Vシェイプリフトヒアルロン酸注射によるたるみ治療は、高密度のヒアルロン酸を使用して、目の下から口付近までを中心に注入し、周囲の構造を立体的にリフトアップしながらお顔の印象を効果的に改善する施術です。

オーダーメイドのように、その人のお顔の構造に合わせてヒアルロン注射を行っていくので、部分的ではなく、全体的に自然な仕上がりが得られます。

Vシェイプリフトヒアルロン酸注射によるたるみ治療は、こんな方に向いています。

  1. 深いたるみやしわを消したい
  2. 顔のくぼみを解消したい
  3. 誰にも気づかれずにエイジングケアしたい誰にも気づかれずにビューティー
  4. 顔の左右差が気になる
  5. 腫れると困る

老化のメカニズム

深いしわや溝、たるみなど、お顔にあらわれる老化現象は、皮膚だけではなく、

  • 骨格
  • 筋肉
  • 皮下脂肪

といった顔全体の組織の構造が、加齢で立体的に変化することによって起こります。

例えば、鼻唇溝(ほうれい線)の原因は、骨格の損失、口の周りの筋肉の拘縮(こうしゅく)※、頬と口の周りの皮下脂肪の減少や下垂、皮膚の下垂によって、これら組織の位置が移動することであるとわかっています。
※筋肉が持続して収縮した状態

顔全体の構造を立体的に
改善することが重要

A.鼻唇溝(ほうれい線)
B.マリオネットライン

こうした症状を改善するには、しわが出ている部分だけを治療するのではなく、原因となる骨格、筋肉、皮下脂肪などの影響などを考え、お顔全体の構造を立体的に改善することが重要です。

Vシェイプリフトヒアルロン酸注射によるたるみ治療の効果

お顔や全体に作用するため、次のようなお悩みに対して広範囲に効果が期待できます。

  • お肌の潤い、弾力、ハリ、くすみの改善
  • お顔全体のたるみ、リフトアップ
  • ちりめんじわなどの小シワの改善
  • 目の下や目尻のシワやクマの改善
  • 毛穴や、キメの改善
  • ほうれい線やゴルゴラインを目立たなくする

高密度ヒアルロン酸使用で、ずっと続く潤い感

効果の高さを考えて、高密度のヒアルロン酸を使用。
しわやたるみへの効果をはっきり実感し、仕上がりの美しさを長く保ちます。

また、ヒアルロン酸の保湿効果で、注入部位はいつもみずみずしい状態になり、老化予防にも役立ちます。

また、使用するヒアルロン酸製剤は、安価な中国製ではなく、滅菌処理済みで使用期限内のものを使用しています。
1本のヒアルロン酸を1回で使い切らず、同じ患者様に取り置きしたり、複数の患者様に使い回したりすることもありません。
(保管中に雑菌が繁殖する可能性があり、感染症の原因になる場合があります。)

従来のヒアルロン酸注射との違い

お顔のしわや溝の直下だけではなく、立体的な変化の原因となるポイントにヒアルロン酸を注入するアプローチとなります。

患者様のなりたいお顔のご希望や、骨格の構造や状態を考えながら、最も適した数カ所にヒアルロン酸を注入します。

オーダーメイドで注入箇所を決定するため、一人ひとりのご要望に合わせたリフトアップや効果を出すことができます。

注入可能部位

患者様のお顔のたるみの状態、左右差、骨格、顔全体のトータルバランスを見ながら、解剖学的に考えて最大限の効果がでるように注入場所・量をデザインします。

患者様のお顔のたるみの状態、左右差、骨格、顔全体のトータルバランスを見ながら、解剖学的に考えて最大限の効果がでるように注入場所・量をデザインします。

高須クリニックでは、治療経験が豊富でデザインセンスの高い形成外科医がカウンセリングから注入までを担当。
患者様がどのようなお顔になりたいかご希望をお聞きしながらデザインを行い、最適な注入量と注入場所をご提案します。

高須英津子医師の施術を動画で解説

施術料金

Vシェイプリフト(ヒアルロン酸注射)ヒアルロン酸注射によるたるみ治療

1回 ¥330,000~¥660,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、栄】

Vシェイプリフトヒアルロン酸注射によるたるみ治療の代表的な症例

7本のヒアルロン酸を注入し、顔全体をふっくらさせて、リフトアップした症例

  • Before

  • After

  • Before

  • After

執刀医:高須英津子 医師

頬の緩んだ靭帯を持ち上げるようにリフトアップした症例

  • Before

  • After

  • Before

  • After

執刀医:高須英津子 医師

ヒアルロン酸を左右に3本ずついれてリフトアップさせながらボリュームアップした症例

  • Before

  • After

  • Before

  • After

執刀医:高須英津子 医師

両頬を自然な形にリフトアップさせ、フェイスラインがキレイなV字型になった症例

  • Before

  • After

  • Before

  • After

執刀医:高須英津子 医師

Vシェイプリフト(ヒアルロン酸注射)ヒアルロン酸注射によるたるみ治療加齢による窪むやタルミにヒアルロン段注入でふっくらさせリフトアップしてタルミを改善する施術

Vシェイプリフト(ヒアルロン酸注射)ヒアルロン酸注射によるたるみ治療

1回 ¥330,000~¥660,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、栄】

Vシェイプリフト(ヒアルロン酸注射)ヒアルロン酸注射によるたるみ治療

痛みや傷跡は?

麻酔クリーム

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗る様子

麻酔クリームを塗る様子

注射する部位には事前に麻酔のクリームを塗り、極細の注射針を使って注入します。
麻酔クリームは、化粧品のクリームに似た感触の麻酔薬で、施術時の痛みをほとんどなくします。
針を刺す時の痛みも少なく、少しでも患者様の苦痛を少なくするために最善の努力を行います。
※注射針にマイクロカニューレをご希望の方は別途ご相談ください。

腫れや傷跡は?

注射直後はわずかに浮腫んだり、赤みは出ることがありますが施術翌日でほとんどひきます。
注射直後には針の点の跡がいくつか残ることがありますが、3日〜5日程度で自然に消えます。

Vシェイプリフトヒアルロン酸注射によるたるみ治療のダウンタイム

注射直後はわずかに膨らむことがありますが施術翌日にはほとんどひきます。
内出血の心配もほとんどありません。
ダウンタイムはとても短く、日常生活で行う動作のほとんどは手術当日から可能です。

  • 【メイク】
    施術後5~10分程度冷やしていただき、針穴から出血していなければ、メイクをしてお帰りいただくことが可能です。
  • 【洗顔】
    施術直後から可能です。
  • 【シャワー・洗髪】
    施術当日からシャワー、洗髪は可能です。
  • 【入浴】
    施術翌日から可能です。
    施術当日はぬるま湯に短時間(5分以内くらい)の入浴くらいに済ませるのが無難です。
  • 【運動】
    激しい運動は施術翌日から可能です。
    手術当日は腫れや内出血を防ぐためにウォーキング程度の運動をおすすめします。
  • 【エステ・マッサージ】
    注入部位以外は当日からマッサージしていただいて大丈夫ですが、注入部位は1週間強いマッサージをしないでください。
    注入して間もない時期(特に3日間くらい)は、あまり注入部位をマッサージすると、腫れが出てきたり、注入したヒアルロン酸が移動したり、周囲に広がる可能性があります。

Vシェイプリフトヒアルロン酸注射によるたるみ治療の施術の流れ

当院ではお客様がご納得いくまでカウンセリングを行い、施術後のアフターケアもしっかりとサポートさせていただきます。

Vシェイプリフトヒアルロン酸注射によるたるみ治療の注意点やリスク

施術時間10分~20分
術後の通院なし
術後の腫れほとんどなし
カウンセリング当日の治療予約に空きがあれば可能
入院の必要性なし

リスクについては、あくまで起こり得る可能性があるすべての内容について表記しています。実際にはすべてが起こらないようしっかりと対策し、細心の注意を払って施術を行っています。

  • 内出血について

    ヒアルロン酸などの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
    注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
    むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
    内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
    私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
    程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
    しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
    また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

  • アレルギーが生じる可能性について

    当院では、注射用ヒアルロン酸は比較的アレルギー症状の出にくいものを使用しております。

    そのため、ヒアルロン酸注射後にアレルギー症状が出ることは滅多にありません。

    しかし、患者様の体質によっては、アレルギー症状が出る可能性は0ではありません。

    ヒアルロン酸自体は元々体内にも存在する物質であるため、ヒアルロン酸そのものに対してアレルギーが生じることは考えにくいのですが、ヒアルロン酸製剤の基剤にアレルギー反応が起こる可能性があるからです。

    どんなお薬でも、使う人の体質によってはアレルギーが生じる可能性があるように、どんなヒアルロン酸注射でもアレルギーが生じる可能性があります。

    もし、アレルギー症状が出る場合は、注射後数分から数時間後に注射部位が赤く腫れ上がってくることが多いです。

    数時間以内にアレルギー症状が現れなくても、数時間以上経過してから症状が現れる可能性もなくはありません。

    万が一アレルギー症状が現れた場合、ヒアルロニダーゼで注入したヒアルロン酸を分解させるなど、最善の処置をさせていただきます。

  • 注入後の感染について

    ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、注入後の感染があります。

    当院では、ヒアルロン酸注射をする際、注入部位の皮膚を消毒し、無菌操作下に行います。

    また、使用するヒアルロン酸製剤は、滅菌処理済みで使用期限内のものを使用しています。

    他院で行われているような、1本のヒアルロン酸を1回で使い切らず、余った残りのヒアルロン酸を取り置き保管し、後日また同じ患者様に残りのヒアルロン酸を注射するようなことは、当院では致しません(これを行うと、保管中に雑菌が繁殖し、注入時に感染症が起こる確率が上がるため、基本的にヒアルロン酸メーカーも推奨してません)。

    1本のヒアルロン酸を複数の患者様に使い回したりすることもありません(これも感染症を起こす可能性があるため、メーカーは推奨していません)。

    厳重な無菌管理下にヒアルロン酸注射を行えば、感染症を起こす可能性は極めて低いです。

    しかし、どれだけ厳重に無菌管理下にヒアルロン酸注射を行っても、感染症を起こす可能性は0ではありません。

    ヒアルロン酸注射後に感染症を起こす場合、注射当日から数日くらいで注入部位が赤く腫れて痛みが出てくることが多いです。

    万が一感染症を起こした場合、抗生剤の投与等、最善の処置をさせていただきます。

  • 血管の閉塞による血流不全、皮膚壊死

    ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、血管の閉塞による血流不全、皮膚壊死というものがあります。

    顔のシワや窪みなどにヒアルロン酸を注入するとき、偶発的にヒアルロン酸が血管内に入ると、ヒアルロン酸の粒子が血管の末梢の細い部分を閉塞し、その血管の支配流域の血流不全を起こすということが非常に稀に起こり得ます。

    動脈の血流不全を起こすと、ヒアルロン酸注射直後から数時間後にかけて、その血管の支配流域の皮膚が白くなって痛みが出たりします。

    閉塞の状態が酷い場合は、動脈の支配流域の皮膚が強く腫れたり、皮膚壊死を起こす可能性も0ではありません。

    こういったヒアルロン酸注射による血管閉塞の合併症は、実際に起こる確率は非常に稀で、高須クリニックではこのリスクを避けるために、解剖学的な血行支配を熟知し、血管を避けるように針の刺入部位、刺入する層の深さを考慮してヒアルロン酸を注入する、注入する際、皮膚の色調の様子を見ながらゆっくり注入するなどの細心の注意を払って行っております。

    それでも万が一閉塞した場合に備えて、注入したヒアルロン酸を分解するためのヒアルロニダーゼや、血管を拡張させ、血行を良くするためのプロスタグランジン製剤の軟膏、注射、点滴などを配備しています。

関連施術

ベビーコラーゲン

ヒト由来のコラーゲンを使用した顔の小ジワやたるみ、さらには目元のクマに効果的な治療です。
ヒアルロン酸にはない、肌細胞を活性化しボリューム効果を与える効果があるため、肌表面のダメージ改善やエイジングケアにも高い効果が期待できます。

よくあるご質問

普通のヒアルロン酸注射とは何が違うんですか?

高須 英津子 医師

高須 英津子 医師

ほうれい線などの目立つ部分にダイレクトに入れて溝をうめるのではなく、両頬骨にある靭帯を補強するようにヒアルロン酸で骨格に合わせて杭打ちするように注入し、リフトアップしていきます。

体に悪影響はありませんか?

藤田 ゆかり 医師

藤田 ゆかり 医師

基本的にありません。
万一部位によって血行が悪くなったら適切に処置します。

凸凹になったり不自然になるのが心配です。

高須 英津子 医師

高須 英津子 医師

高須クリニックでは、治療経験が豊富でデザインセンスの高い形成外科医がカウンセリングから注入までを担当します。
ご希望をお聞きしながらデザインを行い、不自然にならないように注入いたします。

ヒアルロン酸を注入したことは他人にバレませんか?

藤田 ゆかり 医師

藤田 ゆかり 医師

基本バレることはありません。
気になる方には、バレないように注入することが可能です。

この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧