対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
年代 / 性別
20代 / 女性
診療科目
他院で受けた手術の修正(鼻)
症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,Before,ba_nose_modify019_b01.jpg

Before

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,After(修正手術後4ヶ月),ba_nose_modify019_b01.jpg

After(修正手術後4ヶ月)

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,Before,ba_nose_modify019_b02.jpg

Before

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,After(修正手術後4ヶ月),ba_nose_modify019_b02.jpg

After(修正手術後4ヶ月)

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,Before,ba_nose_modify019_b03.jpg

Before

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,After(修正手術後4ヶ月),ba_nose_modify019_b03.jpg

After(修正手術後4ヶ月)

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,Before,ba_nose_modify019_b04.jpg

Before

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,After(修正手術後4ヶ月),ba_nose_modify019_b04.jpg

After(修正手術後4ヶ月)

20代女性の患者様で、1ヶ月半前に他院で鼻中隔延長手術と鼻のシリコンプロテーゼ隆鼻術を受けていました。
仕上がりが気に入っておらず、修正手術目的で来院されました。
診察させていただいたところ、鼻先が過度に延長されており、鼻先の皮膚の圧力に負けて、鼻先が右に曲がっている状態になっていました。
また、鼻先の皮膚が薄くなっており、鼻先に移植した軟骨の輪郭が浮き出ている状態になっていました。
これをこのまま放置すると、鼻先の曲がりは更に酷くなり、鼻先の皮膚が薄くなって、更に軟骨の輪郭が浮き出てくることが予想されました。
鼻根から鼻背にかけてはI型シリコンプロテーゼが入っていました。
患者様は、「シリコンプロテーゼが入っている部分の高さはこのままでいいので、鼻先が出過ぎて不自然なのを治して、鼻先が曲がっているのと、鼻先に移植した軟骨の輪郭が浮き出ているのを治してほしい」というご要望でした。
そのため、修正手術は、シリコンプロテーゼはそのままにして、鼻先の軟骨を削るのみを行うことになりました。
前回の他院での手術は鼻柱の皮膚を切開してopen法で行われていたため、局所麻酔下に再びopenし、鼻先の余分な軟骨を約3mmメスで削りました。
術後は、鼻先の高さが程よく自然な範囲におさまりました。
また、鼻先が右に曲がっているのと、鼻先の皮膚が薄くなって軟骨の輪郭が浮き出ているのも改善されました。
この修正手術後の状態を考えると、最初の手術で、シリコンプロテーゼ+鼻先の耳介軟骨移植で十分できる鼻であるため、鼻中隔延長手術は必要なかったと考えてられます。
最初にシリコンプロテーゼ+鼻先の耳介軟骨移植をしておけば、1回の手術で済み、時間と費用を無駄にすることはなかったし、openする必要もなく、鼻柱に傷を残すこともなかったことになります。

料金

他院で受けた手術の修正(鼻) (本症例適用料金)
¥660,000(税込)

銀座

横浜

名古屋

大阪

※診察にてご確認ください

リスク・副作用・合併症

術後の経過

■術後の経過:正面

当院来院時

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,当院来院時,mainpic_nose_modify019a.jpg
高須幹弥医師からのコメント

当院来院時です。
1ヶ月半前に他院で鼻のシリコンプロテーゼと鼻中隔延長手術を受けていますが、不自然に鼻先が出過ぎて、右に曲がっています。
プロテーゼはそのままにし、鼻先に移植してある軟骨を削ることになりました。

修正手術直後

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,修正手術直後,mainpic_nose_modify019b.jpg
高須幹弥医師からのコメント

修正手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れています。

1週間後

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,1週間後,mainpic_nose_modify019c.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
まだ全体的に腫れがあります。

4ヶ月後

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,4ヶ月後,mainpic_nose_modify019d.jpg
高須幹弥医師からのコメント

4ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

■術後の経過:下から

当院来院時

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,当院来院時,mainpic_nose_modify019e.jpg
高須幹弥医師からのコメント

当院来院時です。

修正手術直後

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,修正手術直後,mainpic_nose_modify019f.jpg
高須幹弥医師からのコメント

修正手術直後です。

1週間後

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,1週間後,mainpic_nose_modify019g.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。

4ヶ月後

症例写真,他院で受けた鼻中隔延長手術の修正手術の症例写真,4ヶ月後,mainpic_nose_modify019h.jpg
高須幹弥医師からのコメント

4ヶ月後です。

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

他院で受けた手術の修正(鼻)

20代女性の患者様で、他院で鼻にエンドプロテーゼ(エンドプラストの可能性もあり)を注入されており、修正手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、鼻根部から鼻背部にかけてエンドプロテーゼと思われるものが注入されており、表面が不整に凸凹していました。
患者様は、エンドプロテーゼを除去するのと同時にシリコンプロテーゼを入れ、鼻を高くし、鼻筋を通したいというご要望でした。
通常、エンドプロテーゼやエンドプラスト、アクアミドなどが鼻に注入されており、注入物を除去してシリコンプロテーゼを入れる場合は、一旦注入物を除去し、6ヶ月以上空けてからシリコンプロテーゼを入れるのが最も確実で、望ましいです。
ただし、この患者様の鼻をしっかり診察させていただいたところ、エンドプロテーゼと思われる注入物は、皮下から骨膜上にかけて注入されており、いくつかの固まりになっていたので、エンドプロテーゼを除去するのと同時に骨膜下にシリコンプロテーゼを入れることができると判断しました。
手術は、局所麻酔下に、右の鼻の穴の中を切開して、骨膜下を剥離し、約3.5mmの厚さのI型シリコンプロテーゼを鼻根部から鼻背にかけて挿入しました。
その後、皮下から骨膜上に注入されているエンドプロテーゼをエイヒで掻き出して除去しました。
エンドプロテーゼは液状化してボロボロになっていましたが、ほぼ完全に除去することができました。
手術後6ヶ月の時点では、鼻が高くなり、自然に綺麗な鼻筋が通りました。

続きを見る

料金

(本症例適用料金)
¥577,500(税込)

銀座

横浜

名古屋

大阪

※診察にてご確認ください

リスク・副作用・合併症

鼻のシリコンプロテーゼ抜き(除去)

続きを見る

他院で鼻にL型シリコンプロテーゼを入れられており、修正手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、L型シリコンプロテーゼが上に上がっており、それに伴って、鼻先が極端に上に上がって、拘縮を起こし、俗に言う「豚鼻(ブタバナ)」の状態になっていました。
L型シリコンプロテーゼを取り出し、I型シリコンプロテーゼに入れ替え、鼻先に耳介軟骨移植をする修正手術をすることになりました。
右の鼻の穴の中を切開し、L型シリコンプロテーゼを除去したところ、一番厚みがある鼻根部の部分が約3mmのものが入っていました。
少しでも縦方向の拘縮を解除するため、必要な分だけ、カプセルを除去しました。
鼻根部から鼻背にかけて高さを出し、鼻先が上に向いている状態を少しでも目立たなくするため、約4mmの高さのI型シリコンプロテーゼを眉間の下部から鼻根~鼻背にかけて入れ、鼻尖には入れないようにしました。
更に鼻先が下に向くように、耳介軟骨移植をしました。
修正手術後は、多少の拘縮がのこっているため、まだ少し鼻先が上に向いている印象はありますが、修正手術前に比べ、かなり鼻先が下に向いて、豚鼻はだいぶ改善しました。
L型シリコンプロテーゼのリスクには、
・鼻先の皮膚が薄くなる
・鼻先の皮膚を突き破って、シリコンが飛び出る
などがありますが、
・時間の経過と共に、L型シリコンプロテーゼが上に上がってきて豚鼻になる
というリスクもあります。
高須クリニックではL型シリコンプロテーゼは使用しておらず、I型シリコンプロテーゼを使用しているので、そういった心配はありません。

続きを見る

料金

¥192,500(税込)

銀座

横浜

名古屋

大阪

¥385,000(税込)

全院

¥385,000(税込)

全院

50代女性の患者様で、他院で鼻に安いヒアルロン酸を注射していました。
診察させていただいたところ、鼻専用ではない軟らかいヒアルロン酸であるため、綺麗に鼻筋が通っておらず、横に流れて鼻が太くなっていました。
また、軟らかいヒアルロン酸で高さを出すために大量に注入されており、眉間の辺りが不自然に膨らんで、正面から見ても横から見てもアバターのような状態になっていました。
入っているヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで分解、溶解、吸収させ、鼻専用の長期持続型ヒアルロン酸注射をすることになりました。
まずは鼻のヒアルロン酸が入っている部分にヒアルロニダーゼを注射しました。
ヒアルロニダーゼ注射は大きな腫れは出ないのですが、あくまで注射はするので、しばらくはわずかな腫れが出ます。
ヒアルロニダーゼ注射後1週間にはほぼ完全に腫れは引いていたので、長期持続型ヒアルロン酸注射しました。
長期持続型ヒアルロン酸注射は従来のヒアルロン酸に比べ密度が高く、硬いため、横に流れて鼻が太くなることはなく、自然に且つ綺麗に鼻筋が通りました。
この患者様のように、鼻や顎に入っているヒアルロン酸を溶かして新たにヒアルロン酸を注入する場合は、私に関しては1週間は空けるようにしています。

続きを見る

料金

¥165,000(税込)

全院

ヒアルロン酸注射
¥55,000(税込)
長期持続型ヒアルロン酸注射シャープラインノーズ
¥165,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、3週間前に他院で鼻中隔延長手術を受けていました。
診察させていただいたところ、正面から見ると、鼻先~鼻柱が下に垂れ下がるように延長されていて不自然な上に、鼻先が右に曲がっていました。
横から見ると、鼻先と鼻柱が下に垂れ下がっていることにより、意地悪そうな印象の魔女鼻のようになっていました。
また、鼻柱が下に垂れ下がっていることにより、鼻柱の鼻の穴の中の部分が丸見えになっていました。
こんな鼻では人に会うの嫌だし、外に出るのも嫌ということであったので、まずは可及的に移植した軟骨を除去し、可能な限り元に戻すことになりました。
前回の手術はオープン法で行ってあったので、局所麻酔下に、鼻柱と両側の鼻の穴の中を切開し、再びオープンして、全体像が見えるように展開しました。
鼻中隔軟骨と耳介軟骨を組み合わせて鼻中隔延長をしていたようであり、移植してあったそれらの軟骨を可能な限り除去しました。
前回の手術から3週間経過していたため、多少の癒着はありましたが、ほぼ全ての移植してあった軟骨を除去することができました。
可能な限り自然な鼻を復元するため、尖端のみ大鼻翼軟骨の軟骨間縫合を行い、組織が欠損して足りない部分には、除去した軟骨を砕片して、充填するように移植しました。
術後は、鼻先の曲がりはほぼ改善し、不自然で意地悪そうな魔女鼻の印象も改善し、自然でバランスが良く、この患者様の顔に合った鼻になりました。
鼻中隔延長をして、状態が良くない場合、気に入っていない場合、曲がっている場合、元に戻したい場合などは、移植した軟骨が癒着する前に修正手術することが良いことがあります。
3週間以内であれば、移植した軟骨をほぼ除去することができます。
それ以上経過すると、移植した軟骨が癒着しており、完全に除去できないことが多いです。

続きを見る

料金

(本症例適用料金)
¥935,000(税込)

銀座

横浜

名古屋

大阪

※診察にてご確認ください

リスク・副作用・合併症

他院で受けた手術の修正(鼻)

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧