額形成手術(骨セメントでおでこを丸く出す)キャプチャ(写真)解説
~高須幹弥の術式の場合~

この患者様の額形成手術をします。

骨セメント(人工骨、バイオペックス®)を用いて、平らで貧弱なおでこを、丸くぽっこり可愛らしいおでこにします。

眉毛の部分の骨は前方に出ていて、その上の部分は窪んで段差になっています。

 

デザインペンで骨セメントを充填する部分をマーキングします。

 

手術は局所麻酔で行います。

患者様のご希望があれば全身麻酔で行うこともありますが、この患者様は局所麻酔で行うことになりました。
まずは、眼窩上神経、滑車上神経をブロックするために、眉毛の上の辺りから局所麻酔注射をします。
事前に麻酔クリームを皮膚に塗ってあるので、麻酔注射の痛みはそれほど強くありません。
局所麻酔液は元々酸性ですが、人体のPHに近づけるためにPH緩衝液を局所麻酔液に混入しています。
そのことにより、局所麻酔液を注入する痛みが非常に軽減されます。

両側冠状切開の切開線のデザインも局所麻酔注射し、手術範囲内をフィールドブロックします。

フィールドブロックすることにより、このフィールド内全体に麻酔がかかるため、これ以上局所麻酔注射をする必要がなく、注入する局所麻酔液の量を最小限に抑えることができます。

フィールドブロックが終わり、手術範囲全体に麻酔がかかったため、手術を始めていきます。

 

両側冠状切開のデザイン通りにメスで頭皮を切開します。

毛髪を損傷しないように、毛包を切断しないようにメスを入れます。
メスで帽状腱膜まで切開します。

メスでの皮膚切開、帽状腱膜切開が終わりました。

 

次に、帽状腱膜と骨膜の間を剥離していきます。

ペリクラニウムフラップを厚くし、血流量も維持させるため、中間のモヤモヤの組織はなるべく骨膜側につけるようにします。

この剥離層は、ネイティブアメリカンが頭の皮を剥くときと同じレイヤーです。

非常にスムーズに剥離することができます。

TPFと側頭筋の固有筋膜の間はペリクラニウムフラップはかんけいないので、ラスパや手で鈍的に剥離するのがスムーズです。

TPF側には顔面神経側頭枝が含まれているので、神経を損傷しないようにするためには、メスやハサミで鋭的に剥離するより、寧ろラスパや手で鈍的に剥離するほうが安全だと考えています。

帽状腱膜と骨膜の間の剥離がある程度進み、骨セメントをペーストする範囲を越えたら、次は骨膜下に入っていきます。

 

メスで骨膜を切開します。

 

ラスパ(骨膜剥離子)で骨膜を剥離していき、前頭骨を露出していきます。

 

骨セメントをペーストする部分の前頭骨を全体的に露出するため、頭側の骨膜も剥離します。

 

骨セメントをペーストする部分の前頭骨を露出しました。

 

真横から見ると、眉毛の部分の骨が出っ張っている部分の上が窪んでおり、段差になっているのがわかります。

この部分を中心に骨セメントを充填します。

前頭骨の骨セメントをペーストする部分にピオクタニンでマーキングします。

 

前頭骨に骨セメントをペーストする準備ができたら、今度は骨セメントの準備をします。

使用する骨セメントはバイオペックス®です。

粉っぽいのが完全になくなるまでしっかりこねます。

 

しっかりこねて、粉っぽいのやつぶつぶがなくなったら、骨セメントを前頭骨にペーストします。

 

段差ができないように、指先で綺麗に満遍なく広げていきます。

この作業は急いでやらないと骨セメントが固まってしまうので、丁寧且つ迅速に行います。

綺麗に骨セメントをペーストすることができました。

あとはこの状態で、骨セメントが固まるまで数分間待ちます。

数分間経過し、骨セメントが固まりました。

 

頭皮を被せてみると、おでこが綺麗に丸くなっているのがわかります。

 

あとは、骨膜を縫合し、骨セメントを骨膜で覆うようにします。

骨膜縫合は4-0PDS(吸収糸)で行います。

骨セメントで充填している分ボリュームが増えていることもあり、完全に骨膜同士を合わせて縫合することはできず、隙間が生じますが、可能な限り骨膜同士を寄せるようにします。

 

骨膜縫合が終わりました。

隙間がありますが、頭皮を被せるともう少し骨膜同士が寄り、隙間は狭くなります。

あとは頭皮を被せ、帽状腱膜同士を縫合します。

3-0PDS(吸収糸)を用いて縫合します。

テンションを減張するため、細かく縫合します。

 

最後に頭皮をステイプラー(皮膚縫合専用のホッチキスです)で縫合します。

糸で頭皮を縫合するのではなく、ステイプラーを用いる意味は、頭髪の毛包組織を損傷しないようにするためです。
糸で頭皮を縫合すると、頭髪の毛包組織をぐるっと一周巻き付けてしまうため、毛包組織を損傷して、その部分の毛が生えなくなって、禿頭(ハゲのこと)になってしまう可能性があります。
ステイプラーだと、頭皮を挟み込んで創縁を合わせるため、毛包組織を損傷することがなく、禿頭のリスクを軽減することができます。

丁寧に頭皮同士を寄せてステイプラーで留めていきます。

 

手術が全て終了しました。

綺麗におでこが丸くなっているのがわかります。

今回解説した施術の動画一覧

  • カウンセリング
    額形成術① 手術前のデザイン解説 人工骨セメント(ハイドロキシアパタイト)で平らなおでこを丸くする

  • 施術①
    閲覧注意!額形成術② 手術前の局所麻酔注射 人工骨セメント(ハイドロキシアパタイト)で平らなおでこを丸くする

  • 施術②
    閲覧注意!額形成術③ 皮膚切開、帽状腱膜下剥離、骨膜剥離、前頭骨露出 人工骨セメント(ハイドロキシアパタイト)で平らなおでこを丸くする

  • 施術③
    閲覧注意!額形成術④ 前頭骨に人工骨をペーストするデザイン 人工骨セメント(ハイドロキシアパタイト)で平らなおでこを丸くする

  • 施術④
    閲覧注意!額形成術⑤ 人工骨の作成 人工骨セメント(ハイドロキシアパタイト)で平らなおでこを丸くする

  • 施術⑤
    閲覧注意!額形成術⑥ 人工骨ペースト後、骨膜の縫合 人工骨セメント(ハイドロキシアパタイト)で平らなおでこを丸くする

  • 施術⑥
    閲覧注意!額形成術⑦ 帽状腱膜の縫合 人工骨セメント(ハイドロキシアパタイト)で平らなおでこを丸くする

  • 施術⑦
    閲覧注意!額形成術⑧ 皮膚(頭皮)の縫合 毛が薄くならないようにステイプラー(ホッチキス)で縫合します

  • 施術⑧
    閲覧注意!額形成術⑨ 手術直後の腫れている状態 術後経過のダウンタイム、痛みはわずかです 人工骨セメント(ハイドロキシアパタイト)で平らなおでこを丸くする

  • 術後①
    高須クリニック 額形成手術 術後1週間ダウンタイム経過映像 腫れ、痛みはわずかです 人工骨(ハイドロキシアパタイト)で平らなおでこを丸くする

  • 術後②
    額形成術 手術後2週間の経過動画 腫れ、痛み、傷跡について 平らなおでこを人工骨で丸くする

  • 額形成(人工骨セメント)の施術の詳細

狭くて平らなおでこに人工骨で額形成手術を行い、ぽっこり丸いおでこにした症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(4ヶ月後)
Before After(4ヶ月後)
Before After(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、平らで狭いおでこを気にされていました。
診察させていただいたところ、前頭骨の額の部分が平らであり、そのせいで額が狭く見えていました。
ぽっこり出た丸くて可愛いおでこにしたいというご要望でしたので、ヒアルロン酸を注射しておでこを丸く出す方法と、手術で人工骨セメントを前頭骨の平らな部分にペーストして丸く出す方法があることを説明させていただいたところ、永久的な効果の治療を希望されたため、人工骨セメントによる額形成手術をすることになりました。
手術は局所麻酔下に頭部を冠状切開し、前頭骨を露出させ、人工骨セメント(バイオペックスR)を12ccペーストし、平らな前頭骨がぽっこり丸くでるようにしました。
術後は平らだったおでこがぽっこりと丸く出て、非常に可愛らしい印象になりました。
また、額が丸く出たことにより、狭く見えていたおでこが少し広く見えるようになり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大