使って洗顔してもよいし、シャンプーで洗髪していただいても大丈夫です。ただし、下まぶたの裏側に小さな傷があり、完全に塞がるまで1週間くらいかかるので、1週間は目の中に洗剤が入らないように特に注意してください(もし入ってしまったら、しみて痛いので、水かお湯で軽くすすいで流してください)。

片目のみ目の下の脂肪取りをして左右対称に近づけた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像


手術前
手術前です。
右目のみ目の下の脂肪を取ることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で、右目だけ腫れています。

1週間後
1週間後です。
大きな腫れは引いています。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
ほとんど腫れは引いています。

4ヶ月後
4ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

ビフォー・アフター


(4ヶ月後)


(4ヶ月後)


(4ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

30代女性の患者様で、目の下の脂肪の膨らみを気にされて来院されました。
診察させていただいたところ、特に右目の脂肪の膨らみが目立っており、左目も少し膨らんでいました。
両目の目の下の脂肪取りをご提案しましたが、患者様本人は右目だけ綺麗にして、今より左右対称にしてくれれば良いというご要望でしたので、右目のみ目の下の脂肪取りをすることになりました。
目の下の皮膚のたるみはそれほどなかったので、皮膚の切開や切除はせず、下まぶたの裏側の結膜(粘膜)から脂肪を除去する経結膜脂肪切除手術をすることになりました。
目の下に局所麻酔注射をした後、目の下の結膜にCO2レーザー炭酸ガスレーザーで小さな穴を開け、眼窩内脂肪を内側と中央のコンパートメントから適量(小豆約2個分)除去しました。
術後は右目の目の下の脂肪の膨らみが平らになって、ほぼ左右対称になりました。
また、この患者様の目の下は、脂肪のあった部位の下は少し窪んでいるので、この部位にヒアルロン酸を注入すると更に平らに近づき、綺麗になります。

施術料金

目の下の脂肪取り

目の下(片目) ¥250,000
目の下(両目) ¥500,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00