顔の施術について

必読!二重まぶた埋没法、切開法の手術前のデザインの際、目を開けた状態で何mmかに拘るのは良くない?

二重まぶた埋没法、ミニ切開法、全切開法希望の患者様のカウンセリングのとき、重瞼棒で二重を作り患者様に鏡で確認していただく際、稀に、「この二重は目を開けた状態で何mmですか?」とご質問いただきます。また、「目を開けた状態で二重の幅が○mm見えるようにお願いします」などのご要望をいただくことがあります。また、芸能人などの写真を見せて、「この人の二重みたいに、目を開けた状態でこれくらい二重の幅が見えるようにしてほしいです」などのご要望をいただくことがあります。

しかし、私の意見としては、手術前の二重まぶたのデザインの際に、目を開けた状態で二重の幅が何mm見えるかに拘ると、手術後に、思っていたより狭すぎたり広すぎる二重の幅になってしまうことが多いので、何mmかに拘らず、重瞼棒で作った二重を鏡で確認し、そのインプレッション(印象)で予定の二重幅を決定するほうが良いです。何故なら、目を開けた状態での二重の幅は、ちょっとした要因で大きく変化するからです。

例を挙げると、
  • 目力を強めに入れると、目を開けた状態での二重の幅は狭くなり、目力を弱めると、目を開けた状態での二重の幅は広くなる。
    〈例〉目力の入れ具合で、目を開けた状態の二重の幅が4mmになることもあれば、0mmになって奥二重になることもある。
  • 眉毛を上げると、目を開けた状態での二重の幅は広くなる。
    微妙な眉毛の上げ下げだけで、目を開けた状態での二重の幅は大きく変化する。
  • 写真の場合、顔の角度によって、目を開けた状態での二重の幅は大きく変化する。
    〈例〉下から煽って写真を撮ると、二重の幅が3~4mm見えることがあっても、上から写真を撮ると、奥二重くらい狭くなることがある。
  • 鏡で自分の顔を見る場合、顔の角度によって、目を開けた状態での二重の幅は大きく変化する。
    〈例〉正面からまっすぐ鏡を見るときは二重の幅が3mmあっても、顎を引いて鏡を見ると、奥二重くらい狭くなることがある。
などです。

その他にも、色々な要因によって、目を開けた状態での二重の幅は大きく変化します。

そのため、手術前に目を開けた状態での二重の幅に拘り過ぎると、手術後、腫れが引いて完成したとき、思っていたのと違う二重の幅になったり、不自然で似合わない二重になることが多いです

二重まぶたのデザインの際は、目を開けた状態で二重の幅が何mmかに拘るのではなく、担当医に重瞼棒を当ててもらって二重を作ったのを鏡で確認し、そのインプレッション(印象)で二重の幅、形を決定するのが最も確実です

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、やや幅広めの平行型二重を希望されていました。
まぶたの皮膚がやや厚いため、埋没法で広目の二重を作ると糸が緩んで戻りやすいので、ミニ切開法をご提案しましたが、まずは埋没法でやってみて様子をみたいとのことでした。
蒙古襞があまり発達していないため、目を閉じた状態で約8mmの位置で固定したところ、自然に平行型二重になりました。
この方くらい幅を広めに埋没法をすると、数ヶ月~数年の経過で糸が緩んでだんだん幅が狭くなったり、ラインがはっきりしなくなってくるので、いつかミニ切開法をするのが良いです。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・埋没法

片目 ¥50,000 / 両目 ¥90,000 【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥90,000 / 両目 ¥170,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

(4ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、元々眼球が小さいため、目の縦幅、横幅が小さく、目と目の間隔も離れていました。
また、過去に二重まぶた埋没法やアイプチ、アイテープ、メザイクを繰り返しており、まぶたの皮膚が荒れ、二重のラインが一定せず、左右非対称の二重でした。
患者様は幅広い平行型二重を希望されており、元に戻らない手術方法がよいということだったので、二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
手術は皮膚切除は行わず、適度に眼窩内脂肪を除去し、幅広いラインで二重を作りました。
過去に行った埋没法の糸は除去しました。
ROOFは切除しませんでした。
この患者様はそれほど蒙古襞が発達していなかったので、幅広い二重を作るだけで、十分平行型二重になりました。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、まぶたの皮膚が分厚く、脂肪もたくさんついているようでした。
また、まぶたの開きが弱く、細い目をしていました。
患者様は、「自分に似合っている自然な二重にしてください」とおっしゃってくださったので、広すぎないラインで二重まぶた全切開をすることになりました。
目を閉じた状態で約7mmの位置で切開し、眼窩内脂肪とROOFを切除し、内部処理をすることにより、二重のラインを作りました。
皮膚の切除はしていません。
この方は適度に蒙古襞が張っているので、必然的に末広型の二重になりました。
術前に一重まぶたで被さっていた皮膚が、二重を作ったことにより上に挙がったので、まぶたの開きが良くなり、黒目がはっきりと見えるようになりました。
もし、この方のまぶたに、もっと幅の広い二重や平行型二重を作ると、逆に厚ぼったさが強調され、不自然で眠たそうな二重になってしまうので、このデザインが最適だったと思います。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・全切開法

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大