顔の施術について

鼻にプロテーゼが入っていて、その上にヒアルロン酸を注入することはできるのか?

鼻にシリコンプロテーゼが入っている患者様から、「プロテーゼの上にヒアルロン酸を注射して、もっと鼻を高くすることはできますか?」と質問されます。

私の答えは、「できる場合とできない場合があり、できる場合でも、注入できる部位と注入できない部位があります」です。

基本的にプロテーゼの上の皮膚が薄いとヒアルロン酸を注入するスペースがないため、そこに無理して注入すると皮膚に負担がかかり大変危険です。

特に、激安チェーン店系の美容外科で鼻のプロテーゼをした人は、プロテーゼが骨膜下ではなく皮下に入っていることが多いので、プロテーゼの上の皮膚が薄く、ヒアルロン酸を注入できないこと多いです。

しかし、そのような方でもプロテーゼが鼻根部(鼻の目と目の間の部分)まで入っていなく、鼻根部より鼻先よりに入っている場合は、鼻根部にはプロテーゼは入っていないので、鼻根部にヒアルロン酸を注入することができます

ちなみに、皮下にプロテーゼが入っている人は骨膜下より浅い層に入っているため、触るとプロテーゼがぐらぐらと動いたり、プロテーゼの輪郭が浮き出て見えて不自然なので、自分でもわかると思います。

皮下にプロテーゼが入っている人は、将来、歳をとってさらに不自然になることがあるので、プロテーゼを抜いてしまうか、抜いて新しくプロテーゼを骨膜下に入れるか、抜いてヒアルロン酸を注入するかした方が良いです

正しく骨膜下にプロテーゼが入っている人はプロテーゼの上の皮膚に厚みがある場合が多いので、ヒアルロン酸を注入できることが多いです。

しかし、皮膚の厚みというのは個人差があるので、骨膜下に正しく入っている人でも、その上の皮膚が薄ければヒアルロン酸を注入することができないこともあります。

いずれにせよ、医師が診察しないと注入できるかどうかわかりませんので、一度診察を受けていただくことをお勧めします。

注入することができない場合は、今入っているプロテーゼよりも高いプロテーゼに入れ替えるという選択肢もあります。

症例写真
■5mmのI型シリコンプロテーゼを鼻に入れて高くし、鼻筋を通した症例写真

Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)

■横に広がらない流れない鼻の長期持続型ヒアルロン酸注射シャープラインノーズの症例写真

Before After(1年後)
Before After(1年後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大