229の症例があります。

現在の
検索条件

ドクター

すべてのドクター

性別

なし

年代

なし

施術カテゴリ

しわ

再検索する

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

女性
  • 施術方法

    ミディアムフェイスリフト

    • ミディアムフェイスリフト,ミディアムフェイスリフト+上眼瞼リフトの症例写真,Before,ba_mediumlift_pic06_b.jpg

      Before

    • ミディアムフェイスリフト,ミディアムフェイスリフト+上眼瞼リフトの症例写真,After,ba_mediumlift_pic06_a01.jpg

      After

    加齢により、上まぶた、ホホ、アゴのたるみが目立っていましたが、上眼瞼リフト(眉毛の下での上まぶたたるみ取り)で上まぶたのたるみを除去して、きれいな二重のラインを出し、ミディアムフェイスリフトでホホとアゴのたるみを改善しました。
    ミディアムフェイスリフトというのは、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)とフルフェイスリフトの中間の手術であり、しっかりとエイジングケアしたいけれど、フルフェイスリフトまではしたくないという方がされます。
    頭髪内から耳の前にかけて切開しますが、1週間くらいで大きな腫れはひき、3~6ヶ月くらいで傷跡はほとんどわからなくなります。
    最近は切らないエイジングケアが人気ですが、しっかりエイジングケアしたい方はやっぱり切る治療の方が向いています。
    ただ、切るエイジングケア治療も、技術が進歩したため、昔と比べると小さな切開でも最小限の腫れで大きな効果がでるようになっています。

  • 料金

    ミディアムフェイスリフト
    ¥900,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    ミディアムフェイスリフト 切開した周辺の腫れ(術後)仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)傷跡が肥厚性瘢痕やケロイドになる可能性感覚が鈍くなる可能性手術後の血腫

  • 担当医

    高須幹弥 医師

女性
50代 / 女性
  • 施術方法

    フルフェイスリフト

    • フルフェイスリフト,フェイスリフトで頬、フェイスライン、顎下、首のたるみをリフトアップした症例写真,Before,ba_facelift004_b01.jpg

      Before

    • フルフェイスリフト,フェイスリフトで頬、フェイスライン、顎下、首のたるみをリフトアップした症例写真,After(6ヶ月後),ba_facelift004_a01.jpg

      After(6ヶ月後)

    50代女性の患者様で、顔全体のたるみの改善を希望されていました。
    診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体がたるんでおり、特に顔の下半分(頬、フェイスライン、顎下、首)のたるみが目立っていました。
    患者様は、切る手術を受けることに抵抗はなく、大きな効果があるのであれば切るリフトアップ手術を受けたいというご要望だったので、顔の下半分をしっかりと若返らせるフェイスリフトを行うことになりました。
    手術は局所麻酔下に行い、髪の毛の生え際と耳の周りの皮膚を切開し、SMAS下でリテイニングリガメントを切離した後にできる限りリフトアップしました。
    手術後は顔の下半分がしっかりとリフトアップし、フェイスラインや顎下のたるみが改善しました。
    また、法令線やマリオネットラインも浅くなって目立たなくなりました。

  • 料金

    フルフェイスリフト
    ¥1,200,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    フルフェイスリフト 切開した周辺の腫れ(術後)仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)傷跡が肥厚性瘢痕やケロイドになる可能性感覚が鈍くなる可能性手術後の血腫

  • 担当医

    高須幹弥 医師

男性
女性
女性
女性
  • 施術方法

    こめかみリフト

    • こめかみリフト,こめかみリフトで顔の上半分の外側のたるみをリフトアップした症例写真,Before,ba_komekamilift002_b01.jpg

      Before

    • こめかみリフト,こめかみリフトで顔の上半分の外側のたるみをリフトアップした症例写真,After(6ヶ月後),ba_komekamilift002_a01.jpg

      After(6ヶ月後)

    40代女性の患者様で、こめかみのリフトアップご希望で来院されました。
    この患者様は数年前に私がミディアムフェイスリフトをしており、そのときは顔の下半分を中心にリフトアップしていて、その効果は十分に持続していました。
    ミディアムフェイスリフトでもわずかにこめかみはリフトアップされるのですが、あくまで顔の下半分を中心にリフトアップさせるのが目的の手術であるため、効果が不十分でした。
    今回は、こめかみや目尻のたるみをしっかりと外側上方にリフトアップしたいということでしたので、こめかみリフト手術をすることになりました。
    局所麻酔下に、両側のこめかみの頭髪内を約6cmずつ皮膚切開し、浅側頭筋膜も切開し、側頭筋の固有筋膜を露出させました。
    浅側頭筋膜と側頭筋の固有筋膜の間を、目尻まで指で鈍的に剥離した後、浅側頭筋膜同士を縫縮し、リフトアップしました。
    皮膚の切除は行わず、皮膚を丁寧に縫合しました。
    術後は、ほどよくこめかみや目尻のたるみが上がりました。
    また、こめかみがリフトアップされることにより、頬のたるみも少しリフトアップされました。
    こめかみと頬は一枚の皮膚で繋がっているため、こめかみがリフトアップされると、つられて頬も少しリフトアップされます。

  • 料金

    こめかみリフト
    ¥600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    こめかみリフト 側頭部の傷跡の一時的な盛り上がり(術後/効果に影響はありません)仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)感覚が鈍くなる可能性手術後の血腫

  • 担当医

    高須幹弥 医師

女性
50代 / 女性
  • 施術方法

    額リフト(額のしわ取り手術)

    • 額リフト(額のしわ取り手術),髪の毛の生え際で切開する額リフトでおでこのシワを伸ばした症例写真,Before,ba_hitailift003_b01.jpg

      Before

    • 額リフト(額のしわ取り手術),髪の毛の生え際で切開する額リフトでおでこのシワを伸ばした症例写真,After(6ヶ月後),ba_hitailift003_a01.jpg

      After(6ヶ月後)

    50代女性の患者様で、額の横ジワが気になるとのことでした。
    診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体の肌の張りがなくなってきており、額の皮膚の針もあまりありませんでした。
    また、まぶたの皮膚のたるみがあることやまぶたの開きがやや悪いこともあり、眉毛を挙げて目を開ける癖があり、それによって額に横ジワが刻み込まれていました。
    このような人の額にボトックス(ボツリヌストキシン)を注射すると、額の横ジワは綺麗に伸びて目立たなくなりますが、その代わり、額の筋肉である前頭筋が麻痺して動かなくなることによって、眉毛が挙がらなくなり、眉毛が下がって目が細くなって、キツい印象の顔になり、めつきが悪くなることが考えられます。
    そのため、この患者様の額のシワ、たるみ治療の第一選択は額リフト手術になります。
    患者様も切開する手術を希望されていたため、額リフト手術をすることになりました。
    額リフト手術は、髪の毛の生え際で切開する方法と頭髪内で切開する方法の2種類がありますが、この患者様の場合、おでこをこれ以上広くしたくない、額の横ジワをしっかり伸ばしたいというご要望があったため、額の髪の毛の生え際で切開するデザインで行いました。
    なるべく傷跡が目立たなくなるように、直線ではなく、マイルドなジグザグの切開で行いました。
    手術後は、額の横ジワが伸びて目立たなくなりました。
    また、お化粧してファンデーションを塗ったり、眉毛を挙げたりしても、手術前より横ジワが目立たなくなり、若々しいおでこになりました。

  • 料金

    額リフト(額のしわ取り手術)
    ¥1,000,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    額リフト(額のしわ取り手術) 切開した周辺の腫れ(術後)仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)感覚が鈍くなる可能性手術後の血腫

  • 担当医

    高須幹弥 医師

男性
20代 / 女性
  • 施術方法

    バッカルファット除去

    • バッカルファット除去,バッカルファットを除去し頬をスッキリさせた20代女性の症例写真の術前術後画像,Before,ba_buccalfat07_b.jpg

      Before

    • バッカルファット除去,バッカルファットを除去し頬をスッキリさせた20代女性の症例写真の術前術後画像,After(6ヶ月後),ba_buccalfat07_a01.jpg

      After(6ヶ月後)

    20代女性の患者様で、「頬の肉が気になる」ということで来院されました。
    患者様は、「これはたるみですか?脂肪ですか?」と質問され、診察させていただいたところ、年齢相応の皮膚のたるみと皮下脂肪とバッカルファットによるものでした。
    頬の膨らみ、ボリュームは、たるみや皮下脂肪によるものはわずかでしたので、まずはバッカルファットを切除することになりました。
    手術は局所麻酔下に頬の内側の粘膜を約1cm切開し、片側につき、卵の黄身よりもやや小さいくらいのバッカルファットを左右から除去しました。
    術後は、頬の膨らみが減って、フェイスラインがすっきりし、やや小顔になりました。
    また、頬のボリュームが減った分、たるみが改善し、エイジングケア効果もみられました。
    バッカルファットは、加齢と共に下垂し、頬のたるみを加速させ、年月が経つとブルドックのようになっていくことがあります。
    そうなる前の段階でバッカルファットを適量除去しておくと、エイジングケア効果があります。

  • 料金

    バッカルファット除去
    ¥300,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    バッカルファット除去 手術後に処方する抗生剤や痛みどめによるアレルギー症状

  • 担当医

    高須幹弥 医師

20代 / 女性
  • 施術方法

    バッカルファット除去

    • バッカルファット除去,20代女性にバッカルファット切除を行い、小顔効果、頬たるみ老化予防効果を出した症例写真の術前術後画像,Before,ba_buccalfat06_b.jpg

      Before

    • バッカルファット除去,20代女性にバッカルファット切除を行い、小顔効果、頬たるみ老化予防効果を出した症例写真の術前術後画像,After(6ヶ月後),ba_buccalfat06_a01.jpg

      After(6ヶ月後)

    20代女性の患者様で、小顔とエイジングケア希望で来院されました。
    診察させていただいたところ、頬にやや贅肉がついてふっくらしており、年齢相応に少しだけ頬が老化してたるんでいました。
    フェイスリフトなどの切開するリフトアップ手術が必要なほど顔がたるんでいなかったので、ウルセラシステム、サーマクールなどの照射引き締め系の治療、イタリアンリフト、イタリアンリフトファインなどの糸のリフトアップ治療、小顔効果とエイジングケア効果があるバッカルファット除去などご提案しました。
    患者様は、「まずはバッカルファット除去で頬の肉をとって、今後のために老化予防効果を期待したい」というご要望だったので、バッカルファット除去をすることになりました。
    局所麻酔下に口の中から左右合わせて卵の黄身1個半分くらいのボリュームの脂肪を切除しました。
    術後は頬の膨らみが少しすっきりし、術前にくらべやや小顔になりました。
    バッカルファットを除去したことにより、将来ブルドッグのように頬がたるむのを予防するエイジングケア効果も期待できます。
    また、この患者様は、今後、ウルセラシステムやサーマクールなどの照射引き締め系治療、イタリアンリフトやイタリアンリフトファインなどの糸のリフトアップ治療を行うことにより、更に小顔効果、エイジングケア効果を出すことが可能です。

  • 料金

    バッカルファット除去
    ¥300,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    バッカルファット除去 手術後に処方する抗生剤や痛みどめによるアレルギー症状

  • 担当医

    高須幹弥 医師

20代 / 女性
  • 施術方法

    バッカルファット除去

    • バッカルファット除去,バッカルファット除去手術で頬の膨らみとたるみを改善させた20代女性の術前術後画像,Before,ba_buccalfat05_b.jpg

      Before

    • バッカルファット除去,バッカルファット除去手術で頬の膨らみとたるみを改善させた20代女性の術前術後画像,After(6ヶ月後),ba_buccalfat05_a01.jpg

      After(6ヶ月後)

    20代女性の患者様で、頬のたるみ、贅肉の膨らみを気にされていました。
    診察させていただいたところ、年齢相応に頬の皮膚がたるんでおり、バッカルファットの存在と皮下脂肪がついていることにより、たるみや膨らみが目立っていました。
    このような方に対しては、ウルセラシステムやイタリアンリフトなどで頬のたるみを引き締め、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスで頬の皮下脂肪を減らし、余分なバッカルファットを除去することが有効です。
    まずは頬が膨らんでたるんでいく根本的な原因であるバッカルファットを除去することになりました。
    片側卵の黄身1個分くらいのボリュームのバッカルファットを両側から除去しました。
    術後は頬の膨らみが少し減り、重みがなくなったことにより、たるみも少し改善しました。
    この患者様は、今後、ウルセラシステム、イタリアンリフト、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスなどをすると、更に顔が引き締まり、小顔にすることができます。
    若いうちにバッカルファットを除去しておくと、加齢と共にバッカルファットが下垂して頬がたるむのを予防するので、エイジングケアの観点からして非常に有用です。
    バッカルファット除去は、早い段階でやれば早い段階であるほど、手術をした時点からエイジングケア効果があるので効果が望めます。
    かといって、年齢がいっていると手遅れで効果がないわけではなく、例えば70才代でバッカルファットを除去した場合でも、頬のたるみは改善し、その時点からエイジングケア効果もあるので有用です。

  • 料金

    バッカルファット除去
    ¥300,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    バッカルファット除去 手術後に処方する抗生剤や痛みどめによるアレルギー症状

  • 担当医

    高須幹弥 医師

20代 / 男性
  • 施術方法

    バッカルファット除去

    • バッカルファット除去,20代男性患者様のバッカルファット除去の症例写真の術前術後画像の解説,Before,ba_buccalfat04_b.jpg

      Before

    • バッカルファット除去,20代男性患者様のバッカルファット除去の症例写真の術前術後画像の解説,After(3ヶ月後),ba_buccalfat04_a01.jpg

      After(3ヶ月後)

    20代男性の患者様で、バッカルファット除去手術希望で来院されました。
    診察させていただいたところ、両頬の口元の横辺りにバッカルファットによる膨らみがありました。
    患者様のご希望通り、バッカルファット除去手術をすることになりました。
    手術は通常通り、局所麻酔下に、口の中の粘膜を少しだけ切開し、適量のバッカルファットを除去しました。
    必要以上に頬が痩けないように、両側で卵の黄身1個半分くらいのバッカルファットを除去しました。
    術後は、両頬の口元の横の膨らみが程よく平らになりました。
    この患者様のように、若いうちにバッカルファットを除去しておくと、将来、年をとって頬がブルドックのようにたるみ、法令線やマリオネットラインが深くなる予防になります。

  • 料金

    バッカルファット除去
    ¥300,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    バッカルファット除去 手術後に処方する抗生剤や痛みどめによるアレルギー症状

  • 担当医

    高須幹弥 医師

  1. <<
  2. <
  3. 14
  4. 15
  5. 16
  6. >
  7. >>

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

全国の高須クリニックの
医院一覧