対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
診療科目
耳介軟骨移植(鼻先を出す)
症例写真,耳の軟骨を移植して、鼻先を自然に出した症例写真,Before,ba_jikai045_b01.jpg

Before

症例写真,耳の軟骨を移植して、鼻先を自然に出した症例写真,After(8日後),ba_jikai045_b01.jpg

After(8日後)

鼻先を自然に斜め下に出したいと希望された患者様です。耳の裏側を切開して軟骨を採取し、鼻先に移植しました。軟骨は鼻の穴の中を切開して移植するので、傷跡は目立ちません。
耳介軟骨移植はダウンタイムが少ないのが大きなメリットです。術後8日目で、まだ若干の腫れはありますが、術前に比べると既に鼻先が自然に斜め下に出ているのが分かります。
耳介軟骨には細かい切れ目様の加工を施して、長期的にも軟骨の辺縁が浮き出ない様に工夫をしています。また、糸を用いた誘導をすることにより、鼻先の出したい部位に正確に軟骨が移植されるようにしています。
鼻先の延長方向に関しては、患者様の鼻だけでなく、顎の形や横顔のバランスを考慮して決めさせて頂いています。
3日間ほど鼻先をテープ保護しますが、マスクを装着できる職場であれば翌日から仕事もできます。
鼻の手術も沢山やらせて頂いています。先ずはカウンセリングから気軽にご相談下さい。

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

耳介軟骨移植(鼻先を出す)

20代女性の患者様で、鼻筋を通して、全体的に綺麗に整った鼻になりたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、鼻に軟らかいヒアルロン酸が注入されており、ヒアルロン酸によって高さが出ている分、横に広がって、太い鼻筋になっていました。
また、鼻先がやや団子鼻で、上に上がっており、正面から見て鼻の穴が目立っていました。
手術は、ヒアルロニダーゼでヒアルロン酸を分解、溶解するのと同時に、鼻根部~鼻背にかけてシリコンプロテーゼを入れ、鼻先に耳介軟骨移植をしました。
シリコンプロテーゼは、自然な高さで適度に鼻筋が通るように、約3.5mmの厚みのI型プロテーゼを入れました。
耳介軟骨移植は、左の耳の穴の中から軟骨を採取し。鼻先が斜め下方向に出るように移植しました。
手術後は、太かった鼻筋が、自然な細さになり、綺麗に鼻筋が通りました。
また、鼻先は適度に斜め下方向に出て、全体的にスマートで整った鼻になりました。

続きを見る

30代女性の患者様で、他院で入れた鼻のシリコンプロテーゼの修正手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、L型プロテーゼらしきものが入っており、明らかに斜めにずれて入っていました。
また、L型プロテーゼの折れ曲がっている頂点の部分がかなり頭側(上の方)にきており、不自然なアップノーズになっていました。
その上、プロテーゼは骨膜下ではなく皮下に入っており、指で触るとグラグラ動く状態になっていました。
手術は、L型プロテーゼをI型プロテーゼに入れ替え、鼻先に耳介軟骨移植をすることになりました。
患者様のご希望は、眉間~鼻根部~鼻背の高さは今の高さと変えないようにし、鼻先の形を自然に整えてほしいということでした。
局所麻酔下にL型プロテーゼを抜いたところ、鼻根部の部分は約5mmの厚みがあったので、同じく5mmの厚みのI型プロテーゼを準備し、患者様の鼻の形にフィットするようにその場で作成しました。
眉間の部分にはプロテーゼは入っていなかったので、眉間にはプロテーゼが入らないようにし、また、鼻先にもプロテーゼは入らないようにし、鼻根部~鼻背にかけてのI型プロテーゼを挿入しました。
皮下にポケットがありましたが、新たに骨膜下を剥離して挿入しました。
耳介軟骨移植は、鼻先が自然に斜め下方向に出るように移植しました。
術後は、患者様のご希望通り、元の鼻の形や高さを大きく変えないまま、自然な鼻になりました。
また、骨膜下に入れ直したので、指で触ってもグラグラ動くことはなくなりました。

続きを見る

料金

¥192,500(税込)

銀座

横浜

名古屋

大阪

¥385,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

20代男性の患者様で、全体的に鼻を整えたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、この患者様の鼻のバランスの悪いところは、
・鼻根部~鼻背にかけてが低く、鼻筋が通っていないこと
・鼻先の横幅が広く、団子鼻であること
・鼻先がやや潰れ気味で上に上がっていること
・小鼻が横に広がっていること
などでした。
これらの欠点を治すためには、
・鼻プロテーゼ
・鼻尖縮小
・鼻先の耳介軟骨移植
・小鼻縮小
が必要になりますが、まずは、鼻プロテーゼ+鼻先耳介軟骨移植+小鼻縮小を行うことになりました。
鼻のプロテーゼは5mmの厚みのI型プロテーゼを用い、耳介軟骨移植は鼻先が斜め下方向に出るように行い、小鼻縮小は鼻の穴の中から鼻翼外側の途中にかけて約5mmの幅で皮膚と皮下組織を切除して縫合しました。
手術後は程よく鼻筋が通り、自然でバランスの良い鼻になりました。

続きを見る

料金

¥385,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、鼻の形を整えたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、全体的な顔立ちは日本人特有の凹凸の少ないのっぺりとした平らな顔をしており、丸顔の輪郭でした。
鼻は特別大き過ぎることもなく、高すぎることもありませんでした。
目立つ団子鼻でもなく、小鼻が横に広がっていたり、鼻の穴が大きくて目立つこともなかったので、鼻尖縮小や小鼻縮小の適応もありませんでした。
鼻先がやや低くて潰れて上に上がっており、鼻柱も奥に引っ込んでバランスが悪かったので、まずは鼻先と鼻柱の2ヵ所に耳介軟骨移植をすることになりました。
採取する耳介軟骨は、片側の外耳道(耳の穴の中)から十分な量を取ることができました。
鼻先は斜め下方向に出るように軟骨を移植し、鼻柱は下方に出るように移植しました。
手術後は、鼻尖(鼻先)、鼻翼(小鼻)、鼻柱の位置関係が良くなり、全体的なバランスが改善しました。

続きを見る

料金

¥385,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、潰れた団子鼻を綺麗に整えたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、鼻先の軟骨(大鼻翼軟骨)が大きく発達し、正面から見ると、鼻先が横に広がっていました。
また、横から見ると、鼻先が綺麗に出ておらず、潰れて丸くなっていました。
鼻先の皮膚が厚くなく、日本人にしてはむしろ薄いほうでした。
正面から見て、鼻先が細くなるようにし、側面から見て鼻先が斜め下方向に軽く出ている鼻を希望されていたため、鼻尖形成(鼻尖縮小)と鼻先の耳介軟骨移植をすることになりました。
鼻尖形成(鼻尖縮小)は、オープン法では行わず、クローズ法に準じて、両側の鼻の穴の中を切開し、横に張り出して広がっている余分な大鼻翼軟骨の頭側を部分切除し、合わせて、大鼻翼軟骨上の余分な脂肪や軟部組織も切除しました。
この患者様の鼻先は、左右の大鼻翼軟骨が特別開いていなかったので、軟骨同士を糸で結んで寄せる軟骨間縫合は行っておりません。
また、鼻先が斜め下方向に出るように、耳介軟骨移植をしました。
術後は、潰れて丸かった鼻先が、適度に細くなって、斜め下方向に軽く出て、整った鼻になりました。

続きを見る

料金

¥550,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧