新型コロナウイルス感染予防対策についての
当院の対応につきまして

顔の施術について

ミニ切開二重や全切開二重の内部処理とは具体的にどういうことをするのか?

二重まぶたのカウンセリングのときによく、「ミニ切開二重や全切開二重の内部処理とは具体的にどういうことをするのか?」と質問されます。切開二重は、埋没法と違って、絶対に元に戻らないようにしなければいけないので、二重のラインの皮膚をその下の組織にしっかりと癒着させ、二重のラインが外れないようにしなければなりません。その癒着させる操作のことを内部処理といいます。しっかりと処理をすると二重のラインは永久に外れないのですが、処理が甘いと切開したのにもかかわらず二重のラインが外れて元に戻ってしまうことがあります。

まぶたの構造 拳筋腱膜 眼瞼拳筋 瞼板 ミュラー筋 一重まぶたと二重まぶたの構造の違い <二重まぶた>閉眼時(眼をとじたとき) 開眼時(目を開いたとき)二重に見える部分 <一重まぶた>閉眼時(眼を閉じたとき) 開眼時(目を開いたとき) 二重にならない

では、高須クリニックではどういう内部処理を行っているのか説明します。そもそも、一重まぶたの人や狭い二重の人の二重になってほしいラインが何故二重にならないのかというと、二重になってほしいラインの皮膚からその下の瞼板(まぶたの軟骨)までの間に、余分な脂肪組織や眼輪筋などのボリュームがあり、まぶたを開けるときにそこの皮膚がきれいにつられて折れ曲がってくれないため、二重にならないのです。そのため、ミニ切開でも全切開でも、新しく二重をつくるラインの皮膚の下の余分な脂肪組織や眼輪筋を切除して、そこの皮膚が瞼板や瞼板上の結合組織や挙筋腱膜にしっかりと癒着させる処理をすると、そのラインが永久に取れない二重のラインになるのです。

ちなみに、当院では癒着をさせるときは中縫いはせず、細いナイロンの糸で皮膚→瞼板や瞼板上の結合組織や挙筋腱膜→皮膚の順に表面を縫合し、その糸は約1週間後に抜糸するので、術後はまぶたの中に一切異物は残りません。他院では中縫いをすることで癒着させる先生もいますが、当院では中縫いは基本的に行いません。理由は、内部の処理が十分に行われていれば中縫いをしなくても十分に取れない二重をつくることができるし、中縫いをすると、その糸が非吸収糸であればそれが異物となってまぶたに残り、しこりのように残ることがあります。その場合、目を閉じたときにポツっとしこりの様なものが見え、不自然になることがあります。それが吸収糸であっても、吸収される過程でしこりが残ることがあります。まぶたというのは特に皮膚の薄いところなので、なるべく異物を残さない方が良いのです。

内部処理はミニ切開や全切開の二重手術で一番大切な操作であり、余分な組織の切除が甘かったり、縫合の仕方が甘かったりすると、切開したのにもかかわらず、二重が取れて元に戻るという悲劇的なことが起こってしまいます

症例のご紹介

目頭切開せずに二重まぶたミニ切開法で幅の狭い平行型二重を作った症例写真

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、まぶたの皮膚が被さり、細い目をしていました。
幅が広い二重や不自然な二重は嫌という御要望だったので、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見えるようなデザインで手術することになりました。
元に戻ってしまう二重は嫌ということだったので、埋没法ではなく、ミニ切開法で手術することになりました。
皮膚切除はせず、眼窩内脂肪やROOFも切除しませんでした。
術後は目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える狭い平行型二重になりました。
この方は、元々蒙古襞の張りが弱いため、目頭切開をして蒙古襞の張りを大きく解除しなくても、狭い二重を作るだけで平行型二重になりました。
この方のように、狭い二重を作るだけで平行型二重になる人は、どちらかというと珍しいです。
ほとんどの人は、平行型二重を作るには、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作るか、狭い二重を作ると同時に大きく目頭切開をして、蒙古襞の張りを解除する必要があります。

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

症例のご紹介

二重まぶた全切開法で平行型と末広型の中間くらいの二重を作った症例写真の術前術後画像

  • Before

  • After(メイクなし)(4ヶ月後)

  • After(メイクあり)(4ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、二重のラインがないため、まぶたの皮膚が黒目に被さり、細い目をしてらっしゃいました。
患者様のご要望は、
「目を開けた状態で、ちゃんと二重の幅が見えて、奥二重のようになるのは嫌」
「内側(目頭側)に二重のラインが入り込むのは嫌」
「元に戻るのは嫌なので、埋没法ではなく、切開法でしたい」
ということでしたので、目を開けた状態で二重の幅が見えて、二重のラインがやや蒙古襞を乗り越えて、目頭側に入り込まないように重瞼棒でデザインし、二重まぶた全切開法に準じて手術しました。
最小限の眼輪筋、瞼板前結合組織を切除し、内部処理を行うことにより二重のラインを作成しました。
皮膚やROOFは切除しませんでした。
術後は、二重のラインが蒙古襞のやや上を乗り越えるようにデザインしたため、完全な末広型の二重にはならず、末広型と平行型の中間のような二重になりました。
また、目を開けた状態で、奥二重のようにならず、ちゃんと目頭側から目尻側まで二重のラインの見える二重になりました。

二重まぶた・全切開法

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

二重まぶた・全切開法

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧