【施術クリニック】東京、名古屋、大阪

特徴

フラクセル2の特徴

ずっと悩んできたニキビ跡に加え、年齢とともに増えてくる小じわ、毛穴の開き、さらにはシミ、たるみ…。次々に現れるトラブルを一気に解決したいなら、『フラクセル2』。その効果の高さに、“スキンリプレイスメント(肌の取り替え)”とも呼ばれる注目の美肌治療器です。
施術は、レーザー照射で皮膚表面にミクロ単位の穴を開けるというもの。照射した部分の古い組織は排出され、なめらかな若々しい美しい肌に再生されていきます。
今まで、同様の施術はあったものの、回復するまでには半年以上のダウンタイムが必要でした。フラクセル2は、10年前の肌に戻すような高い効果を誇りながら、その日からメイクができるほど肌に優しい最新治療。施術時間が20~30分程度と短いのも魅力です。
※月1回のペースで5回程度治療を行うのがおススメです。

■施術後の解説動画

ニキビ跡、毛穴の開き、傷跡、肌の張り、引き締めに効果があります。施術中の痛みや施術後の肌の赤みについても解説します。


フラクセル2に使用する機器

フラクセル2施術風景

フラクセル2施術風景

フラクセルの最新機種フラクセル3DUAL」登場!


フラクセル3施術風景

東京院にフラクセルの最新機種「フラクセル3DUAL」が登場しました。
「DUAL」とは、「2通りの」といった意味で、「フラクセル3DUAL」は2つのレーザー(波長)を自在に組み合わせて施術します。一人ひとりの肌の悩みや状態に合わせて、よりきめ細かな治療ができるようになりました。シミやくすみなど肌のトーンを改善する効果もアップし、初回の治療からより高い効果を実感できるようになりました。痛みも少なく、負担が少なくなりましたので、より安心して治療を受けられます。

フラクセル2のメカニズム

フラクセル2は、直径30~50マイクロメートルという顕微鏡でしか見えない大きさのレーザー照射で、皮膚表面にミクロ単位の穴を開けます。照射した部分の古い組織は排出され、若々しい美しい肌に再生。今までのレーザーのように全ての皮膚にダメージを与えないので、肌が生まれ変わる期間が短くて済むのが特徴です。角質層を傷つけないので、デリケートな肌にも安心。今まで若返りビューティー治療が難しかった、手や首への照射もできます。
また、従来のフラクセルに比べて施術時間が短くなり、赤みや腫れも軽減されました。さらに、出力や照射密度をきめ細かく設定できるようになり、一人ひとりの肌状態に合わせた適切な治療が可能になりました。


約1cm2に1000~2000発のレーザー照射を行います。

照射後の様子

ページトップへ戻る

施術の流れを写真で解説

フラクセルキャプチャ(写真)解説

両頬にフラクセルを照射します。

施術前には洗顔していただき、メイクは落としていただきます。
ベッドに寝ていただいた状態で行います。

フラクセルはフラクショナルレーザーの一種です。

フラクショナルレーザーというのは、皮膚の表面に目に見えない小さな穴を細かく空けることにより、その部分の皮膚を再生させ、肌を入れ替えるという治療です。
フラクセルはエルビウムグラスレーザーという種類のレーザーを照射します。
毛穴の開き、ニキビ跡、小じわなどに特に有効な治療です。
まずは横方向にプローブを動かしてレーザーを照射しています。

縦方向にもプローブを動かしてレーザーを照射します。

一部位につき8パス程度レーザーを当てます。
レーザーを当てているときは、わずかな痛みがありますが、我慢できない痛みではないので大丈夫です。

反対側の頬にも同じように照射します。

 

両頬の照射が終わりました。

照射時間は両頬で5~10分程度です。
照射直後は皮膚が少し赤くなっていますが、翌日にはかなり引きます。
施術当日からメイクをすることもできなくはありませんが、強めに照射したときは肌が少しヒリヒリすることもあるので、翌日からにするほうが無難なこともあります。

今回解説した施術の動画一覧

  • 施術
    フラクセル ニキビ跡、毛穴の開き、傷跡、肌の張り、引き締めに効果があります

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • ニキビ跡をきれいにしたい
  • 毛穴の開きが気になってきた
  • トータルな肌の若返りビューティーがしたい
  •  

ページトップへ戻る

症例のご紹介

■フラクセル2 デコルテ
Before After

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約20~30分
術後の通院 なし
術後の腫れ 顔がほてる程度に赤くなることあり 冷却してからお帰りいただきます。
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔
シャワー 術後より可能
メイク 直後より可能
洗顔 術後より可能
■術後のエステ・自宅で行う顔のマッサージの注意点

腫れや痛みがある場合はマッサージを避けてください。
1週間避けていただけばまず大丈夫です。

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■皮膚の発赤などについて

照射系治療(ウルセラ、サーマクール、サーマクールアイ、フォトフェイシャル、フォトRF、eプラス、ポラリス、フラクセル、シミ取りレーザー、Qスイッチレーザー、アレックストライバンテージ、Vbeamレーザー、レーザー脱毛など)のリスク、副作用、合併症に、照射後の皮膚の発赤、ほてりがあります。
全ての人に生じるわけではありませんが、肌が弱い人や敏感肌の人に強いエネルギーで照射した場合に肌が赤くなり、ほてった感じになります。
その場合、照射後に保冷剤で肌を冷やしていただくと数分~数十分程度でほとんど赤みやほてりは引いてしまいます。
また、肌が強い人に関しては、ほとんど赤みやほてりが出ない場合もあります。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須英津子医師

ミクロ単位でレーザーを照射していくフラクセル2は、肌に優しいのにとても効果が高いのが魅力。当院では症例数も多く、美容医学の各種学会でもその有効性を発表しています。施術直後からメイクもできるので、忙しい方にもおススメ。私もニキビ跡がひどかったのですが、フラクセル2でほとんど気にならないほどに。肌をすっかり取り替えるような快感を、あなたもぜひ体験してください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大