目尻切開の術式、デザインと仕上がりについて

目頭切開の術式、デザインと仕上がりについて

目尻切開の術式、デザインと仕上がりについて解説させていただきます。
目尻切開は、目を外側(目尻側)に広げる手術ですが、術式やデザインによって、仕上がりが微妙に違ってきます。
一般的に多く行われている方法は、目尻のポケットの部分の皮膚と粘膜を横に切開し、縦に縫合する方法です。
この方法でも、多少目尻を広げることはできるのですが、横に広がった分を上下に広げる作用はないため、綺麗に広がらず、鳥の嘴(くちばし)のように、先がピョコっと広がるだけになりやすいです。

一般的に行われている目尻切開と、高須クリニックの目尻切開の違い

一般的に行われている目尻切開

目尻のポケットの部分の皮膚と粘膜を横に切開。
縦に縫合することで目尻を外側に広げる。
横に広がった分を上下に広げる作用はないため、綺麗に広がらず、鳥の嘴(くちばし)のように、先がピョコっと広がるだけになりやすい。

また、この術式の欠点には、後戻りしやすいということがあります。
この術式は、シンプルに横に切って縦に縫うだけであり、皮弁(フラップ)を形成して、皮弁の位置を入れ換えたり、嵌め込んだりする操作はないため、人間の体の後戻りしようとする力に負けて、切開した部分が水掻きのような形で、ある程度元に戻ってしまいます。

この術式は、皮弁(フラップ)を形成して、皮弁の位置を入れ換えたり、嵌め込んだりする操作はないため、人間の体の後戻りしようとする力に負け、切開した部分が水掻きのような形で元に戻ってしまいやすい。

高須クリニックの目尻切開

私の行っている目尻切開の術式は、目頭切開のW法(内田法)に準じたデザインの方法です。
W法に準じて目尻の皮膚をWの字型に切開し、ポケットの皮膚と粘膜を横に切開します。
余分な部分の皮膚をトリミング(切除)し、真ん中の皮弁と粘膜を縫合した後、上下の皮弁を上下に開いて縫合します。
この皮弁を上下に開く操作を行うことにより、目尻の外側に広がった分を上下に広げることができます。

目尻の皮膚をWの字型に切開し、ポケットの皮膚と粘膜を横に切開する。
余分な部分の皮膚をトリミング(切除)する。

真ん中の皮弁と粘膜を縫合した後、上下の皮弁を上下に開いて縫合する。皮弁を上下に開く操作を行うことにより、目尻の外側に広がった分を上下に広げることができる

鳥の嘴のようにピョコっと外側にだけひろがるのではなく、上下にも広がるので、より自然に、より目を大きくすることができます。
また、皮弁を形成し、皮弁の位置を移動させ、嵌め込むデザインであるため、傷が直線ではなくジグザグになり、後戻りが生じません。
目尻の皮膚は、目頭の皮膚に比べ、肥厚性瘢痕になりにくいため、W法で行っても、正しいデザインで丁寧に手術すれば、傷跡はほとんどわからなくなります。

症例

W法(内田法)に準じて目尻切開をした症例

  • Before

  • After(1週間後)

片側につき約2mm程度外側に広がり、外側に広がった分は上下にも広がっているのがわかる。
傷跡はほとんどわからない。

効果が出やすい人と、出にくい人

また、目尻切開は、元の目の形態により、効果が出やすい人と、効果が出にくい人がいます。
目尻切開はほぼどの術式も、目尻の皮膚と粘膜のポケットを切開し、ポケットの部分を外側に広げる手術であるため、元の目のポケットが深いほど効果が出やすく、ポケットが浅いほど効果が出にくいからです。

目の横断面図。目尻切開は、目尻の皮膚と粘膜のポケットを切開する

ポケットの部分を切開した分だけ、外側に広がる

ポケットが浅い目だと、効果が出にくい

ポケットが深い人は片側2.5mmくらい広がることもありますが、ポケットが浅い人は1.0mm程度しか広がらないこともあります。
ポケットを越えて無理矢理外側に広げようとすると、目尻の赤い粘膜が丸見えになって、不自然になってしまいます。
無理をせず、ポケットの範囲内で手術を行えば、不自然になることはありません。
ただし、全く効果が出ない人は滅多にいないので、カウンセリングの際に診察させていただき、どれくらい効果が出るかお伝えさせていただきます。
コンピューターシミュレーションをして、どれくらい効果があるか、画面上でお見せすることもできます。

目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン)の両方を行うことにより、相乗効果を出すことができる。

目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン)の両方を行うことにより、相乗効果を出すことができることについて解説させていただきます。

目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン)の両方を行うことにより、相乗効果を出すことができる。

目尻切開は目を外側(目尻側)に大きくする手術です。

目尻切開をすると、

基本的に目が外側(目尻側)に広がる。

タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は下まぶたの黒目の外側を下に下げることにより目を大きくする手術です。

タレ目形成を行うと、

下まぶたの黒目の外側の部分が下がり、目が下に広がる。

どちらの手術も、それなりに目を大きくする効果があります。
これらの手術は、それぞれ単独で行っても効果はありますが、両方の手術を行うと、それぞれの手術の相乗効果があります。
タレ目形成を行うだけでも、下まぶたの黒目の外側を下に広げて目を大きくすることができるし、ツリ目っぽい印象を和らげることができますが、目尻切開も合わせて行うと、目尻切開で外側に広がった部分も下に下がるので、タレ目形成の効果をより引き出すことができます。

目尻切開とタレ目形成の両方を行うと、

目尻切開で目が外側に広がり、外側に広がった部分もタレ目形成で下に広がるため、相乗効果がある。

そのため、これらの手術を同時に行うことは大変有効です。
ダウンタイムや通院回数を考えると、日にちを空けて別々に行うよりも同時に行うほうが良いですが、日にちを空けて別々に行うことも可能です。
日にちを空けて別々に行う場合は、私に関しては1ヶ月くらいは開けることが多いです。
その場合、どちらの手術を先に行うかは、患者様本人の元の目の状態と希望によります。
同時に行っても別々に行っても、最終的な仕上がりはほぼ変わりません。

症例

タレ目形成と目尻切開を同時に行った症例

  • Before

    手術前。

  • After(6ヶ月後)

    手術後。
    目尻切開で目が外側に広がり、タレ目形成で下まぶたの外側が下に広がり、それぞれの手術の相乗効果が出た。
    自然な範囲内でほどよく目が大きくなった。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧