対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
年代 / 性別
20代 / 女性
診療科目
バッカルファット除去
症例写真,バッカルファット除去を行った20代女性の症例写真,Before,ba_buccalfat022_b01.jpg

Before

症例写真,バッカルファット除去を行った20代女性の症例写真,After(6ヶ月後),ba_buccalfat022_b01.jpg

After(6ヶ月後)

20代女性の患者様で、「顔の脂肪をとりたい」「下膨れの輪郭を改善させたい」というご要望でした。
診察させていただいたところ、骨格的な輪郭としては大きな問題はなく、頬やフェイスラインの皮下脂肪もそれほど多くありませんでした。
患者様がバッカルファット除去手術を考えていたということもあり、輪郭的にバッカルファット除去手術の適応があったため、バッカルファット除去手術を行うことになりました。
手術は局所麻酔下に行い、口腔内から適量のバッカルファットを除去しました。
かなりの量のバッカルファットが頬に下垂しており、左右からそれぞれ卵の黄身1個分ずつくらいの量の脂肪を除去しました。
手術後は頬の膨らみがすっきりし、下膨れの輪郭も改善しました。

料金

バッカルファット除去 ¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

術後の経過

手術前

症例写真,バッカルファット除去を行った20代女性の症例写真,手術前,mainpic_buccalfat022a.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
バッカルファット除去手術をすることになりました。

手術直後

症例写真,バッカルファット除去を行った20代女性の症例写真,手術直後,mainpic_buccalfat022b.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れています。

6日後

症例写真,バッカルファット除去を行った20代女性の症例写真,6日後,mainpic_buccalfat022c.jpg
高須幹弥医師からのコメント

6日後です。
大きな腫れは引いています。

1ヶ月後

症例写真,バッカルファット除去を行った20代女性の症例写真,1ヶ月後,mainpic_buccalfat022d.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
ほぼ腫れは引いています。

6ヶ月後

症例写真,バッカルファット除去を行った20代女性の症例写真,6ヶ月後,mainpic_buccalfat022e.jpg
高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

バッカルファット除去

30代女性の患者様で、老化予防目的でバッカルファットを除去することを希望されていました。
局所麻酔をして口の中の粘膜を約2cm切開し、左右のバッカルファットを除去しました。
除去したバッカルファットは左右それぞれ卵の黄身くらいの大きさでした。
術後は頬のたるみの部分の膨らみが少しなくなり、術前と比べると少し小顔になりました。
適切な量を除去する限りは、取りすぎて頬がこけるようなことはありません。
この方のように、頬がひどくたるむ前にバッカルファットを除去しておくと、将来年を取っても頬がたるんでブルドッグのようになったり、下膨れになって顔が大きくなるのを予防することができます。

続きを見る

料金

¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

20代女性の患者様で、鼻の形と、小顔のご相談で来院されました。
診察させていただいたところ、鼻は全体的に低く、鼻筋が通っておらず、鼻先も潰れたような状態でした。
また、小鼻が横に広がっており、鼻の穴がやや大きめでした。
小鼻に関しては、頬骨がやや横に張っている以外は、エラや顎先が特別突出している所見はありませんでした。
頬の皮下脂肪やバッカルファットが発達していました。
患者様としっかりカウンセリングし、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスや鼻のシリコンプロテーゼ、長期持続型ヒアルロン酸注射など、色々な治療も説明させていただきましたが、まずは小鼻(鼻翼)縮小手術とバッカルファット除去手術をすることになりました。
小鼻縮小は、鼻の穴の中から鼻翼の外側の途中にかけて約6mmの幅で皮膚と組織を切除し、縫合しました。
バッカルファット除去手術は、口の中から左右の頬の頬脂肪体を、合わせて卵の黄身1個半程度切除しました。
術後はほどよい形の小鼻になり、また、頬のボリュームが少し減ったことにより、術前より小顔になりました。
この患者様のように、頬の脂肪が発達して膨らんでいる人は、若いうちにバッカルファットを除去しておくと、将来年をとったときに頬がたるみにくくなるので、小顔という点でも、エイジングケアという点でも、非常に有効だと思われます。

続きを見る

料金

¥330,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、バッカルファット除去手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、頬が膨らんで、適度にバッカルファットが発達しているのがわかりました。
また、適度に皮下脂肪もついていました。
バッカルファットに対してはバッカルファット除去手術が有効であり、皮下脂肪に対しては小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスなどの脂肪溶解注射が有効であり、両方の治療をするのが理想ですが、まずはバッカルファット除去手術のみをすることになりました。
口の中の頬の内側の粘膜から、片側につき、Sサイズ鶏卵の黄身くらいの大きさのバッカルファットを、左右の頬から摘出しました。
術後は頬のバッカルファットの部分の膨らみが少しすっきりしました。
この後、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスで頬、フェイスライン、顎下などの皮下脂肪を除去すると、更に小顔になってすっきりします。

続きを見る

料金

¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

20代女性の患者様で、小顔とエイジングケア希望で来院されました。
診察させていただいたところ、頬にやや贅肉がついてふっくらしており、年齢相応に少しだけ頬が老化してたるんでいました。
フェイスリフトなどの切開するリフトアップ手術が必要なほど顔がたるんでいなかったので、ウルセラシステム、サーマクールなどの照射引き締め系の治療、イタリアンリフト、イタリアンリフトファインなどの糸のリフトアップ治療、小顔効果とエイジングケア効果があるバッカルファット除去などご提案しました。
患者様は、「まずはバッカルファット除去で頬の肉をとって、今後のために老化予防効果を期待したい」というご要望だったので、バッカルファット除去をすることになりました。
局所麻酔下に口の中から左右合わせて卵の黄身1個半分くらいのボリュームの脂肪を切除しました。
術後は頬の膨らみが少しすっきりし、術前にくらべやや小顔になりました。
バッカルファットを除去したことにより、将来ブルドッグのように頬がたるむのを予防するエイジングケア効果も期待できます。
また、この患者様は、今後、ウルセラシステムやサーマクールなどの照射引き締め系治療、イタリアンリフトやイタリアンリフトファインなどの糸のリフトアップ治療を行うことにより、更に小顔効果、エイジングケア効果を出すことが可能です。

続きを見る

料金

¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

20代女性の患者様で、頬のたるみ、贅肉の膨らみを気にされていました。
診察させていただいたところ、年齢相応に頬の皮膚がたるんでおり、バッカルファットの存在と皮下脂肪がついていることにより、たるみや膨らみが目立っていました。
このような方に対しては、ウルセラシステムやイタリアンリフトなどで頬のたるみを引き締め、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスで頬の皮下脂肪を減らし、余分なバッカルファットを除去することが有効です。
まずは頬が膨らんでたるんでいく根本的な原因であるバッカルファットを除去することになりました。
片側卵の黄身1個分くらいのボリュームのバッカルファットを両側から除去しました。
術後は頬の膨らみが少し減り、重みがなくなったことにより、たるみも少し改善しました。
この患者様は、今後、ウルセラシステム、イタリアンリフト、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスなどをすると、更に顔が引き締まり、小顔にすることができます。
若いうちにバッカルファットを除去しておくと、加齢と共にバッカルファットが下垂して頬がたるむのを予防するので、エイジングケアの観点からして非常に有用です。
バッカルファット除去は、早い段階でやれば早い段階であるほど、手術をした時点からエイジングケア効果があるので効果が望めます。
かといって、年齢がいっていると手遅れで効果がないわけではなく、例えば70才代でバッカルファットを除去した場合でも、頬のたるみは改善し、その時点からエイジングケア効果もあるので有用です。

続きを見る

料金

¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧