シャンプーの際、ゴッソリと手に絡みつく抜け毛。鏡に映った姿や写真で髪の分け目が目立つ、髪にボリュームがない…。薄毛・抜け毛にお悩みの女性の多くは、一度はそういった光景を目にして驚いたことがあるのではないでしょうか。

老化が原因となる場合、女性は更年期から、髪の毛が減っているのを実感し、悩まれています。また最近ではストレスを原因とする薄毛・抜け毛も多く、悩むことでさらにストレスを溜めこむという悪循環に陥る場合もあります。

ストレス、円形脱毛症、ホルモンバランスの変化、更年期、加齢での薄毛は、頭髪メソセラピー(HARG療法)で治療できます。「HARGヘアカクテル」を薄毛になっている頭皮へ注射あるいはダーマーローラーにて直接与えていきます。直接毛根に行き届くため、高い発毛・育毛効果が期待できます。
「HARGヘアカクテル」には、毛髪再生のための有効成分グロースファクター(成長因子)150種類以上と、毛髪成長に必要なビタミン等を多く含んだ「育毛メソヘアーカクテル」がブレンドされています。各成分をどの程度配合するか、また注入の方法は、あなたの薄毛・抜け毛の要因(栄養的要因)に合わせて、担当ドクターが調整。効果が実感できる丁寧な施術を行います。

「日本医療毛髪再生研究会」認定クリニック

当院はHARG療法のハンズオントレーニングに参加し、日本医療毛髪再生研究会より国内限定の施術施設として承認されています。

※日本医療毛髪再生研究会
HARG療法を研究する医師グループです。より効果の高い毛髪再生治療の確立と提供を目指し、世界各国の研究者と連携して研究を行っています。また、国内のHARG療法の施設認定も行っています。

グロスファクターを使用した「HARGヘアカクテル」

HARG療法につかうグロスファクター (ヒト成長因子)は、国外(アメリカ・ヨーロッパ・アジア各国)では数千例が臨床で使用され、国内でも2年前から臨床テストなど300例が行われています。
その安全性と効果は世界的にも権威のあるDERMATOLOGIC SURGERYに論文投稿され、文献となっています。

当院も所属している日本医療毛髪再生研究会では、HARGヘアカクテル研究所製造ファクトリーを視察しております。尚、HARGヘアカクテルはアレルギー起因物質も含まない事が確認されています。

こんなお悩みをお持ちの方へ

  1. 以前から薄毛が気になる 
  2. 若い頃と違い、髪の毛に元気がなくなってきた
  3. 円形脱毛症だ
  4. 出産後の薄毛で悩んでいる

施術料金

女性の薄毛治療(HARG療法)

育毛メソセラピー はがきサイズ 6回コース ¥300,000
育毛メソセラピー 頭部全体 6回コース ¥500,000
HARG療法 はがきサイズ 1回 ¥120,000
HARG療法 6回コース ¥600,000
HARG療法 頭部全体 1回 ¥150,000
HARG療法 6回コース ¥750,000

【名古屋】

リスク・副作用・合併症について

女性の薄毛治療(HARG療法)

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例のご紹介

女性の薄毛治療(HARG療法)

  • Before

  • After(4回施術 6ヶ月後)

  • Before

  • After(4回施術 6ヶ月後)

  • Before

  • After(4回施術 6ヶ月後)

担当医からのコメント

頭頂部の分け目の地肌がかなり露出し、生え際の毛髪も細く薄くなっている女性の患者様の症例です。
AGAの治療として、患者様ひとりひとりの状態に合わせて医師がブレンドしたヘアーカクテルを、注射やダーマローラで頭皮や毛根に直接送り込む、HARG療法を行っています。
左側のAfter写真は4回施術後、約6ヶ月経過しています。目立っていた分け目の地肌は随分と埋まり、生え際も産毛がしっかりと太くなっています。髪の毛一本一本の根本も太くなっていることがわかります。

施術の流れ

当院ではお客様がご納得いくまでカウンセリングを行い、施術後のアフターケアもしっかりとサポートさせていただきます。

術前・術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 なし
術後の腫れ なし
カウンセリング当日の治療 予約に空きがあれば可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔
シャワー

リスク・副作用・合併症について

  • 内出血について

    頭髪メソセラピーなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
    注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
    むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
    内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
    私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
    程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
    しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
    また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

  • 質の良い注射針のみを使用

    高須 幹弥 医師
    高須 幹弥 医師

    当院の手術の際の局所麻酔注射、ヒアルロン酸注射、ボツリヌストキシン注射の際の注射針には、国産のテルモ針、エンジェルニードルなど、質の良いものだけを使用しています。

    一般的に、注射針は、より細く、より切れの良いほうが痛みが少なくなっています。当院で使用している注射針は、細さと切れ味を追及した質の良い注射針。針を刺す際の痛みが少なく、少しでも患者様の苦痛を少なくするために最善の努力をしています。

    高須クリニックの注射針の特徴
    ①針の細さ

    注射をするときの痛みは、一般的に、細い注射針ほうが少なく、太い注射針のほうが痛みが強くなります。それは、皮膚や粘膜に注射する際、注射針で皮膚や粘膜の表面に小さな穴を空け、針先が中に入っていくからです。当然、細い針のほうが表面を傷つけるダメージが少なく、痛みが少なくなります。

    しかしながら、注射する部位によっては、あまりに細すぎる注射針を使用すると、針が皮膚の硬さに負けてしまい、刺さらない場合も。当院では様々なG(ゲージ)※の注射針を取り揃えており、皮膚の硬さに負けない硬さの注射針で、細いものでは30~34G(ゲージ)※のものをご用意しています。

    注射する部位によって使用する針を替え、少しでも患者様の痛みが少なくなるように努力しています。

    ※G(ゲージ):注射針の太さの単位。 数字が大きいほど細くなります。

    ②針の外径に対して内径が大きい

    当院では、針の外径に対して内径の大きい注射針を使用。
    麻酔液やヒアルロン酸、ボツリヌストキシンなどを注射する際、薬液は注射針の内腔を通過して注入されます。

    外径に対して内径が大きい注射針のほうが、薬液が内腔を通過する時の圧力に対する外径の太さが細いため、その分、細い針を使用することができます。結果的に患者様の痛みが少なくなります。

    一般的な注射針。内腔が小さい。外径に対して内径が大きい注射針。内腔が大きいため、その分外径が小さくなり、刺すときの痛みが少なくなる。
    ③針の切れ味が鋭い

    当院では切れ味の鋭い注射針を使用。
    切れ味が鋭い注射針は、皮膚や粘膜を貫く際、抵抗が少なくスムーズに針が入っていくため、痛みが少なくなります。

    ④様々な長さの注射針を取り揃えている

    一般的に、薬液を注入する際、浅い層に注入する場合は短い注射針を用い、深い層に注入する際は長い注射針を用います。
    当院でも同じように、皮膚の狭い範囲に注入する際には短い注射針を用い、広い範囲に注入する際には長い注射針を用いて注射を行っています。

    特に、広い範囲に注入する場合、短い注射針で行うと、何回も針を刺すことになってしまい、その分、患者様の痛みが強くなります。そのため、広い範囲に注入時には、少しでも痛みを軽減させるために専用の長いカテラン針などを使用しています。

ドクターズボイス

高須幹弥医師

高須幹弥 医師

薄毛・抜け毛や脱毛症でお悩みの方は、是非一度カウンセリングをお受けください。
あなたの脱毛の原因に合わせて適切な治療をご提案します。
高須クリニックでは、抜け毛を減少させ、発毛を促進させるプログラムをご用意いたしております。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00