顔の施術について

埋没法や切開法などの目の手術をした後はいつからコンタクトレンズをして良いのか?


目の診察風景

よく、埋没法・切開法などの二重手術、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、垂れ目形成、目の下の切らない脂肪取り(ふくらみ・クマ・たるみ取り)、涙袋や目の上の窪み、目の下のヒアルロン酸注射の後、いつからコンタクトレンズをして良いのか御質問をいただきます。

まず、埋没法に関しては、手術直後からでもコンタクトをすることはできるのですが、術後1週間くらいはまぶたの裏の形が変わっているため、目がゴロゴロする感じがあったり、異物感があるので、それらの症状がなくなってからする方が良いです。どうしてもコンタクトしないと困るという人には、手術直後からでもしていただくことはありますが、可能であるなら最低3日間、できれば1週間しないでいただきたいです。

ミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開に関しては、まぶたの裏はほとんど触らない手術なので、目がゴロゴロする感じや異物感があることはなく、手術直後からでもコンタクトはできることはできるのですが、可能であれば抜糸するまでの間の1週間はしないでいただきたいです。

これらの手術はどれも切開する手術なので、抜糸するまでの1週間は目の周りに傷があり、縫合した糸がついている状態になります。そのため、糸がついている時期に目の周りを触ると傷に負担がかかるし、不潔になることがあるので、可能であれば、抜糸するまでの1週間はやめておいてください。

垂れ目形成や目の下の切らない脂肪取り(ふくらみ・クマ・たるみ取り)は、下まぶたの裏側に傷ができ、傷が治るまで約1週間かかるので、1週間くらいやめておいてください

涙袋や目の上の窪みや目の下のヒアルロン酸注射した後は、直後からしても大丈夫です。これらの治療は注射するのみで、傷はつかないので、何も問題ありません

施術後にコンタクトができる目安
  • ■埋没法
    術後最低3日間、できれば1週間

  • ■ミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開
    抜糸までの1週間

  • ■垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)、目の下の切らない脂肪取り(ふくらみ・クマ・たるみ取り)
    術後1週間

  • ■なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射)、目の上のくぼみや目の下へのヒアルロン酸注射
    直後から可能
この記事の監修医情報
平成11年
  1. 藤田医科大学医学部卒業
平成11年
~平成13年
  1. 藤田医科大学麻酔救急科に勤務
  2. 麻酔科標榜医取得
平成13年
  1. 藤田医科大学大学院入学。
    形成外科入局。高須クリニック勤務
平成14年
  1. 群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
平成15年
  1. Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
平成17年
  1. 単一植毛手術の研究にて医学博士取得
平成19年
  1. 日本形成外科学会専門医取得
  2. 高須クリニック名古屋院院長

※施術方法や施術の流れに関しましては、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧