対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
年代 / 性別
20代 / 女性
診療科目
鼻翼縮小(小鼻縮小)
症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,Before,ba_biyoku29_b.jpg

Before

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,After(3ヶ月後),ba_biyoku29_b.jpg

After(3ヶ月後)

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,Before,ba_biyoku30_b.jpg

Before

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,After(3ヶ月後),ba_biyoku30_b.jpg

After(3ヶ月後)

20代女性の患者様で、小鼻が大きく横に広がっているうえに、鼻の穴が大きく、正面から見て鼻の穴が丸見えなのを気にされていました。
患者様の希望は、広がった小鼻を小さくしたいけど、よく芸能人とかにいる整形まるわかりの不自然な鼻になるのは嫌ということでした。
他の患者様からもよく、「テレビとかでよく見かける小鼻の手術を失敗して整形まるわかりの鼻の人みたいにはなりたくないんですよー」と言われることはあります。
その、「整形まるわかりの小鼻」というのは、小鼻の皮膚を切除しすぎて、小鼻の丸みがなくなり、不自然な縦長の鼻の穴になってしまった鼻のことだと思われます。
そのような鼻にならないように、鼻の穴の中から外側の途中にかけて、約6mmの幅で小鼻の皮膚を切除し、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくするようにしました。
術後は自然ですっきりした小鼻になり、正面から見ても鼻の穴が見えにくくなりました。

術後の経過

■術後の経過:正面

手術前

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,手術前,mainpic_biyoku06a.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
広がっている小鼻に対して、鼻翼(小鼻)縮小手術をすることになりました。

手術直後

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,手術直後,mainpic_biyoku06b.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
鼻の1/3が腫れており、青い透明な糸がついています。

1週間後

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,1週間後,mainpic_biyoku06c.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
大きな腫れは引いています。

3ヶ月後

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,3ヶ月後,mainpic_biyoku06d.jpg
高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

■術後の経過:斜め

手術前

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,手術前,mainpic_biyoku06e.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術前です。

手術直後

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,手術直後,mainpic_biyoku06f.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。

1週間後

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,1週間後,mainpic_biyoku06g.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。

3ヶ月後

症例写真,鼻翼(小鼻)縮小手術で、自然な範囲内で最大限小鼻を小さくした症例写真,3ヶ月後,mainpic_biyoku06h.jpg
高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

鼻翼縮小(小鼻縮小)

鼻翼縮小術を施行された患者様が来院してくださいましたので、術後6ヶ月の経過をご紹介します。
もともとそこまで大きくない鼻ですが、やりすぎない範囲で小さくなり、存在感が減っているように思います。
また、切開をする施術なので、まったくキズがなかったことにはならないですが、ほとんど目立たないと思います。

続きを見る

料金

¥385,000(税込)

全院

色々なお鼻の悩みを抱えた20代女性が来院されました。
お悩みの内容としては
・鼻が低いので鼻筋を通したい
・鼻先が丸くだんご鼻なのが気になる
・小鼻が横に広く、鼻の穴が大きいのが嫌
・全体に鼻筋が通るようにナチュラルに鼻先を少し下げたい
といったものでした。
・目の間を中心として鼻が低い
・鼻先に脂肪が乗って大鼻翼軟骨が開いている
・小鼻が全体的に大きく張り出しており、鼻の穴も大きい
・プロテーゼによる隆鼻術や鼻尖形成術の適応有だが、やり方によっては鼻先が上がった印象になりやすい
といった特徴がありました。
ダウンタイムがしっかりかかっても良いとのことでしたので、
・プロテーゼによる隆鼻術
・オープン法による鼻尖形成術
・内側法と外側法を併用した鼻翼縮小術
・鼻先を斜め下方向に下げる耳介軟骨移植術
を提案しましたところ、御納得頂きましたので手術を施行しました。
全体に鼻筋が通った顔立ちになり、鼻先・小鼻がスッキリしました。また鼻先もナチュラルに下がっています。
また鼻柱の傷もほとんど分からなくなっています。
メイクをされると、さらに目鼻立ちがハッキリとし、非常にメイク映えするお顔立ちになりました。
鼻尖形成を行う際に、皮下組織を取りすぎたり軟骨を寄せすぎると、「ピンチノーズ」と言って鼻先をつまんだような不格好な鼻になることがあります。
この患者様のように程よく軟骨を寄せつつ耳介軟骨移植で鼻先を下げると、ナチュラルに鼻筋を通してスッキリさせることができます。

続きを見る

料金

¥385,000(税込)

全院

¥550,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

鼻の手術のカウンセリングで団子鼻を治したいと話すと、必ずと言っていいほど
鼻フルセットを勧められることが多いようです。
一般的には鼻フルセットはプロテーゼ+鼻中隔延長+小鼻縮小+ハンプ切除+骨切幅寄せ+耳介軟骨移植+鼻尖形成+貴族手術あたりのてんこもりセットのことが多いです。
さて、団子鼻を気にしている人はこれら鼻フルセットをやらなければならないのでしょうか。
答えは否。私はどこのクリニックにいっても鼻フルセットを判で押したように勧められてしまう美容業界を危惧しています。
鼻手術をするみんなが、鼻筋を目立たせたはっきりした鼻になりたいわけではないのです。
少し小鼻が小さくなればいい、少し団子鼻がしゅっとすればいいそんなささやかな望みを持って、クリニックのカウンセリングを訪れると鼻フルセットじゃないとだめだよと否定され、鼻をフルセットでオペされてしまうことがあります。
その中には予定外だったけどきれいな鼻になってうれしかった。というかたもいれば、予想より鼻が高すぎて治したい。鼻の穴がコンセントみたいになって鬱になってしまったなど、自分の意に反してオーバーサジェスチョンされた結果、やりすぎ被害になった患者様は数多いのです。

ここから先は症例のご紹介です。
小鼻の大きさが気になるという主訴で受診された患者様です。
多くのクリニックでは新人ドクターにあたらない限りまず鼻フルセットを勧められてしまうでしょう。
私は本人の希望どおり、小鼻縮小を行いました。
患者様は医者の作品のためのキャンバスではなく、医者のすきなように制限なくアートをつくっていいものではありません。
どちらかというと1ピースか5ピースかわかりませんが、患者様の理想の要望をちりばめたジグソーパズルの欠けた部分を、埋めてあげる作業のような気がします。

続きを見る

料金

¥385,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、全体的に鼻を整えたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、日本人特有の全体的にのっぺりとした平らな顔つきをしており、鼻はそれほど高くなく、鼻筋もあまり通っている感じではありませんでした。
鼻先はやや潰れ気味で、上を向いていました。
小鼻はやや広がり気味で、鼻の穴が大きく、目立っていました。
全体的に整った鼻にするために、シリコンプロテーゼ隆鼻術、鼻先の耳介軟骨移植、小鼻(鼻翼)縮小を同時に行うことになりました。
シリコンプロテーゼは、鼻が高すぎて不自然にならないように、一番低い鼻根部の部分が約3mm高くなるように、眉間の下部から鼻背にかけて挿入しました。
耳介軟骨移植は、鼻先が3mm程度斜め下方向に出るようにデザインして行いました。
小鼻縮小は、鼻の穴の中から鼻翼の外側の途中にかけて余分な皮膚と皮下組織を最大幅約5mm切除して縫合しました。
術後は自然な範囲内で全体的に鼻が整いました。
この患者様のように、堀が深くなく、全体的にのっぺりとした平らな顔つきの人に対しては、極端に鼻を高くしたり、鼻先を出したりすると、必ず不自然になり、整形バレバレの顔になってしまいます。
自然な範囲内で、ほどほどの高さにするのが望ましいです。

続きを見る

料金

¥385,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

人中短縮術と鼻翼縮小術を施行された患者様が来院してくださいましたので、術後6ヶ月の経過をご紹介します。
人中短縮術をすると、鼻翼が広がりやすくなるので、やりすぎない範囲で鼻翼縮小をご提案しました。
目隠しなのでわかりづらいですが、バランスが良くなり、キズはほとんど目立たないと思います。
では、なぜバランスが良くなったように見えるのでしょうか。
鼻の下の端から、口までの距離と口から顎の先までの比率を比べてみました。
この比が1.8~2.0ぐらいが良い値とされていますので、今回は人中を短縮することで、よい比率に近づけられたのかなと思います。

続きを見る

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧