【施術クリニック】東京、横浜、名古屋、大阪

特徴

胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去)の特徴

豊かで形のよいバストにしたい。そう願って手術をしたけれど、仕上がりが気に入らなかったという場合があります。また時間が経ってから違和感を覚えたり、不安を感じるようになるという場合もあります。中には、昔の生理食塩水バックから水が抜けて片方だけぺちゃんこになって困っているという方もいます。
プロテーゼを抜く手術は、入れる手術に比べるととてもシンプル。手術時間も術後の腫れも少なくてすみます。前回入れたときの切開線を再び切開して引き出すので、手術跡が目立つということもありません。

■手術前のデザイン解説

手術前の解説です。


施術イメージ

【ここがポイント!】

入れる手術に比べて短時間で終了
・15分から長くても1時間程度で終了します。
但し、手術時間は入れていた期間で変わる
・一般に、プロテーゼを入れていた期間が短いほど早く抜くことができ、入れていた期間が長いほど時間がかかることが多くなります。
状況によっては、切開位置が異なることも
・基本は前回のプロテーゼ入れたときの手術で切開したワキや乳輪から取り出しますが、乳房下溝(バストの下のシワになっている部分)を切開して取り出すこともあります。
術後の腫れやダウンタイムも入れるより軽い
・個人差はありますが、大きな腫れは1~3日程度です。
・1週間後に抜糸をすれば、その後に通院の必要はありません。
同時にヒアルロン酸注射や脂肪注入で豊かなままに
・診察のうえ可能であれば、プロテーゼ抜き(除去)と同時に行うこともできます。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 大きさや形が気に入っていない
  • 手ざわりが不自然
  • 片方だけペチャンコになってしまった
  • なんとなく罪悪感が出てきた
  • 大切な人にとってほしいと言われた
  •  

ページトップへ戻る

症例のご紹介

■大胸筋下の生理食塩水バッグプロテーゼを抜いた症例写真
Before After(生理食塩水バッグ
プロテーゼ除去手術後)
Before After(生理食塩水バッグ
プロテーゼ除去手術後)
高須幹弥医師からのコメント

40代女性の患者様で、約20年前に他院で豊胸手術を受けています。
見た目や触り心地が不自然なので、取ってしまいたいというご要望でした。
診療させていただいたところ、大胸筋下に生理食塩水バッグプロテーゼが入っていると思われました。
非常に痩せていて皮膚が薄いので、生理食塩水バッグのエッジが触れる状態であり、見た目も不自然で、バッグが波うっているのが見える状態でした。
バッグの入っている位置もおかしく、高さの左右差が顕著でした。
患者様のご希望もあり、生理食塩水バッグを除去することになりました。
前回の他院での手術は、ワキを切開してプロテーゼを入れていたので、今回の除去手術もワキの同じ傷からアプローチすることにしました。
手術は全身麻酔下に行い、スムースにプロテーゼを抜くことができ、20分程度で終了しました。
手術後は本来のバストに戻り、萎んで、やや垂れてしまいましたが、不自然な見た目や触り心地はなくなりました。
生理食塩水バッグは、昔一部で使われていたバッグプロテーゼで、手術が簡便である反面、
・見た目や触り心地が不自然になる
・衝撃で破裂することがある
・徐々に中身の生理食塩水が漏れて、萎んで小さくなってしまう
などのリスク、弊害などもあります。
過去に入れた生理食塩水バッグを取りたい場合、取るのは比較的容易であることが多いです。
また、最新型のコヒーシブシリコンジェルバッグプロテーゼに入れ替えることができることもあるし、抜去して脂肪注入したり、抜去してヒアルロン酸注射することもあります。

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 15~60分
術後の通院 1回
術後の腫れ 大きな腫れは1~3日
抜糸 手術日から1週間後
入院の必要性 なし
麻酔 全身麻酔あるいは局所麻酔

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

バストのプロテーゼを抜きたいと希望される方の理由は人それぞれ。若い方の場合は「新しい彼氏に、本来の体を見てみたいと言われた」とか、ご高齢の方が「棺桶に入る前に抜いてしまわないとご先祖様に顔向けできない」というようなケースもありました。入れてからの期間が短いほど抜くのは簡単ですが、年月が経っていても入れるときほどの負担はありません。また、プロテーゼを抜いてしまうとバストは小さくなりますが、ご希望であればヒアルロン酸注射や脂肪収入で豊かに仕上げることもできます。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大