症例写真

他院で涙袋ヒアルロン酸注射をして不自然になり、ヒアルロニダーゼで分解、溶解した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1週間後)
高須幹弥医師からのコメント

50代女性の患者様で、他院で涙袋にヒアルロン酸注射をしており、元に戻したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、下まぶたの涙袋の部分が不自然に膨らみ過ぎており、涙袋というよりは、目の下のたるみの目袋のようになっていました。
ヒアルロニダーゼを注射し、入っているヒアルロン酸を全て溶かすことになりました。
ヒアルロン酸の入っている部分に、高濃度ヒアルロニダーゼを大量に注入したところ、みるみるヒアルロン酸が分解、溶解、吸収されていき、1週間後に来院されたときには完全に無くなっていました。
涙袋は本来眼輪筋という筋肉のふくらみで、若いときにあるものであり、年を取ると皮膚の張りがなくなって、筋肉が下垂し、なくなっていきます。
そのため、50代で無理して大きな涙袋をヒアルロン酸注射で作ろうとすると、目の下のたるみの目袋のようになってしまい、かえって老けてしまうことがあります。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
当院来院時
当院来院時です。
他院で涙袋にヒアルロン酸注射しています。
不自然に膨らんでいるので、ヒアルロニダーゼを注射し、分解、溶解することになりました。
ヒアルロニダーゼ注射後1時間
ヒアルロニダーゼ注射後1時間です。
大きな腫れや内出血は出ていません。
既に分解が始まっています。
ヒアルロニダーゼ注射後5時間
ヒアルロニダーゼ注射後5時間です。
かなり分解が進んでいます。
1週間後
1週間後です。
ほぼ完全にヒアルロン酸はなくなっています。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大