対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
年代 / 性別
20代 / 女性
診療科目
バッカルファット除去
症例写真,バッカルファット除去をして小顔になった20代女性の症例写真,Before,ba_buccalfat016_b01.jpg

Before

症例写真,バッカルファット除去をして小顔になった20代女性の症例写真,After(6ヶ月後),ba_buccalfat016_b01.jpg

After(6ヶ月後)

20代女性の患者様で、頬についている贅肉が気になるとのことでした。
診察させていただいたところ、ややふっくらした体型でもあるため、顔全体に程よく皮下脂肪がついていました。
また、バッカルファットの量が多く、重みで下に下がってきていることも予測されました。
余分な脂肪を除去して小顔にするためには、脂肪溶解注射or脂肪吸引で頬~フェイスライン~顎下の余分な表面の皮下脂肪を除去し、合わせてバッカルファットを除去するのが最も効果的になります。
患者様は、まずはバッカルファット除去手術をすることを希望されたため、バッカルファット除去手術のみをすることになりました。
手術は通常通り、局所麻酔下に口の中の頬の内側から丁度よい量のバッカルファットを除去しました。
左右合わせて、卵の黄身1個半~2個分くらいの量でした。
手術後6ヶ月には、頬の横の膨らみが少なくなり、手術前に比べて少し小顔になりました。

料金

バッカルファット除去 ¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

バッカルファット除去

20代後半の女性の患者様で、顔のたるみ改善と小顔希望で来院されました。
診察させていただいたところ、年齢相応に頬~フェイスラインがたるんでおり、老化が始まりかけていました。
また、頬の脂肪が発達してふっくらしており、贅肉のボリューム、重さのため、余計に頬がたるんでいました。
患者様のご希望は、
「すぐに元に戻ってしまう治療ではなく、効果が持続する治療がいい」
「休みがあまりとれないし、周囲の人にバレたくないので、腫れが少なく、ダウンタイムが短い治療がいい」
ということでしたので、イタリアンリフトとバッカルファット除去手術をすることになりました。
イタリアンリフトは、左右の頬に3本ずつ計6本入れ、頬のたるみをほどよくリフトアップし、ハンモック状に支えることにより、たるみ予防効果を出すようにしました。
バッカルファット除去手術は、左右の頬から余分な脂肪を取り除き(左右合わせて卵の黄身1個半くらいのボリュームをとりました)、頬の膨らんでいるボリュームをすっきりさせるようにしました。
術後は、イタリアンリフトでたるみが上がったことと、バッカルファット除去手術で余分な脂肪のボリュームがなくなったことの相乗効果により、頬~フェイスにかけてすっきりしました。
たるみ治療と脂肪を除去する治療を両方行うことは、エイジングケア効果、小顔効果共に相乗効果をもたらすことになるので、非常に有効です。
よくカウンセリングのときに患者様が頬や二重顎を指差して、
「これはたるみですか?それとも脂肪ですか?」
と私に質問されますが、ほとんどの方はたるみと脂肪の両方なので、たるみ治療と脂肪除去治療の両方をするのが最も効果的ということになります。

続きを見る

料金

1本
¥110,000(税込)
6本
¥660,000(税込)

全院

¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

イタリアンリフト

バッカルファット除去

20代女性の患者様で、「顔の脂肪をとりたい」「下膨れの輪郭を改善させたい」というご要望でした。
診察させていただいたところ、骨格的な輪郭としては大きな問題はなく、頬やフェイスラインの皮下脂肪もそれほど多くありませんでした。
患者様がバッカルファット除去手術を考えていたということもあり、輪郭的にバッカルファット除去手術の適応があったため、バッカルファット除去手術を行うことになりました。
手術は局所麻酔下に行い、口腔内から適量のバッカルファットを除去しました。
かなりの量のバッカルファットが頬に下垂しており、左右からそれぞれ卵の黄身1個分ずつくらいの量の脂肪を除去しました。
手術後は頬の膨らみがすっきりし、下膨れの輪郭も改善しました。

続きを見る

料金

¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

20代女性の患者様で、頬の肉をとり、小顔にしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、顔は小さいほうで、頬骨、エラ、顎先の骨も突出して出ておらず、適度に皮下脂肪がついている程度でした。
ついている皮下脂肪の量もそれほど多くなく、脂肪吸引の適応はないため、バッカルファットを適量除去し、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスをやっていくことになりました。
まずはバッカルファット除去と1回目の小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスを頬、フェイスライン、顎下に同日に行いました。
小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスは2週間空ければまた注射することができるのですが、元の顔の脂肪がそれほど多くないこともあり、しばらく状態をみていました。
3ヶ月後、もう一度小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスをしたいというご要望もあり、再び頬、フェイスライン、顎下に小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスを行いました。
それから3ヶ月後、かなり顔がほっそりしていましたが、もう一度小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスをしたいというご要望であり、3回目の頬、フェイスライン、顎下の小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスを行いました。
それから3ヶ月後に来院されたとき、かなり顔の脂肪が落ちており、少し頬が痩けているような状態でしたが、この患者様の治療はここで終了となりました。
顔の脂肪の量や輪郭の形は人によって好みが異なり、ちょっとふっくらしているくらいがいいという人がいれば、ちょっと頬が痩けているくらいがいいという人もいます。
なるべく患者様のご要望に応えられるように治療させていただいてます。

続きを見る

料金

¥330,000(税込)

全院

両頬1回
¥66,000(税込)
あご下~フェイスライン1回
¥66,000(税込)
あご先
¥66,000(税込)
上まぶた(両目)1回
¥66,000(税込)
鼻1回
¥66,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

20代女性の患者様で、小顔希望で通院中の方です。
この方は過去にボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)をしており、エラの部分はある程度すっきりして小顔になったのですが、頬の部分の脂肪の膨らんだ部分を気にされてました。
また、最近頬が弛んできて、老化を感じを感じているとのことだったので、バッカルファットを除去することになりました。
口の中から左右それぞれ2cmくらい粘膜を切開し、卵の黄身ほどの大きさのバッカルファットを除去しました。
術後は頬の口の横の部分の膨らんでいる部分が少し平らになり、手術する前に比べ小顔になりました。
若いうちに余分なバッカルファットを除去しておくと、年を取って頬がブルドッグのように弛むのを予防できるので、20代のうちにやっておいて良かったと思います。

続きを見る

料金

¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

30代女性の患者様で、バッカルファット除去手術を希望されていました。
診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体がたるんでおり、頬やフェイスラインもたるんでいました。
年齢相応のバッカルファット下垂も想定されたため、手術の適応はあると考え、バッカルファット除去手術をすることになりました。
手術は局所麻酔下に行い、左右から適量のバッカルファットを除去したところ、左右合わせて玉の黄身1個半くらいの量の脂肪を除去しました。
手術後6ヶ月の時点では、手術前に比べ、わずかに頬がすっきりしました。

続きを見る

料金

¥330,000(税込)

全院

リスク・副作用・合併症

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧