顔の施術について

二重まぶたミニ切開法や全切開法をして、伏し目になったときに切開線の傷のくい込みが目立って不自然になることはあるのか?

二重まぶたミニ切開法(部分切開法、小切開法)や全切開法希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「よくネットの書き込みで、二重まぶた切開法をすると、伏し目になったときに切開線の傷の食い込みが目立って不自然になるって書いてあるんですが、本当ですか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「その人のまぶたに合った自然な幅のラインで二重まぶたミニ切開法や全切開法をした場合は、目を開けた状態の二重も自然だし、完全に目を閉じた状態や伏し目になったときも切開線の傷の食い込みが目立つこともなく自然になります」「その人のまぶたに合った自然な幅のラインよりもやや幅広いラインで二重まぶたミニ切開法や全切開法をした場合は、目を開けた状態の二重がやや不自然になります。また、完全に目を閉じた状態だとまぶたはほぼ平らになりますが、伏し目になったときに切開線の傷がくい込んでやや不自然になることがあります。」「その人のまぶたに合った自然な幅のラインよりもかなり幅広いラインで二重がミニ切開法や全切開法をした場合は、目を開けた状態の二重は不自然になります。また、完全に目を閉じた状態で切開線の傷が食い込んだり、切開線の下が窪んで不自然になり、伏し目になったときも切開線がくい込んで不自然になります。」です。

全切開の手術跡
その人のまぶたにあった自然な幅の場合は目を閉じても傷跡は目立ちません

二重まぶたミニ切開法や全切開法は、作る二重のラインの下の余分な組織を適量切除して、その部分の皮膚を瞼板前結合組織などに癒着させることにより、永久にとれない二重を作る手術です。その人のまぶたに合った自然な幅のラインで二重を作る場合は、切除する組織の量が少なくて済むので、完全に目を閉じた状態や伏し目になったときに、切開線の傷の食い込みが目立つこともなく自然になります。

しかし、その人のまぶたに合った自然な幅のラインよりも幅広いラインで切開する場合は、まぶたの上のほうの厚い部分の組織を大量に切除して癒着させる必要があるので、伏し目になったときや完全に目を閉じた状態で、切開線の部分がくい込んで、不自然に見えることがあります。そのため、元のまぶたが薄い人はある程度幅広いラインで切開しても問題ありませんが、元のまぶたが厚い人は、その人に合ったラインよりも広い幅で切開すると、伏し目になったときに切開線がくい込んで不自然に見えたり、程度が強い場合は、完全に目を閉じた状態でも切開線がくい込んだり、切開線の下の部分が窪んだりするので、注意が必要です

ただし、自分がなりたい幅広い二重になれば多少不自然になっても良いという人や、化粧したときの顔が良ければすっぴんの顔はどうでも良いという人は、幅広い二重にしても問題はありません。

症例写真
■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開、目尻切開、垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)も施行

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、小さな目がコンプレックスで、目を一回り大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、まぶたの開きは悪くないのですが、眼球が小さいため、目の縦幅、横幅共に小さいという状態でした。
また、二重まぶたでしたが、目を開けた状態で、二重の幅がわずかに見えている程度の二重でした。
手術は、二重まぶたミニ切開法、目頭切開、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を同時に行い、二重の幅を広げ、目を一回り大きくすることになりました。
二重の幅は、あまり広げすぎると、まつ毛の生え際に皮膚が被さり、まぶたの開きが悪くなり、かえって眠たそうな目になるため、二重まぶたミニ切開法は、末広型のまま、少し二重の幅を広げる程度のデザインで行いました。
目頭切開はZ法で行い、目がキツくなったり寄り目にならない程度に、約1.5mmずつ内側に広げました。
目尻切開はW法に準じて行い、最大限1.5mmずつ外側に広げ、同時に上下にも広げました。
タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、下三白眼にならないように、下まぶたの黒目の真下は下がらないように、黒目の外側を約2mmずつ下げるようにしました。
術後は目が自然な範囲内で二重の幅が広がって、目の横幅、縦幅が大きくなったため、目が一回り大きくなりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

目頭切開

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

目尻切開

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開も施行

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、幅が広めの平行型二重を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、過去に二重まぶた埋没をしていますが、糸が緩んで二重のラインがはっきりしておらず、左右非対称の目になっていました。
蒙古襞が張っており、目の横幅が小さく、目と目の間隔がやや広がっていました。
また、アイプチ、アイテープ、メザイクなどを繰り返していたため、まぶたの皮膚が被れて分厚くなっており、シワが何本もできていました。
手術は、目頭側に幅がある綺麗な平行型二重を作るために目頭切開を行い、二重まぶたミニ切開法で幅が広めの平行型二重を作ることになりました。
目頭切開は蒙古襞の形に合わせてZ法で行い、内側に約1.5mmずつ広げました。
二重まぶたミニ切開法は、蒙古襞を乗り越えるように幅が広めの二重を作り、平行型二重になるようにしました。
皮膚切除、眼窩内脂肪、ROOF切除はしていません。
術後は患者様の希望通りの幅が広めの平行型二重になりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

目頭切開

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大