ミディアムリフトのキャプチャ(写真)解説

頬やフェイスラインのたるみが目立っている女性患者様です。

法令線やマリオネットラインも目立っています。
ミディアムリフトを行います。

手術前のデザインです。

こめかみから頭髪内、耳前部を通り、耳たぶの後ろまで皮膚切開します。
点線は剥離する範囲です。

それでは手術を始めていきます。

手術は局所麻酔で行います。
患者様のご希望があれば全身麻酔で行うこともできますが、今回は特別ご要望がなかったので局所麻酔で行います。

局所麻酔注射をします。

事前に麻酔クリームを塗ってあるので痛みはそれほど強くありません。
最初に左右の局所麻酔注射をしてしまうので、これが終わってしまえば、あとは手術中に痛いことはありません。

局所麻酔がよく効いたら手術を始めていきます。

デザイン通りにメスで皮膚切開します。
ここからは痛みは全くありません。

皮膚切開が終わったら、先が鈍のスーパーカット剪刀で皮下剥離をします。

 

皮下剥離の際に耳前部のリテイニングリガメントは切離することになります。

SMAS(スマス)の処理をする部分までは皮下で剥離します。

必要に応じてバイポーラーで電気凝固止血します。

 

皮下剥離が終わりました。

 

皮下剥離が終わったら、SMASの処理に入ります。

プライケーション(引き上げ)する部分の余分なSMASと皮下脂肪を切除します。
切除するほうがバルキーにならないし、単にそのままプライケーションするよりよくリフトアップするからです。

SMASを切除した部分からSMAS下を剥離していきます。

頬骨弓~頬骨体部から立ち上がっているリテイニングリガメントが見られます。
必要に応じて切離して処理します。

耳下腺の前縁から立ち上がっているリテイニングリガメントも必要に応じて切離して処理します。

 

SMASやリテイニングリガメントの処理が終わったら、SMAS弁をプライケーションし、引き上げ固定します。

今回は斜め上45°くらいの方向に引き上げ固定します。

斜め上45°でSMAS弁を挙上し、1針縫合固定しました。

 

追加でSMASの縫合固定を行い、補強します。

この縫合は全て3-0PDSで行います。
PDSは吸収糸(溶ける糸)ですが、溶けて吸収されるまで3~6ヶ月程度かかります。
吸収されるまでにSMAS弁が周りの組織と癒着するため、この効果は永続します。

SMAS弁の引き上げ縫合固定が終わりました。

 

この時点で皮膚を戻して被せるとこんな感じです。

たるみが全体的に引き上がった分、相対的に皮膚が余っているのがわかります。
あとは余分な皮膚を切除して、皮膚縫合して終了です。

余分な皮膚をスーパーカット剪刀で切除します。

 

皮膚切除した部分を4-0PDSで真皮縫合(中縫い)します。

 

さらに耳前部の余分な皮膚をピオクタニン(デザインするための色素)でデザインします。

 

デザインした部分の余分な皮膚を切除します。

 

余分な皮膚の切除と真皮縫合が終わりました。

 

あとは表面を6-0青ナイロン(非吸収糸)で細かく丁寧に縫合して手術終了です。

 

表縫いも終了し、手術終了しました。

この表の縫合糸は約1週間後に抜糸をします。

手術直後の状態です。

顔の両サイドは腫れていますが、顔の真ん中はそれほど腫れていません。

傷跡は、抜糸して時間が経つとほとんどわからなくなります。

 

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    ミディアムリフト手術前デザイン解説 ミニリフトとフルフェイスリフトの中間です

  • 施術①
    閲覧注意!ミディアムリフト手術前局所麻酔注射 ミニリフトとフルフェイスリフトの中間です

  • 施術②
    閲覧注意!ミディアムリフト手術映像① 左右の皮膚切開、皮下剥離

  • 施術③
    閲覧注意!ミディアムリフト手術映像② 左側皮下剥離後止血、スマス(SMAS)の処理、引き上げる

  • 施術④
    閲覧注意!ミディアムリフト手術映像③ 右側皮下剥離後止血、スマス(SMAS)の処理、引き上げる

  • 施術⑤
    閲覧注意!ミディアムリフト手術映像④ 右側スマス(SMAS)の処理、引き上げ後、余分な皮膚を切除、皮膚縫合

  • 施術⑥
    閲覧注意!ミディアムリフト手術映像⑤ 右側皮膚縫合(真皮縫合後の表縫い)

  • 施術⑦
    閲覧注意!ミディアムリフト手術映像⑥ 左側スマス(SMAS)の処理、引き上げ後、余分な皮膚を切除

  • 施術⑧
    閲覧注意!ミディアムリフト手術映像⑦ 左側皮膚縫合(真皮縫合後の表縫い)

  • 術後①
    ミディアムリフト手術直後の腫れている映像 術後の経過、ダウンタイムについて

  • 術後②
    ミディアムフェイスリフト術後6日目の腫れ 経過、ダウンタイム、痛み、傷跡について

  • ミディアムリフトの施術の詳細

ミディアムフェイスリフトで頬のたるみを改善し、法令線が浅くなった30代女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、頬のたるみ、フェイスラインの乱れ、はっきりと深く刻まれた法令線などを気にされていました。
診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体の肌の張りがなくなってきており、特に頬がたるんでいました。
痩せているため、皮膚の張りがなく、法令線が目立っていました。
患者様は切ることには抵抗ないので、なるべくしっかりとたるみをリフトアップし、若返りたいというご要望でしたので、ミディアムフェイスリフトをすることになりました。
手術は、こめかみの頭髪内から耳前部、耳の少し後ろまで皮膚を切開し、皮下でリテイニングリガメントを外した後、余分なSMAS(スマス)を切除して、表情筋膜を引き上げ固定しました。
術後は綺麗に顔の下半分がリフトアップされ、フェイスラインがすっきりしました。
また、頬のたるみが改善したことにより、法令線が少し浅くなりました。
この患者様のように、痩せていて皮膚が薄く、骨格的にシャープな輪郭をしている人は、リフトアップ手術をすることにより、法令線が浅くなって目立たなくなることがあります。
ただし、皮膚の厚い人、顔に肉厚がある人、骨格的に頬骨やエラが発達している人、大きな丸顔の人などは、リフトアップ手術をしても、法令線の上部にある皮膚や脂肪のたるみまで引き上げる力が伝わらず、フェイスラインのたるみは改善しても、法令線はあまり改善しないことがあります。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大