顔の施術について

鼻にヒアルロン酸注射した後、いつから眼鏡やサングラスをかけていいのか?鼻をかんでも大丈夫なのか?

鼻のヒアルロン酸注射希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「いつから眼鏡をかけていいですか?」「サングラスをかけて帰っていいですか?」「鼻に注入したヒアルロン酸はどれくらいで安定するのですか?」「いつから鼻をかんでも大丈夫ですか?」などのご質問をいただきます。

鼻にヒアルロン酸を注射し、鼻を高くしたり、鼻筋を通した場合、ヒアルロン酸はしばらく不安定な状態にあります。ヒアルロン酸はジェル状の物質であり、鼻筋に注入して鼻の形を整えた場合、しばらくの間は、注入した部位に強い外力を加えると、中のヒアルロン酸が少し移動し、形が変わる可能性があります
特に、注入した日とその翌日くらいが不安定な状態であり、その2日間の間に、必要以上に強く指でぐいぐい鼻を動かしたりすれば、注入したヒアルロン酸の形が少し変わる可能性も0ではありません。そのため、注入した日とその翌日は、眼鏡やサングラスをかけないのが無難です
注入直後から、重たい眼鏡やサングラスを長時間かけて、鼻のヒアルロン酸を注入した部位に強い重みがかかれば、わずかに注入したヒアルロン酸の形が変わる可能性があるからです。
ただし、鼻のヒアルロン酸注射と同時に二重まぶた埋没法や切開法などの目もとの手術をして、どうしてもサングラスをかけて帰りたいという人や、目が悪いけど、眼鏡は持っているが、コンタクトレンズは持っていないという人もいらっしゃいます。そのような場合、私に関しては、注射当日や翌日であっても、鼻のヒアルロン酸注入部位に強い重みがかからなければ、短時間なら眼鏡やサングラスをかけてもらっても良いと言います
ここでいう「短時間」というのは、短ければ短いほど安全という意味で、5分で済むなら5分が良いし、15分で済むなら15分にしとくのが良いし、どうしても2時間サングラスをかけないといけないのなら、しょうがないので2時間かけていただくということです
また、注入した日と翌日くらいは、鼻をかむ際、注入した部位をなるべく強く押さえないようにし、軽くかんでいただくのが無難です。高須クリニックのヒアルロン酸で、鼻に使用しているものは、通常のものも長期持続型のものも、鼻専用のヒアルロン酸であり、ヒアルロン酸の密度が高いため、比較的固く、注入後早期でも、外力を加えても変形しにくいものです。
注入後2日目(注入した翌々日)には、普段通り、眼鏡やサングラスをかけていただいてもいいし、必要なら強く鼻をかんだりしていただいても大丈夫です。

症例写真
■鼻専用長期持続型ヒアルロン酸注射で、眉間から自然に鼻筋を通した症例写真の術前術後画像


(1ヶ月後)


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、鼻を高くし、鼻筋を通したいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、眉間から鼻根部(鼻の目と目の間の部分)が特に低く、陥没しているように見えていました。
この部分を高くする場合は、眉間から鼻根~鼻背(鼻根部から鼻先のの上までの部分)まで繋がったシリコンプロテーゼを入れる手術をするか、ヒアルロン酸注射をするかのどちらかになりますが、患者様はまずヒアルロン酸注射でやってみたいとのことでした。
鼻専用の長期持続型ヒアルロン酸注射でこの部分を高くし、鼻筋を通すことになりました。
約0.8ccを眉間の下部から鼻根部~鼻背にかけて注入し、鼻筋が通るようにしました。
術後は、術前の希望通り、綺麗に、尚且つ自然に鼻筋が通りました。
鼻専用長期持続型ヒアルロン酸は、従来のヒアルロン酸よりも密度が高く、鼻筋にたくさん注入しても、横に広がって、鼻が太くなったり、不自然になることがありません。
そのため、眉間を前に出したい場合、眉間から鼻筋を通したい場合でも、不自然に横に広がることはなく、自然に鼻筋が通ります。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

隆鼻注射(ヒアルロン酸注射)

ヒアルロン酸注射 ¥50,000 / 長期持続型ヒアルロン酸注射シャープラインノーズ ¥150,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大