肌(美容皮膚科)の施術について

金の糸やイタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療などの糸リフトは、歳をとってからやった方が良いというのは間違い

エイジングケア治療希望の患者様のカウンセリングのときによく、「金の糸やイタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療などの糸のリフトは、もっと歳をとってからやりたいです」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、それは間違いです。金の糸やイタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療をすると、顔の張りが出てきて、尚且つ、今後の老化を予防する効果があります

糸のリフトは、どちらかというと、今後、老化を予防するスローエイジング効果の方が大きいのです。そのため、おもいっきり老けてからするよりも、老ける前あるいは老け初めにやった方が長い目でみると得をするのです。もちろん、60代70代でやっても効果があり満足していただけるのですが、やるなら早ければ早いほど得をするということです。

医学的に考えると、老化が始まる18歳くらいでやるのが長い目で見て、効果的なのですが、実際には18歳で老化のことを気にしている人はいないので、実際にやるのは早くても20代後半くらいで、一番多いのは30~60代の方です。

■金の糸のメカニズム

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療のメカニズム

ちなみに、本当に老けてからやるのがいいのは、フルフェイスリフトなどの本格的な切る手術です。歳をとってシワシワになってたるんでいる方は、切開して、余っている皮膚を切除して引っ張り上げると、シワやたるみが改善します。

エイジングケア治療には他にもヒアルロン酸やボツリヌストキシンなどの注射系治療、ウルセラシステム焦点式(ハイフ)超音波システムサーマクールCPTRF高周波エネルギーシステムポラリスRF&ダイオードレーザーなどの照射系治療などもあり、高須クリニックでは、患者様の年齢、お顔の状態、切らずに治療したいか、切ってもよいのかご要望などによって、治療方法をご提案させていただきます

症例写真
■金の糸



(3ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

高須クリニック名古屋院の受付の方です。年齢とともに感じていたたるみやハリのなさを改善したいけれど、仕事を休むような施術はできない。何度も繰り返すのは面倒。といった理由から、金の糸を選択。院長である私が施術しました。
日毎にハリが出てきて、フェイスラインが引き締まっていくのを本人はもちろん、名古屋院のスタッフも感じています。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

金の糸

顔全体(額、コメカミ、頬) ¥300,000 / 首 ¥300,000 / デコルテ ¥300,000 / 手の甲(両手) ¥300,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療



(3ヶ月後)

奥田裕章医師からのコメント

3~6ヶ月かけてほほが引き締まり、リフトアップ効果が。目も口もぐっと持ち上がりました。今後、肌がたるむのを半永久的に予防してくれます。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療

1本 ¥100,000 / 6本 ¥600,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

イタリアンリフト吸収糸を使った頬のたるみ治療

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大