顔の施術について

二重まぶた埋没法で、永久に二重がとれないことはあるのか?(埋没法のとれる確率について)

二重まぶたのカウンセリングのときによく、「埋没法をして永久に二重がとれないことはありますか?」と質問されます。私の答えは、「まぶたの薄い人が目を閉じた状態で6mm以下の狭い二重を作った場合は約50%の人が10年以上とれません」です。

高須クリニックで毎日診療をしていると、当院は35年の歴史があるので、埋没法をして10年以上経っている方と接することはよくあります。その中で10年以上二重がとれていない方に遭遇することはあるのですが、そういった方はほとんどの方がまぶたが薄くて、6mm以下の狭い二重を作った方です。

基本的に埋没法は、まぶたの厚い人、二重の幅を広くする場合に元に戻り易いです。埋没法でなるべくとれないようにしたいのならば、二重の幅はできるだけ狭くするほうが良いです。まぶたの厚い人や幅広い二重を希望する人で、絶対に二重がとれたくない場合は、ミニ切開法あるいは全切開法をお勧めします。

埋没法をしても元に戻りやすいタイプ
  • まぶたに脂肪がつき腫れぼったい
  • 目を開ける力が弱い
  • まぶたの皮膚が厚い
  • アトピーや花粉症などでよく目をこする
  • 幅広い二重を望んでいる(二重ラインが目を閉じた状態でまつ毛から7ミリ以上)

当院の埋没法は、私個人の統計では、全体的にみると、2年以内にとれてしまう方は5~10%くらいです。ただし、この5~10%という数字は、まぶたの厚い人や幅の広い二重を作った場合も含まれるので、まぶたの薄い人や狭い二重を作る場合に関してはもっととれる確率は低くなります。

よく他院の広告で、「当院の埋没法は98%の人が3年以上とれません」などとうたっているところがありますが、まぶたの薄い人や幅の狭い二重を作る場合に限定すれば、それくらいの数字になるかもしれませんが、通常はそんなにとれにくい埋没法は医学的にありえません。

ましてや、「当院の埋没法は絶対にとれません」などとうたっているのは問題外ですので、注意が必要です。

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1週間後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の方で、もともと6mmの末広型二重があり、とても自然で似合っていたのですが(天然の二重なので自然なのは当たり前ですが)、ご本人は幅広の平行型二重を望んでいらっしゃいました。
幅広の平行型二重は埋没法でつくると、年月をかけてだんだん幅が狭くなってきたり、いつか元に戻ってしまう可能性が高いので、ミニ切開法をご提案したのですが、ダウンタイムが取れないことや、まずは埋没法でやってみたいという理由で埋没法で行うことになりました。
アイラインを引いても十分に二重の幅が見えるのがご希望だったので、12mmの位置で二重を作りました。
術後は目を開けた状態で4mm二重の幅が見えるようになったので、アイラインを引いても二重の幅のなかで肌色の部分が十分に見える状態になりました。
幸いこの方は、生まれつきまぶたの皮膚が薄く、目を開ける力が強いほうなので、このようなかなりの幅広二重をつくっても眠たそうな目になっていないのですが、まぶたが厚ぼったくて、目を開ける力の弱い方だと眠たそうな目になることがあります。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・埋没法

片目 ¥50,000 / 両目 ¥90,000 【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥90,000 / 両目 ¥170,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大