2の症例があります。

現在の
検索条件

ドクター

すべてのドクター

性別

なし

年代

なし

診療科目

豊胸シリコンバッグプロテーゼを除去と同時に脂肪注入豊胸

再検索する

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

60代 / 女性
  • 施術方法

    豊胸シリコンバッグプロテーゼを除去と同時に脂肪注入豊胸 / 他院で受けた手術の修正(豊胸・バスト・乳首)

    • 豊胸シリコンバッグプロテーゼを除去と同時に脂肪注入豊胸,他院で受けた手術の修正(豊胸・バスト・乳首),豊胸シリコンプロテーゼ除去と同時にバスト脂肪注入した症例写真,Before,ba_shibo_hokyo_removal002_b01.jpg

      Before

    • 豊胸シリコンバッグプロテーゼを除去と同時に脂肪注入豊胸,他院で受けた手術の修正(豊胸・バスト・乳首),豊胸シリコンプロテーゼ除去と同時にバスト脂肪注入した症例写真,After(6ヶ月後),ba_shibo_hokyo_removal002_a01.jpg

      After(6ヶ月後)

    60代女性の患者様で、約15年前に豊胸手術を受けているとのことでした。
    診察させていただいたところ、乳腺下にシリコンバッグプロテーゼが入っており、強い被膜拘縮を起こしていました。
    被膜拘縮により、バストがボール状に変形して、感触も硬くなっていました。
    患者様は、シリコンバッグプロテーゼを取ってしまいたいというご要望でしたが、ペチャンコの垂れた小さい胸に戻るのは嫌とのことでした。
    そのため、シリコンバッグプロテーゼを除去するのと同時に太もも全体とお尻から脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。
    手術は全身麻酔下に行い、最初に太もも全体とお尻から脂肪吸引し、注入用濃縮脂肪を作成しました。
    その後、15年前の豊胸手術のときのワキの傷を再切開し、シリコンバッグプロテーゼを除去し、被膜(カプセル)の周りに脂肪注入しました。
    脂肪注入は左右のバストに100cc弱ずつ注入しました。
    手術後は、バストはプロテーゼが入っていたときより小さくはなりましたが、被膜拘縮はなくなり、自然な形になりました。
    脂肪吸引した太ももとお尻は一回り細くなりました。

  • 料金

    豊胸シリコンバッグプロテーゼを除去と同時に脂肪注入豊胸
    ¥800,000※別途脂肪吸引代がかかります 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

  • リスク・副作用・合併症

    豊胸シリコンバッグプロテーゼを除去と同時に脂肪注入豊胸 皮膚のたるみ・不自然な凹凸や段差(脂肪を吸引しすぎた場合)バストにしこりができる(脂肪を注入しすぎた場合)内出血(術後)仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)感染傷跡が肥厚性瘢痕やケロイドになる可能性手術後に水が溜まる可能性

  • 担当医

    高須幹弥 医師

40代 / 女性

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

全国の高須クリニックの
医院一覧