よくある質問

切開法で二重まぶたを作るとき、時間が経つと幅が狭くなるから幅を広めに設定したほうがいいですよね?

高須 幹弥 医師

二重まぶた全切開法でもミニ切開法でも、手術の上手な医者が正しい手術をした場合は、通常、手術後6ヶ月経過し、完全に腫れが引いて完成した後に、それ以上二重の幅が狭くなることはありません。

腫れが引いて完成した後、極端に痩せたり太ったりすれば、わずかに二重の幅が広くなったり狭くなったりすることは考えられます。

また、老化により、まぶたの皮膚が被さってきたり、目の上が窪んできたり、老人性眼瞼下垂が進行すれば、二重の幅が狭くなったり広くなったりすることは考えられます。

それらを除けば、正しい手術をした場合に、腫れが引いてから二重の幅が狭くなることはありません。

ただし、手術が上手ではない医者が稚拙な手術をした場合は、切開法であっても、埋没法のように、時間の経過と共に二重の幅が狭くなっていったり、二重のラインそのものがなくなってしまうことがあります。

本当に、二重まぶた切開法をして、完全に腫れが引いた後に二重の幅が狭くなった人がいるのなら、その人は高須クリニックではないクリニックで、稚拙な手術を受けた可能性があります。

あと考えられるのは、二重まぶた切開法を受けて、腫れていて二重の幅が広い状態のとき、その広い二重を気に入ってしまい、腫れが引いて完成した後に物足りなくなり、手術前に設定したデザインの幅より狭くなったと錯覚している人もいるかもしれません。

あるいは、カウンセリングのときや手術前に二重の幅を決めるとき、医者と患者の間で何らかの行き違いがあったことも考えられます。

重瞼棒で二重のラインを作って鏡で確認するときに、眉毛を上げていたり、鏡を自分の顔の正面ではなく下のほうに構えていたり、普通に目を開けていなくて弱めに目を開けていたりすれば、手術後に腫れが引いて、思ったより二重の幅が狭くなっているということも考えられます。

いずれにせよ、手術の上手な医者が正しい手術をした場合は、6ヶ月以上経過して完全に腫れが引いてから幅が狭くなることは通常ありません。

手術前に重瞼棒で二重のラインを作り、鏡で確認してもらった幅が、完全に腫れが引いて完成したときのラインです。

もし、希望のラインよりも幅の広いラインで設定して手術をすれば、完全に腫れが引いて完成したとき、当然、希望のラインよりも幅の広いラインで完成してしまいます。

高須クリニックの医者は、手術の上手なベテランの医者ばかりなので、手術前に二重のラインを確認するときは、希望のラインで設定すれば大丈夫です。

くれぐれも希望のラインよりも広いラインを要望しないようにしてくださいね。

二重の手術をして、年をとってから不自然になる事はありませんか?

高須 幹弥 医師

二重手術の影響で、年をとってから不自然になるようなことはありません。ただし、年をとればまぶたの皮膚が被さっていきます。これは誰でも起こる生理現象で、元々二重の方でも、手術をして二重を作った方でも、誰でも同じです。ですが、二重を作っておくとまぶたの皮膚が被さりにくくなり、加齢しにくいというメリットがあります。

とりあえず埋没法をやって、いつか切開をする事はできますか?

谷 奈保紀 医師

はい、もちろんできます。まずは埋没法をなさって、その状態をみて二重のラインが気に入ったら、ミニ切開法や全切開法をされる方はよくいらっしゃいます。埋没法は手軽で人気の高い施術ですが、まぶたが厚い方の場合などは戻りやすくなります。こうした可能性がある方が、後々切開法を行うことを前提に、目の変化を見るために埋没法を行うというケースもよくあります。

痛みが苦手です。局所麻酔以外に、静脈麻酔、笑気麻酔、全身麻酔などをお願いする事はできますか?

森本 剛 医師

二重の手術は術中や術後に目を開けて頂き、綺麗に二重ができているかを確認します。そのため、手術中に眠ってしまうと綺麗に二重のラインが出来ない事があります。当院では原則、局所麻酔で手術を行います。ただ、麻酔注射も極細の針を使用した痛みの少ない麻酔ですし、麻酔をする前にクリーム麻酔と点眼麻酔をしますので、手術の痛みは極わずかです。

7日後の抜糸に行くことが出来ないので早めにお願いできませんか?

日下志 厳 医師

通常、抜糸に最適なのが7日後頃ですが、術後の経過によっては少し早く、あるいは少し遅くするのが可能な場合もあります。経過には個人差があり、手術してみないと判断がつかないこともあります。手術日のほうの調整を検討してもいいかもしれません。いずれにせよ、できるだけご期待に沿うよう考えますので、事前の診察時に医師にご相談ください。

傷は消えますか?

奥田 裕章 医師

3~6ヶ月程度はよく見れば何となく分かるかもしれませんが、年月の経過とともに目立たなくなっていきます。完全には消えませんが、しわと同化して分からなくなっていきます。多くの方が仕上がりに満足されていますので、大きな心配はしなくてもよいかとは思います。年月が経ってもどうしても気になる場合は、何かしらの改善法をご提案させていただくこともできます。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大