顔の施術について

吸収糸を使った頬のたるみ治療などの糸によるリフトアップ手術のダウンタイムは?メイクや洗顔はいつからできる?

吸収糸を使った頬のたるみ治療、吸収糸を使った肌のハリを出す治療、金の糸などの糸によるリフトアップ手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、
いつから人に会っても大丈夫ですか?
今日手術して、家に帰って主人に会ったらバレますか?
仕事は何日休めばいいですか?
メイクや洗顔はいつからできますか?
などのご質問をいたただきます。

吸収糸を使った頬のたるみ治療、吸収糸を使った肌のハリを出す治療、金の糸などの手術は、糸を入れる部位に局所麻酔注射をした後、専用の細い針を使い、糸を刺入します。
糸の入れ方は医者によって微妙に異なりますが、私に関しては、顔に針穴がつかないように、髪の毛の生え際や、生え際より有毛部側(髪の毛の生えている頭皮内)から針を刺して糸を入れるようにしています(針を刺す部位は医者によって微妙に異なることがあるので、詳しくはカウンセリングのときに担当医にお聞きください)。

手術直後は局所麻酔注射の影響で腫れていますが、腫れのほとんどは局所麻酔注射によるものなので、数時間(4~6時間程度)で大部分の腫れは引いてしまいます
メイク、洗顔は、手術した当日から可能であり、手術後数時間経過して、大部分の腫れが引いていれば、人に会っても手術したことがバレない可能性が高いし、家に帰ってご主人様に会っても気付かれない可能性が高いです。

手術して数時間で大部分の腫れは引いてしまうので、夜に手術しても次の日の朝には普通に職場に出勤していたただいて大丈夫です。
夜の仕事をしている人は、昼頃までに手術して、手術当日の夜から出勤することが多いです

症例写真
■吸収糸を使った頬のたるみ治療+吸収糸を使った肌のハリを出す治療で顔全体が程よく若返った30代女性の症例写真



(8ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、顔全体の老化を気にされていました。
診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体が老化していました。
肌の張りがなくなってきたことにより、小じわ、毛穴の開きが目立っていました。
また、額、目の下、頬、フェイスラインがたるんでいました。
額リフト(額のしわ取り手術)や頬のフェイスリフトなどの切開するリフトアップ手術も適応ではあるのですが、凄くたるんでいるわけでもなく、患者様自身もダウンタイムがかかる手術は希望されていなかったので、吸収糸を使った頬のたるみ治療と吸収糸を使った肌のハリを出す治療を同時にすることになりました。
吸収糸を使った頬のたるみ治療で頬のたるみをリフトアップし、吸収糸を使った肌のハリを出す治療で顔全体の肌の張りを出すようにしました。
術後は、顔全体の肌の張りが出てきたことにより、小じわや毛穴の開きが目立たなくなりました。
また、頬のたるみも引き締まって、全体的に張りが生まれました。
吸収糸を使った頬のたるみ治療は頬のたるみをリフトアップするのに大変適した治療です。
吸収糸を使った肌のハリを出す治療は顔全体の肌の張りを出すのに大変適した治療です。
この2つの治療は、名前ややることは似ていますが、目的や作用は異なります。
ときどき患者様に、「私の顔は、吸収糸を使った頬のたるみ治療と吸収糸を使った肌のハリを出す治療だと、どちらが向いていますか?」とご質問いただきますが、どんな人でも老化が進行していれば、肌の張りもなくなり、頬もたるんでいるので、どちらも向いているし、適応になります。
もし、どちらか一方を選択して受けるのであれば、頬のたるみの改善を優先するなら吸収糸を使った頬のたるみ治療を、肌の張りを出すのを優先するなら吸収糸を使った肌のハリを出す治療をするのが良いです。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

吸収糸を使った頬のたるみ治療

1本 ¥100,000 / 6本 ¥600,000 【全院】

吸収糸を使った肌のハリを出す治療

顔全体(額、コメカミ、目尻、目の下、頬) ¥300,000 / 首全体 ¥300,000 / デコルテ ¥300,000 / バスト ¥300,000 / お腹 ¥300,000 / ヒップ ¥300,000 / 手の甲 ¥300,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

吸収糸を使った頬のたるみ治療

吸収糸を使った肌のハリを出す治療

■金の糸で顔全体の肌の張りが出で、引き締まった印象になった20代女性の症例写真



高須幹弥医師からのコメント

20代後半の女性患者様で、エイジングケア希望で来院されました。
診察させていただいたところ、年齢相応に顔が老化しており、肌の張りがなくなっていました。
また、全体的にたるんで、締まりがなく、小じわも出始めていました。
患者様は、顔全体がエイジングケアされ、効果が永久に持続する治療を希望されていました。
また、フェイスリフトなどの切る手術はダウンタイムが取れないため望んでいらっしゃらなかったので、まずは顔全体に金の糸をすることになりました。
額、コメカミ、目尻、目の下、頬の真皮の下に、数cmの髪の毛くらいの細い24金の糸を30本分散して入れました。
術後は3~6ヶ月後かけて金の糸を入れた部位のコラーゲン繊維が増えて、肌の張りが出て、顔全体が引き締まった印象になりました。
金の糸、吸収糸を使った頬のたるみ治療、吸収糸を使った肌のハリを出す治療などの糸のリフトアップ治療は、施術を受けた時点から半永久的に老化予防効果があるため、老化する前や老化し始めに行うと得をする治療です。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

金の糸

顔全体(額、コメカミ、頬) ¥300,000 / 首 ¥300,000 / デコルテ ¥300,000 / 手の甲(両手) ¥300,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大