その他の施術について

多汗症にボツリヌストキシン注射をした後、注射してない部位の汗が増えることはありません。


手のひらボツリヌストキシン施術風景

ボツリヌストキシン注射は、主にシワ取りや小顔、ふくらはぎの美脚などに用いますが、多汗症患者様の汗の量を減らすのにも使用します。皮膚の浅い部位に注射すると、その部位の汗の量をかなり減らすことができます。ワキ、手のひら、足の裏、額などに用いることが多いですが、基本的に汗の多い部位にはどこでも注射することができます

多汗症患者様のカウンセリングをしているとよく、「例えば、ワキにボツリヌストキシンを注射してワキの汗の量が減ると、そのぶん他の部位の汗の量が増えることはありますか?」と質問されます。

私の答えは、「心配しているようなことはまずないので大丈夫」です。

本来、汗の役割は、体温が上昇したときに発汗して、汗が気化するときに体の表面の熱を奪い、体温を下げるというものです。そのため、「一部分の汗の量が減れば、そのぶん他の部位の汗の量が増えるのでは?」と考える人がいるのだと思いますが、多汗症でボツリヌストキシンを注射する人は、ある部位だけ異常に汗の量が多い人なので、その部位に関しては、本来の体温調節目的以上に発汗しているのです。そのため、注射した部位の汗の量が減っても、他の部位の汗が増えることはなく、汗が減ったぶん体温調節が上手く働かず、体温が下がらないこともありません。

私が今まで治療した患者様に関しても、多汗症ボツリヌストキシン注射をして、他の部位の汗の量が増えた方は一人もいらっしゃいませんので、ご安心ください

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00