顔の施術について

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)で噛む力が弱くなったり噛みにくくなることはあるのか?

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)希望の患者様のカウンセリングをしていると時々、「ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)すると噛む力が弱くなったり噛みにくくなることはありますか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)をして、一時的に噛む力が弱くなった気がするという患者様が稀にいらっしゃいますが、代償的に他の筋肉が使われるようになるため、すぐに噛む力は戻り、日常生活に支障がでることはないので心配ありません」です。

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)は、噛む筋肉である咬筋にボツリヌストキシンを注射し、咬筋を萎縮させることにより、エラの張りをとり、小顔にする治療です。咬筋が萎縮してくると、一時的に噛む力が弱く感じることがあります。

しかし、噛む筋肉は咬筋以外に、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋の3つがあり、ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)により咬筋が萎縮し、噛む力が一時的に弱くなっても他の3つの筋肉が代償的に働くようになるため、噛む力はほとんど元に戻ります。一時的に噛む力が弱くなったときも、「固い肉などをたくさん食べてるとちょっと顎が疲れる」という程度で、日常生活に支障がでるレベルではないので心配ありません

症例写真
■ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)


(2ヶ月後)


(2ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、エラが張っているのを気にされており、エラをすっきりさせて、小顔になりたいという御要望でした。
診察させていただいたところ、エラの骨と筋肉(咬筋)が発達していました。
このような方を小顔に治療する場合、エラの骨を削るか、ボツリヌストキシン注射でエラの筋肉を萎縮させるかのどちらかになります。
しかし、30才を過ぎて、エラの骨を大きく削ると、頬の皮膚が余り、顔がたるむことになります。
また、「ダウンタイムがとれない」「大掛かりな手術はしたくない」などの理由で、ボツリヌストキシン注射をすることになりました。
頬が痩けたり、顔がたるんだりしないように、咬筋の下顎角付着部のみにボツリヌストキシン注射をしました。
術後は程よくエラがすっきりして、シャープな輪郭になり、頬が痩けたり、顔がたるむことなく小顔になりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)

1回 ¥150,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大