対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
年代 / 性別
60代 / 女性
診療科目
眉下リフト(上眼瞼リフト)
症例写真,眉下リフト(上眼瞼リフト)で、目の印象を変えないように眉を下げ、肩凝りと頭痛と額のシワを改善させた症例写真,Before,ba_jougankenlift04_b.jpg

Before

症例写真,眉下リフト(上眼瞼リフト)で、目の印象を変えないように眉を下げ、肩凝りと頭痛と額のシワを改善させた症例写真,After(6ヶ月後),ba_jougankenlift04_b.jpg

After(6ヶ月後)

60代女性の患者様で、まぶたのたるみの改善を希望して来院されました。
診察させていただいたところ、まぶたの皮膚が余って、目に覆い被さっており、患者様は無意識で代償的に眉毛を挙げて目を開けていました。
常に強く眉毛を挙げているため、額にシワがよっており、深く刻まれていました。
また、眉毛を挙げ続けていることにより、常に前頭筋(額にある眉毛を挙げるための筋肉)が収縮、緊張しており、それによって、慢性的な頭痛や肩凝りに悩まされていました。
患者様は、あまり目の印象を大きく変えないでまぶたのたるみを取りたいというご要望だったので、二重のラインでまぶたのたるみを取るのではなく、眉下の生え際でたるみを取る眉下リフトをすることになりました。
特に外側のたるみの多い部位を中心に約14mmの幅で、眉毛の端から端まで眉下の皮膚を切除し、皮膚を切除した分、余分なボリュームがかさばらないように、少し眼輪筋も切除しました。
術後は余分なまぶたのたるみが取れたことによって、眉毛を挙げて目を開ける必要がなくなり、挙がりすぎていた眉毛がほどよく下がりました。
眉毛が下がったことにより、術前に広すぎた眉と目の距離もほどよく近づきました。
また、眉毛を挙げる必要がなくなったため、前頭筋の収縮、緊張がとれ、額のシワが浅く目立たなくなり、頭痛や肩凝りも改善しました。

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

眉下リフト(上眼瞼リフト)

40代の中国人女性の患者様で、目を大きくして、目元に張りを出したいというご要望でした。
以前に中国で二重まぶたの手術をしたことがあるとのことで、まぶたの二重のラインに目立たない傷がありましたが、手術の詳細は不明でした。患者様は二重の幅を広げたいともおっしゃっていたのですが、まずまずの二重の手術がされていたので、新たに二重のラインで切開するのではなく、眉下切開で皮膚を切除して眉下リフトをすることになりました。
眉をはアートメイクが入れられていたので、アートメイクの下縁に沿って切開しました。
特に老化の原因になっている外側のたるみが上がるように、外側の皮膚のたるみを多めに切除しました。
術後はまぶたの被さりが上がり、二重の幅が広がって、目が大きく見えるようになりました。
アートメイクの下縁で切開したため、傷跡はほとんどわからなくなりました。

続きを見る

料金

片目
¥192,500(税込)
両目
¥385,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、まぶたがたるんいて、二重の幅が狭いのを気にされていました。
あまり目の印象をを変えずに二重の幅を広げたいという御要望だったので、眉下リフト(上眼瞼リフト)をすることになりました。
眉下の下のラインの生え際ぎりぎりで約12mm皮膚を切除し、吸収糸で中縫いした後、表層をナイロン糸で丁寧に縫合しました。
術後はまぶたのたるみが適度にとれて、すっきりし、目の印象が大きく変わることなく二重の幅が広がりました。
この患者様のように、眉毛が外側までしっかり生えている人は、傷痕がほとんど分からなくなります。
また、眉のアートメイクが入っている人も、この手術の傷痕はほとんど分からなくなります。

続きを見る

料金

片目
¥192,500(税込)
両目
¥385,000(税込)

全院

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、両目とも二重のラインはあるのですが、左のラインがはっきりせず、目尻側が途中で二股になって途切れている状態でした。
また、年齢相応にまぶたの皮膚が被さっており、特に外側の二重のラインの上に肉が被さっているような状態になっていました。
患者様は、二重のラインをはっきりさせて、二重の幅も今より少し広げて、尚且つ、二重のラインの上に被さっている皮膚と脂肪のボリュームを取ってほしいというご希望でした。
手術は、二重まぶたミニ切開法で二重のラインをはっきりさせ、眉下リフト(上眼瞼リフト)で、二重のラインの上に被さる皮膚と脂肪を除去することになりました。
二重まぶたミニ切開法は、元々ある二重のラインとほぼ同じ位置で切開し、二重のラインをはっきりさせるようにしました。
眉下リフトでは、最大幅約13mmで皮膚を切除し、わずかに眼輪筋とその下のROOFも切除しました。
眼窩内脂肪はそれほど余分に余っているわけではなかったため、除去しませんでした。
術後は、二重のラインがほぼ左右対称にはっきりし、また、まぶたの被さりが取れてスッキリしてました。
二重のラインの上に被さる皮膚のたるみは、二重のラインで切除すると、厚い皮膚ではなく薄い皮膚を切除することになるため、厚ぼったさが出てしまいます。
そのため、このような患者様に対しては、眉下リフトを行い、眉毛の下で余分な分厚い皮膚の切除をご提案しています。
安易に、二重まぶた全切開法のときに、二重のラインで余分な皮膚を切除してしまうと、まぶたの下の方の薄い皮膚を切除することになるため、厚ぼったい不自然な目になってしまいます。

続きを見る

料金

片目
¥192,500(税込)
両目
¥385,000(税込)

全院

片目
¥148,500(税込)
両目
¥275,000(税込)
高須幹弥医師の場合 片目
¥192,500(税込)
高須幹弥医師の場合 両目
¥385,000(税込)

全院

脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

20代女性の患者様で、上まぶたの皮膚、たるみ、重みが被さる、乗っかるのが嫌とのことでした。
診察させていただいたところ、綺麗で自然な二重のラインはあるのですが、二重のラインの上の皮膚の被さり、重みはありました。
カウンセリングで話し合った結果、二重のラインはいじらず、眉下切開の上まぶたたるみとり(眉下リフト)でまぶたの皮膚のたるみと重みをとることになりました。
手術は局所麻酔下に行い、眉毛の生え際の下の皮膚と、皮下脂肪のボリュームを切除して縫合しました。
術後は二重のラインの上の皮膚のたるみや重みがすっきりしました。
また、わずかに二重の幅が拡がりました。

続きを見る

料金

片目
¥192,500(税込)
両目
¥385,000(税込)

全院

眉下リフト(上眼瞼リフト)を施行された、患者様が来院してくださいましたので、術後1ヶ月の経過をご紹介します。
この患者様は、眉毛から目の距離が遠めで、皮膚が余っている状況でしたが、脂肪(ROOF)は多くないので、脂肪は温存して皮膚切除をする形で、眉下リフト(上眼瞼リフト)を行いました。
まだ術後1ヶ月なので、ほんのりキズは赤いですが、ノーメークでもほとんどわからない状態だと思います。
二重ラインと違い常に見える部分なので傷跡が心配だと思いますが、よほど皮膚を切除し過ぎない限り、これぐらい綺麗にはなります。

続きを見る

料金

片目
¥192,500(税込)
両目
¥385,000(税込)

全院

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧