顔の施術について

アイラインを引くと奥二重のようになってしまうのが嫌なので幅の広い二重に手術したい人へ

二重まぶた手術希望の女性患者様のカウンセリングをしているとよく、「狭い二重だと、アイラインを引いたり、マスカラつけたり、つけまつ毛したときに二重の幅が見えなくなって奥二重みたいになるのが嫌なんです」「アイライン引いたり、マスカラつけたり、つけまつ毛しても、ちゃんと二重の幅が見えるような二重にしてください」と御要望いただきます。彼女達の多くは、「狭い二重だと、すっぴんのときは二重の幅が見えるので良いが、化粧をすると二重の幅が見えなくなるので嫌」という意見です。

このような御要望をされる患者様は数年前から徐々に増えてきました。何故数年前から増えてきたのかというと、日本の女性が化粧などで小さい目を大きく見せる技術というのは、ここ数年で急激に進歩し、浸透してきたからです。まつ毛エクステ、カラコン、リファインなどが浸透したのも数年前からだし、ファッション雑誌などでデカ目に見せる方法などの特集もよく見られます。

アイラインの幅+α
アイラインを引いても二重の幅が見えるためには目を開いた状態でアイラインの幅+αの二重幅が必要

アイラインを引いても二重の幅が見えるようにするには、例えば、アイラインを1mmの幅で引いて、目を開けた状態で二重の幅の肌色の部分(アイラインを引いた部分の上の部分)が1mm見えてほしいのであれば、目を開けた状態で二重の幅が2mm見えるようにデザインして手術する必要があるということになります。目を開けた状態でアイラインの幅+αの二重幅を作らなくてはならないため、アイラインを幅広く描く人ほど幅の広い二重を作る必要があります。となると、派手なアイメイクをした状態なら、ほとんどの人は問題ありませんが、元のまぶたが分厚い人だと、幅の広い二重を作った場合、すっぴんの目が不自然になることが多いです。元のまぶたが薄い人が埋没法やミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術などで幅の広い二重を作った場合は、アイメイクしたときもすっぴんのときも自然に仕上がることが多いです。

しかし、元のまぶたが分厚い人が埋没法やミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術などで幅の広い二重を作ると、目を開けた状態で二重のラインの下の皮膚がぷっくりと膨らんだり、目を閉じた状態で傷が食い込んで目立ったりすることがあります。元のまぶたが分厚い人は、眼窩内脂肪やROOFを切除すれば、ある程度まぶたを薄くすることは可能ですが、元々まぶたが薄い人ほど薄くすることは物理的に不可能です。そのため、元のまぶたが分厚い人が、アイラインを引いても奥二重のように見えないように幅の広い二重にすると、化粧をしたときは良くても、すっぴんの目が不自然になってしまうことが多いです

元のまぶたが分厚い人を確実に自然な二重にする場合は、奥二重か、せいぜい目を開けた状態で1mmくらいの幅の二重にしなければなりません。そうすると当然、アイラインを引いてもはっきりと幅の見える二重にはなりません。元のまぶたが分厚い人が、どうしてもアイラインを引いてもはっきり幅の見える二重にしたければ、少し不自然になるのを覚悟して二重の幅を広くする必要があります。その場合、幅を広くすればするほどより不自然になるので、重瞼棒で確認しながら、自分の納得のいく幅で妥協していただくことになります

ただし、「化粧したときの目が良ければすっぴんの目はどうでも良い」という意見の人は、最初から自分の納得のいく幅で二重を作っても大丈夫です。

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、5年前に他院で埋没法で二重にしたのですが、だんだん幅が狭くなってきてしまい、目尻側だけ二重になっている狭い末広型の状態で、ほぼ奥二重になっていました。
患者様はやや幅広の平行型二重を希望されていたので、全切開法で脂肪を切除して、永久に戻らない二重を作ることをご提案しましたが、仕事を1週間休むことができず、ダウンタイムが取れないため、埋没法をすることになりました。
しかし、この方のような厚いまぶたに埋没法でやや広めの二重を作ると、すぐに糸が緩んで元に戻ったり、幅が狭くなってしまうため、目を閉じた状態で約7mmの位置で埋没固定しました。
この方は蒙古襞が発達しているため、7mmの位置の二重では末広型のままでしたが、まぶたの内側の奥二重の部分の皮膚の被さり上がったため、まぶたの開きが良くなり、黒目の見える面積が大きくなって、目が大きく見えるようになりました。
また、この方は元々眉の高さに左右差があり、左の眉が右の眉に比べ約5mm高いため、左右同じ位置で埋没固定した結果、目を開けた状態での二重の幅に僅かな左右差が生じました。
この左右差を修正するためには、右の眉にブローリフトを行う必要がありますが、患者様はそこまで希望せず、多少の左右差は気にならないとのことだったので、行いませんでした。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・埋没法

片目 ¥50,000 / 両目 ¥90,000 【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥90,000 / 両目 ¥170,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・ミニ切開(部分切開)

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、元々一重まぶたで細い目だったので、ぱっちり二重にしたいという御要望でした。
やや幅広めが御希望だったので、目を閉じた状態で、約9mmの位置で切開し、二重を作りました。
まぶたの厚みはそれほどなかったので、ROOFは切除せず、眼窩内脂肪はわずかに切除しました。
ミニ切開法なので、皮膚は切除していません。
術後は、目を開けた状態で、黒目の中心の上の二重の幅は約1.5mmになりました。
また、元々蒙古襞の形に微妙な左右差があったため、右目の目頭の二重の形はほぼ平行型に、左目の目頭の二重の形は平行型と末広型の中間くらいになりました。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
術前は完全な一重まぶたで、まぶたの皮膚が厚く、たくさん脂肪が付いており、目の上に重くのしかかっていました。
重たいまぶたがまつ毛の生え際にのっていたため、まぶたが開けずらい状態になって、目が細くなっており、黒目が6割ほどしか見えていませんでした。
また、重いまぶたのため、無意識にまぶたを開けようとして、眉を挙げており、眉から目までの距離が広がっていました。
手術は二重まぶた全切開法で、自然な末広型二重を作りました。
目を閉じた状態で約7mmの位置で切開して、眼窩内脂肪とROOFを切除し、皮膚切除はしませんでした。
術後はまぶたが軽くなったことにより、黒目が約8割見えるようになりました。
また、眉が下がったことにより、眉から目までの距離が狭くなりました。
この方のように、まぶたの皮膚が厚く、蒙古襞が発達している場合は、目を閉じた状態で6~7mm程度の位置で末広型の二重を作ると自然に仕上がります。
無理して幅を広げたり、平行型二重を作ると、ぷっくりとした不自然な二重になることがあります。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・全切開法

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大