上眼瞼リフト
(眉下切開による上瞼たるみ取り)

目の形を変えずにたるみを取り除き、
若々しい美しい目に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
年齢のせいか、最近目の下のしわと顔全体のたるみが気になります。シワ・たるみを取り除きたいのですが。
A
高須敬子医師

現在、様々な治療法があります。
しわにはヒアルロン酸などの注射、たるみはたるんだ皮膚を切り取るリフトアップの外科的手術。イタリアンリフトや金の糸(ゴールデンリフト)等、メスを使用せず、糸を埋め込む施術。目の下のしわ・たるみ・クマには、ポラリスレーザーが効果的です。(もちろん、他の部位にも集中的に改善可能です。)頬、顔全体のたるみにはサーマクールCPT等、診察で最も適した施術を医師がお勧め致します。

Q
窪んだ目でも可能ですか?
A
高須幹弥医師

はい、可能です。ただし窪みが強い場合、二重のラインが出にくい方がいらっしゃいます。その場合はヒアルロン酸を注入した後、二重のラインを作ることがあります。上眼瞼リフトは切開によってたるみを改善するのを基本としておりますが、お一人おひとりの状態によって施術をアレンジし、よりご満足いただける結果をお届けいたします。

Q
二重にはしたくないのですが、一重のままでたるみ取りだけできますか?
A
高須克弥医師

はい、可能です。上まぶたのたるみを除去する方法にはいくつかありますが、この上眼瞼リフトによる眉毛の下を切開する方法、もしくは奥二重のラインでたるみを取る方法で、一重のままの状態を変えることなく施術が可能です。加齢によるたるみだけを取り除くことで、元々のご自身の若い頃のような印象に仕上げることができます。

Q
腫れはどれ位で完全に引きますか?
A
清水弘己医師

個人差はありますが、強い腫れは7〜10日程度です。完全に腫れが引くのは、早い方の場合で1ヶ月程となります。ただし、まれに浮腫みやすい方の場合は、3〜6ヶ月くらい様子をみてもらうこともあります。腫れの出方や引き方にはかなり個人差がありますが、時間の経過とともに徐々に落ち着いていきますのでご安心ください。

Q
手術直後は、他の人から見たら分かりますか?
A
高須幹弥医師

個人差はありますが、術後7〜10日程度は強い腫れをともないますので、近くで目もとを見れば他の人にも分かるかもしれません。ですが、眼鏡をかける、つばのある帽子を深めにかぶるなどの工夫をして過ごしていただければ、問題はないと思います。また術後約1週間で行う抜糸を終えれば、メイクでカバーすることもできます。

Q
余分な脂肪があったら除去してもらえますか?
A
奥田裕章医師

はい、必要な分だけ医師の判断で除去いたします。ただし、脂肪を取り過ぎるとまぶたが窪んで老けた印象になってしまいます。お一人おひとりの状態に合せてまぶたの脂肪を取る取らないを判断し、取る場合は適切な量となるよう調整していきます。最終的な仕上がりが美しくご満足していただけるよう、施術させていただきます。