【施術クリニック】東京、横浜、名古屋、大阪

特徴

下垂乳房形成(垂れ乳修正)の特徴

大半が脂肪からなるバストは、老化による皮膚や筋肉の衰えとともに重力に負けがち。特に授乳後は、急激なサイズ変化によって下垂しやすい状態になってしまいます。
『下垂乳房形成(垂れ乳修正)』は、バストの大きさを変えることなく、たるみだけを取り除いてバストアップできる方法。手術は、たるんでいる皮膚を切除して縫合するというもので、下垂したバストの形と乳輪乳頭の位置を上向きに整えます。乳輪の大きさが気になる場合は、同時に縮小することも可能です。

ページトップへ戻る

乳房吊り上げ手術(下垂乳房形成)のデザインについて

妊娠、出産、授乳後などによるバストの下垂の治療のご質問が多いので、乳房吊り上げ手術のデザインについて詳しく解説させていただきます。

①乳輪周囲切開法(ラウンドブロック法)

ごく軽度のバスト下垂に行う術式です。

乳輪周囲の余っている皮膚をドーナツ状に切除して、縫合します。

傷跡は乳輪の周囲につきます。

皮膚を切除した分、縫縮されるので、バストのたるみがわずかに解消します。

傷跡は乳輪周囲しか残りませんが、下垂を改善させる効果はわずかなので、あまり行われる手術ではありません。

局所麻酔だけで充分に行える手術ですが、全身麻酔希望の方には全身麻酔でさせていただきます。

②垂直切開法(バーティカル法)

軽度のバスト下垂に行う術式です。

乳輪周囲の余っている皮膚を縦に切除し、縫合します。

乳輪の位置を自由に上げることができます。

バストの余っている皮膚を切除し、横方向に縫縮することはできますが、縦方向に縫縮することはできません。

そのため、乳輪の位置は上がりますが、乳輪から乳房下溝(バストの下の溝の部分)までの距離は長くなります。

③の逆T字法に比べると、乳房下溝の傷跡はありませんが、その分、縦方向の縫縮ができないため、乳輪から乳房下溝までの縦の傷跡が長くなります。

この術式は、大きい乳輪を小さくすることもできます。

局所麻酔だけで充分に行える手術ですが、全身麻酔希望の方には全身麻酔でさせていただきます。

③逆T字法

軽度~中等度~重度の下垂に行われる手術で、高須クリニックでは最も多く行われます。

乳輪周囲を含めて、バストの余っている皮膚を縦方向にも横方向にも切除して縫縮することができるので、様々なタイプの下垂乳房に適応になります。

大きい乳輪を小さくすることもできます。

バストが垂れていて大きい人は、この術式で、同時に余分な脂肪や乳腺を除去し、サイズを小さくすることもできます(その場合、乳房縮小手術になるため、その分手術料金が高くなります)。

②の術式と比べると、乳房下溝(バストの下の溝の部分)の傷跡がつきますが、縦方向の縫縮ができる分、綺麗な形のバストにすることができるし、縦の傷跡が短くなり、正面から見たときの傷跡はさほど目立たなくなります。

局所麻酔でも全身麻酔でも行うことが可能です。

カウンセリングでは、診察させていただいた後、患者様の状態に合わせて、最適な手術術式を選択させていただきます。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 垂れたバストを治したい
  • 授乳によってバストが垂れてしまった
  • 半永久的な効果を望んでいる
  •  

ページトップへ戻る

症例のご紹介

■下垂乳房(垂れ乳)に乳房吊り上げ術を行った症例写真
Before After
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

40代の女性患者様で、元々Eカップくらいの大きくて形の良いバストだったらしいのですが、妊娠・出産・授乳を繰り返し、皮膚が伸びてしまった上に、萎んでボリュームがなくなってしまい、かなり垂れて、形が崩れてしまいました。
ボリュームはまだそこそこあったのですが、かなり皮膚が伸びて余っていました。
大きさはそのままにして、余っている皮膚を切り取って縫い縮める乳房吊り上げ術を行い、また、乳輪が大きく広がっていたため、同時に小さくしました。
術後はボリュームはそのままで垂れていたバストが持ち上がり、形が良くなりました。
この方は術前かなり垂れ下がっていたため、20歳の頃のようなパーフェクトに形の良いバストに戻すことはできず、術後もやや垂れている感じは残りますが、それでも術前よりははるかに形の良いバストにすることができました。

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約2時間
術後の通院 2~4回
術後の腫れ 強い腫れは2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 局所麻酔なら可能だが当日は出来ない可能性が高い
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔もしくは全身麻酔
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■手術後に処方する抗生剤や痛み止めなどの内服薬のアレルギーの可能性について

高須クリニックでは、手術後に、抗生剤や痛み止めなどの内服薬を処方させていただいています。

非常に稀にですが、これらの内服薬を飲むとアレルギーを起こす方がいらっしゃいます。

もし、これらの内服薬を飲んだ後に、発疹(薬疹)、顔面浮腫(顔が強く腫れて浮腫んだ状態になります)喘息様症状、呼吸困難などの症状が現れたら、それらの薬の内服は中止していただく必要があります。

そのことは手術後に患者様にお伝えするようにしているのですが、時々、患者の自己判断で、アレルギー症状が出ても、「薬を飲まないと不安だから」という理由で内服を継続されてしまう方がいらっしゃいます。

その場合、非常に危険なので、アレルギー症状が出た場合は、必ず処方された薬を中断してください。

以下に処方する薬について詳しく説明させていただきます。

〈痛み止めについて〉

痛み止めに関しては、ロキソプロフェンNaの内服薬(ロキソプロフェン錠)やボルタレン座薬を処方することが多いですが、アスピリン喘息の方や、過去にNSAIDsでアレルギーが出たことのある方が、ロキソプロフェン錠やボルタレン座薬を使用すると、喘息症状やアレルギー症状が出る可能性があります。

そのため、そのような方には、ロキソプロフェン錠やボルタレン座薬は処方せず、代わりにカロナール錠(アセトアミノフェン)を処方させていただくことがあります。

カロナール錠は、15歳未満の患者様で手術後に痛み止めが必要な場合に、担当の医師の裁量でお出しさせていただくこともあります(インフルエンザ脳症、ライ症候群予防のため)。

カロナール錠(アセトアミノフェン)は、ロキソプロフェンやボルタレンなどのNSAIDsとは異なる種類の非ピリン系の内服薬です。

ロキソプロフェンよりも穏やかな作用であり、炎症を抑える作用が弱く、鎮痛作用、解熱作用も比較的弱いですが、NSAIDsでアレルギー症状が出る人に対しては、比較的安全性が高いです。

〈抗生剤について〉

高須クリニックでは、術後の抗生剤に、フロモックスなどのセフェム系抗生剤、アモキシシリン、アモペニキシンなどのペニシリン系抗生剤を投与することが多いです。

これらの薬でアレルギーがでたことがある人は、テトラサイクリン系のミノマイシン、ミノトーワなどに替えることがあります。

このように、過去に抗生剤で薬疹や粘膜浮腫、顔面浮腫などのアレルギー症状がでたことがある人は、抗生剤の種類を替えて処方することができますが、何の薬でアレルギーが出たかわからない人や、薬を替えても抗生剤を飲みたくない人は、無理して飲む必要はないので、その場合は抗生剤は処方致しません。

〈何故、手術後に抗生剤を飲まなくても大丈夫なのか?〉

高須クリニックでは、昔から、手術後に抗生剤(抗生物質)の内服薬(飲み薬)を処方しています。

二重まぶた埋没法、切開法、目頭切開などの目元の手術、シリコンプロテーゼ、小鼻縮小などの鼻の手術、顎のシリコンプロテーゼ、フェイスリフト、豊胸手術など、ほとんどの手術で術後に3~5日間程度抗生剤を処方しています。

手術中、手術後に抗生剤を投与するのは、「術中感染、術後感染の予防投与」といい、術後に創部に感染症が起こらないようにするためのものとされ、日本では昔から様々な手術で投与されてきました。

外科、心臓外科、整形外科、形成外科、耳鼻科などの科でも、手術後に抗生剤の点滴を何日間もしたり、内服薬の投与もすることが多いです。

昔からこれだけ色々な科で、手術後にたくさんの抗生剤が投与されていると、

「手術後の感染症を予防するための抗生剤投与は重要なことなんだなあ」

と思う人が多いと思いますが、実際には、美容外科や形成外科の手術に関して、「手術後に抗生剤を投与すると感染症が予防できる」というエビデンスはありません。

要するに、「手術後に抗生剤を投与すると、手術後に抗生剤を投与しなかった場合に比べて、感染症の発生率に有意差があった」という明らかなデータはないということです。

では何故、日本では昔からこんなにもたくさん手術後に抗生剤が投与されていたかというと、それは健康保険の仕組みと、病院と製薬会社のしがらみによるからです。

健康保険で診察、治療する場合、一部の例外を除くと、治療をすればするだけ保険点数は加算され、病院の収益になります。

患者さんが軽い風邪で来院されても、解熱剤、咳止め、去痰剤、抗生剤などの薬をたくさん処方することによって利益をあげます。

本来、ウィルス性の風邪に抗生剤は無効なのですが、「細菌の二次感染の予防のための予防投与」という建前で処方します。

手術をした後も、「術後感染の予防」という建前で、抗生剤の点滴や内服薬の投与を長期間行い、保険点数を増やし、利益をあげます。

しかし、必要のない薬であっても、医学的知識の乏しい患者様にとっては、どの薬が必要でどの薬が必要でないなんてことはわからないし、医者が必要と言えば必要なんだと思ってしまいます

現在、世界では、術後に抗生剤を投与することによって感染症を予防できるというエビデンスがないことから、「抗生剤を投与する場合は手術から24時間以内が望ましい」という指針がメジャーであり、整形外科の人工関節の手術や心臓外科の手術などの感染ハイリスクの手術でのみ24時間以内までに抗生剤を投与し、それ以降は投与しないのが主流です。

〈抗生剤には様々な副作用、リスクがある〉

保険診療で、医者が患者様に抗生剤を必要以上にたくさん処方しても、患者様は医学の知識が乏しいため、何も文句は言いません。

中には、「たくさん薬を出してくれた。医者に大切にされてるのでありがたい」と喜んでしまう患者様もいらっしゃいます。

むしろ、軽い風邪で受診した患者様に対して医者が、「解熱剤も抗生剤も必要ないのでお出ししません」「水分をしっかり摂ってお家で安静にしてるだけで治りますよ」と言って、診察だけして何も薬を出さないと、「あそこの医者は何も薬を出してくれなかった!」と怒ってしまう患者様もいらっしゃいます

しかし、抗生剤には様々なリスク、副作用があります。

どんな抗生剤でも、体質によっては必ずアレルギーがでる可能性があり、全身に薬疹がでたり、口の中や気道の粘膜が腫れて、呼吸困難になったり、アナフィラキシーショックで死亡する可能性もあります。

抗生剤の内服をすることにより、胃の粘膜が荒れて、胃炎になることもあります。

抗生剤によって、腸の中の腸内細菌が死んでしまい、悪玉菌が増えることにより、お腹の調子が悪くなって、下痢をしたり、便秘になることがあります。

抗生剤によって、皮膚の常在菌が死んでしまい、代わりに他の微生物が増えることにより肌が荒れたり、ニキビができたり、真菌症になって、カンジダ症やインキンタムシになることもあります。

抗生剤を長期間投与し続けることにより、身体の中で抗生剤の効かない耐性菌が増えてしまい、将来、何らかの感染症を起こし、本当に抗生剤治療が必要になったときに、抗生剤が効かない身体になっていることもあります。

健康保険で必要のない抗生剤を投与しても、患者様にとっては百害あって一利なしであり、得をするのは病院と製薬会社だけです

とはいえ、日本には薬神話というものがあり、患者様が病院に行けば、医者が薬を出してくれるのが習慣であり、薬を出さないで正しいことをする医者が少数派になってしまうのが現状です。

医者や看護師などの医療従事者達も、常に勉強して新しい知識を頭に入れ、何が正しくて何が間違っているか理屈でものを考える頭の人は、必要でない抗生剤を処方しないことを理解しますが、理屈でものを考えないで、昔から習慣的にやっていることや周りの人達がやっていることが正しいとだけ考えている頭の人は、今だに術後の抗生剤投与は絶対に必要だと考えています。

もし、美容整形手術の術後の抗生剤を処方しないと、患者様によっては、

なんでここのクリニックでは術後に抗生剤を出してくれないのですか!?

○○クリニックで手術したときは術後に抗生剤を出してくれたのに、なんでここのクリニックでは出してくれないのですか!?

術後に抗生剤も出さないなんて、酷い扱いですね!

と、怒ってしまう患者も多くいらっしゃると思います。

そのため、高須クリニックでは術後に最低限の抗生剤を処方しておりますが、もしも抗生剤を飲むことを望まない患者様がいらっしゃれば、医師にお伝えください

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

垂れ下がったバストをふっくらさせる方法には、ヒアルロン酸注入(マンマリーヒアル)や脂肪注入などもあります。下垂の状態によっては、これらの方法のほうが向いている場合も。カウンセリングでじっくり話し合って、最適な方法を見つけていきましょう。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大