顔の施術について

笑ったときに目が細くなるのを治すにはどうしたら良いのか?二重まぶた埋没法?全切開法?脂肪取り?

最近、10代~30代の若い女性患者様のカウンセリングをしていると、「私、笑ったときに目が細くなるのが嫌なんです」「笑って写真を撮ると、目が線のように細くなるんです」「芸能人とかモデルとかの写真を見ると、笑ったときでも目が大きいのに、私は笑うと目が細くなるんです」などのお悩みが多いです。

確かに芸能人の笑っている写真を見ると、目が細くなっておらず、パッチリ大きく目が開いていることが多いです。笑ったときに目が細くなる人には、色々な原因があります。

  • 一重まぶたや奥二重で、元の目が細い
  • 上まぶたに脂肪がたくさんついており、まぶたが分厚い
  • 元のまぶたの開きが悪い、眼瞼下垂である
  • 笑ったときの表情の作り方の問題
などです。

まず、元の目が細く、絶対的に縦幅が小さければ、当然、笑ったときはさらに目が細くなります。一重まぶたや奥二重は、まぶたの皮膚が被さる分、目が細いです。二重まぶた埋没法や切開法などで、適度に幅が見える二重を作れば、被さる皮膚が上に上がる分、目の縦幅が大きくなり、笑ったときに目が細くなるのはある程度改善します

上まぶたに脂肪がたくさんついており、まぶたが分厚いと、笑ったときにまぶたのボリュームが下に下がり、目が細くなりやすいです。そのような人は、上まぶたの脂肪を除去すると、ある程度改善することがあります

まぶたを開く力が弱かったり、眼瞼下垂の人は、元の目が細いため、当然、笑ったときは、さらに目が細くなります。そのような人には、眼瞼下垂手術を行い、まぶたの開きを良くし、目の縦幅を広げれば、笑ったときでも目が細くなりにくくなります

また、目の縦幅を広げるには、たれ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)も有効です。たれ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、下まぶたの外側を下に下げて、目の縦幅を広げる効果があるため、笑ったときに目が細くなるのが多少改善します

あとは、笑ったときの表情の作り方も重要です。
人気のある芸能人を見ると、確かに、みんな元の目が大きいのですが、笑ったときに目が細くならないように、努力や工夫をしていることが多いです。彼女達は、写真を撮られるときや、携帯で自撮りするとき、より自分を可愛く見せるために、目が細くならないように、大きく見開いて、目を大きく見せています

また、口角や頬を上げすぎると、下まぶたが上に上がり、目が細くなるので、目が細くならない程度に、口角や頬を上げて笑っています。写真を撮るときは、そういった努力や工夫をすることも重要だと思います

笑うときの工夫

目が細くならない程度に、口角や頬を上げて笑うようにする。

この記事の監修医情報
平成11年
  1. 藤田医科大学医学部卒業
平成11年
~平成13年
  1. 藤田医科大学麻酔救急科に勤務
  2. 麻酔科標榜医取得
平成13年
  1. 藤田医科大学大学院入学。
    形成外科入局。高須クリニック勤務
平成14年
  1. 群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
平成15年
  1. Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
平成17年
  1. 単一植毛手術の研究にて医学博士取得
平成19年
  1. 日本形成外科学会専門医取得
  2. 高須クリニック名古屋院院長

※施術方法や施術の流れに関しましては、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧