銀座高須クリニックOPEN記念キャンペーン実施中!

顔の施術について

切らないで糸だけで行う方法の小鼻縮小は効果あるのか?元に戻るのか?腫れ、経過、ダウンタイムは?

広がった小鼻が悩みの患者様のカウンセリングをしているとよく、「よそのクリニックでは切らないで糸だけでやる小鼻縮小(鼻翼縮小)という手術があるんですが、高須クリニックでは切らない小鼻縮小はやってないんですか?」「切らないで糸だけでやる小鼻縮小は元に戻るってネットに書かれていたんのですが、本当ですか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「切らないで糸だけで行う小鼻縮小(鼻翼縮小)手術は、3~6ヶ月程度でほとんど元に戻ってしまうので、高須クリニックでは行っておりません」です。

切らないで糸だけで行う小鼻縮小(鼻翼縮小)手術は、局所麻酔注射をし、溶ける吸収糸あるいは溶けない非吸収糸を左右の小鼻を針で通して、引き寄せるように糸を縛って、結び目を埋め込む方法です。この手術を行えば、確かに腫れは少ないし、しばらくは小鼻が小さくなるのですが、時間の経過と共にゆっくりと元に戻っていき、3~6ヶ月程度でほとんど元の状態に戻ってしまいます。糸の力だけで左右の小鼻を引き寄せても、時間の経過と共に糸をかけた部分の組織が裂けて元に戻ってしまうため、余分な組織を切除せずに、切らずに糸だけで永久的に小鼻を小さくするのは、物理的に不可能なのです。本来、小鼻が大きい人や小鼻が横に広がっている人は、絶対的に小鼻の皮膚や皮下組織が余っているため、余っている組織を切除せずに糸だけで無理矢理引き寄せても、ひきつったような不自然な小鼻になってしまいます。

やはり、小鼻が大きい人や小鼻が横に広がって鼻の穴が大きい人は、余分な皮膚や組織を切除し、切除した部分を寄せて縫縮するべきです。ちゃんと切除すれば元に戻ることはないし、1週間程度で大きな腫れは目立たなくなるし、正しいデザインで行い、丁寧に縫合すれば、傷跡はほとんど目立たなくなります。

症例のご紹介

鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真

  • Before

  • After(3ヶ月後)

  • Before

  • After(3ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、小鼻が大きく横に広がっているうえに、鼻の穴が大きく、正面から見て鼻の穴が丸見えなのを気にされていました。
患者様の希望は、広がった小鼻を小さくしたいけど、よく芸能人とかにいる整形まるわかりの不自然な鼻になるのは嫌ということでした。
他の患者様からもよく、「テレビとかでよく見かける小鼻の手術を失敗して整形まるわかりの鼻の人みたいにはなりたくないんですよー」と言われることはあります。
その、「整形まるわかりの小鼻」というのは、小鼻の皮膚を切除しすぎて、小鼻の丸みがなくなり、不自然な縦長の鼻の穴になってしまった鼻のことだと思われます。
そのような鼻にならないように、鼻の穴の中から外側の途中にかけて、約6mmの幅で小鼻の皮膚を切除し、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくするようにしました。
術後は自然ですっきりした小鼻になり、正面から見ても鼻の穴が見えにくくなりました。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧