銀座高須クリニックOPEN記念キャンペーン実施中!

施術時間
施術時間

30~60分程度

効果
効果

半永久的

メイク
メイク

抜糸後からOK

眉下リフトはこのような方に向いています。

  1. できるだけバレずに、まぶたのたるみを取り除きたい
  2. 目元を自然な印象にしたい
  3. 上まぶたや目尻がたるんで、老けて見られる
  4. 眉毛と目の距離を縮めて凛々しい印象にしたい
  5. まぶたの腫れぼったさも同時に改善したい
  6. 二重のラインをくっきり見せたい

眉下リフトとは?

眉下リフトは、上眼瞼リフトや眉下切開、眉毛下切開ともいわれ、まゆの下にある余分な上まぶたの皮膚のたるみを切除する方法です。

まゆ毛のすぐ下にある厚いまぶたの皮膚だけを切除し、下の薄い皮膚は残して縫い縮めるため、目のラインやまぶたをすっきりさせることができます。

眉下リフトの効果

自然な印象のまま若々しいまぶたに。

眉下リフトは、目の形や顔の印象を変えずに、たるみを切除することができます。
自然に若々しく見えるイメージをもたらすため、整形したことを周りにはっきりとバレたくない方に向いている手術方法です。

まぶたの脂肪もカットすることで
腫れっぼったさも同時に改善。

まぶたの余分な皮膚を切除すると同時に、余分な眼窩内脂肪やROOFを切除することができます。
まぶたが腫れぼったい人には大変有効な手術法で、追加料金もかかりません。

まゆと目の距離が離れている場合、凛々しい印象に。

まゆと目の距離が離れすぎていると、眠たそうな印象が持たれることがあります。
眉下リフトによって、かぶさっていた余分な皮膚を切除することで、目が開けやすくなり、まゆとの距離を縮め、凛々しい、はっきりとした印象の顔へと改善させることができます。

二重の幅を広げたり、よりすっきりした二重のラインに。

元々二重まぶたの方は、たるむと二重が狭くなる傾向があります。眉下リフトにより、二重のライン上に被さる皮膚が持ち上がり、特に目尻側の二重の幅が少し広がり、メイクもしやすくなります。
厚ぼったい一重まぶたの方は、切開法、埋没法を同時に行うことにより、余分な皮膚が無くなり、よりすっきりとした自然な二重まぶたになります。

動画で効果を解説

たるみが原因で起こる症状の改善にも

まぶたのたるみは目の疲れによって引き起こされる場合もあります。スマホやタブレットなどでの目の酷使、アイプチの使用などで若年の方でも起こりやすい症状です。

まぶたがたるむと、皮膚が目に被さり視界が狭くなったり、まぶたを持ち上げる力が弱まるなど、まぶたが開きにくくなり、眼精疲労や頭痛、また肩こりなどが起こることもあります。

  • まぶたが重く、目が開けづらい人
  • 上下の視界が狭い人
  • 頭痛、肩こりがある人

といった方にも眉下リフトによって改善の可能性があります。

眉下リフトの手術方法

まぶたの皮膚は上にいくほど厚くなっています。
眉下リフトは、眉毛の下すぐのラインを切開し、厚くなっている余分な上まぶたの皮膚のたるみを切除します。

下のほうの薄い皮膚は残しながら丁寧に縫い合わせます。
縫合時には切開ラインの端にドッグイヤーと呼ばれるふくらみができやすいですが、高須クリニックでは熟練した形成外科医の手技で、ふくらみができにくいよう調整しながら縫合します。

実際の施術をドクターが解説

この解説動画、写真解説では手術シーンが含まれます。
気の弱い方、血を見るのが苦手な方は閲覧をご遠慮ください。
高須 幹弥 医師

高須クリニックにて実際に行っている施術の様子を動画もしくは静止画にて私が詳細に解説します。

上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り手術)

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

眉下リフトの傷跡について

眉下リフトは、眉毛の下ぎりぎりのラインで切開し、縫合する手術のため、傷跡は残ります。

切開するラインがずれてしまうと、傷跡が目立ってしまう可能性がありますが、正しいデザインで正しい手術を行い、丁寧に縫合した場合、眉毛に隠れるため、傷跡が目立つことはほとんどありません。

特に、眉毛が比較的濃く、外側まで生えている人、眉のアートメイクをしている人はほとんどわからなくなります。

ただし、眉毛が薄く、外側まで生えていない人の場合は、傷が目立つデメリットがあります。
その場合、メディカルアートメイクで眉毛を作ってから受けていただくことをご提案しております。

高須クリニックの眉下リフトの特徴

施術はすべて豊富なキャリアを
持った形成外科医が担当

施術はすべて豊富なキャリアを持った形成外科医が担当

眉下リフトは、患者様の眉下に合わせたラインで緻密に切開する必要があり、わずかでもずれると眉毛にダメージが残ったり、傷跡が目立ってしまいます。
繊細なラインが要求されるため、どんな医師でも簡単にできるわけではありません。
高須クリニックの眉下リフトは高須幹弥はじめ、すべて豊富なキャリアを積んだ形成外科医のみが担当しています。
形成外科医でない、または経験の浅いドクターが施術をすることはありません。

患者様の症状や希望を最優先した
オーダーメイドデザイン

たるみの程度や、患者様に似合うラインはそれぞれ違います。
高須クリニックでは、患者様のご希望を最優先に、綿密なカウンセリングでオーダーメイドで最適な治療法をご提案。納得いくまでじっくりとお付き合いいたします。
型通りをご提案することはございません。

施術料金

眉下リフト(上眼瞼リフト)

片目 ¥192,500(税込)
両目 ¥385,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

※会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の手術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の手術をするなどの柔軟な対応も可能です。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

眉下リフトの代表的な症例

眉下リフトでたるみをとり、二重の幅を広げた症例

  • Before

  • After(メイクなし)

  • After(メイクあり)(6ヶ月後)

眉下リフト(上眼瞼リフト)

片目 ¥192,500(税込)
両目 ¥385,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

16mmの幅で皮膚を切除し、たるみを解消した症例

  • Before

  • After(6ヶ月後)

眉下リフト(上眼瞼リフト)

片目 ¥192,500(税込)
両目 ¥385,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、大阪】

加齢によるたるみを眉下リフトで解消した症例

  • Before

  • After

上まぶたたるみ取りや眼瞼下垂との違い

眉下リフトは、眉毛の下ぎりぎりのラインで切開し、縫合します。
まぶたのたるみをとり自然に若い印象を与えることはできますか、目の大きさは変えることはできません。

上まぶたたるみとりの場合

目の周りの薄い皮膚部分を切開し、伸びてしまった余分な皮膚を取り除きます。よりたるみが多い方に向いている方法で、眉下リフトと併用することも可能です。

眼瞼下垂の場合

上まぶたの皮膚を切開し、まぶたを持ち上げるための筋肉(眼瞼挙筋)につながる挙筋腱膜という薄い膜を縫い縮めます。
まぶたの開きも良くなるため、顔の印象をガラリと変えたい、目をより大きく見せたい方(デカ目)や、二重の幅もより広げたい方にに向いている方法です。

痛み・腫れへの対策

眉下リフトでは、最初の麻酔の注射でのわずかな痛み以外、手術中に基本的に痛みはありません。
その他、術中、術後に独自の対策を実施しています。

痛みも極力少なく。高須こだわりのトリプル麻酔

麻酔クリーム

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗る様子

麻酔クリームを塗る様子

  • 点眼麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 局所麻酔

のトリプル麻酔で、施術時の痛みを極力取り除く工夫をしています。
また、局所麻酔時に使用する麻酔針もかなり細い30~34G
(0.3mm~0.18mm)のものをご用意し、注射時の痛みが少なくなるように努力しています。

質の良い注射針で針の痛みを少なく

一般的に注射針は、より細く、より切れの良いほうが痛みが少なくなっています。高須クリニックでは、細さと切れ味を追及した質の良い注射針を使用し、注射する部位によって使用する針を替え、少しでも患者様の痛みが少なくなるように努力しています。

漢方薬で腫れを早く引かせる

高須クリニックでは、手術後や注射後などの腫れを早く引かせる漢方薬「治打撲一方(ヂダボクイッポウ)」を常備しております。
患部の血行をよくするとともに、腫れや痛みをやわらげる効果があります。

内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」

赤血球中のヘモグロビンに含まれる鉄を排出する作用があるラクトフェリンを配合し、内出血の色を早く消す効果があります。

眉下リフトのダウンタイム

  • 【手術後】
    入院する必要はなく、手術後そのまま歩いてお帰りいただけますが、車の運転はお控えください。腫れが気になる方は、サングラスをしてお帰り頂ければまったくわかりません。
  • 【抜糸】
    手術日から約1週間後に再び来院していただき、手術で縫合した部分の抜糸を行います。痛みはほとんどありません。
  • 【洗顔】
    手術当日からまぶたも含めお顔を水やぬるま湯で軽く洗って頂けますが、傷跡をできるだけ濡らさないようにしてください。24時間後からは洗顔フォームを使用して普通に洗顔して頂いて構いません。
  • 【シャワー・洗髪】
    手術当日からシャワー、洗髪は可能です。
  • 【入浴】
    手術翌日から可能ですが、血流が良くなることによる腫れを避けるため、手術後6日目くらいまでは、熱いお風呂に長時間浸かるのは避け、ぬるま湯に短時間浸かる程度にとどめましょう。
  • 【アイメイク】
    約1週間後の抜糸した翌日から可能です。
    ただし、最初はできるだけまぶたに負担をかけないよう心掛けてください。
  • 【運動】
    手術後7日目以降から軽いランニング程度は可能です。
    それまでは積極的に運動するのはやめておいたほうが無難です。
  • 【コンタクト】
    目の周りに傷があるため、抜糸するまでの1週間は控えてください。
  • 【エステ・マッサージ】
    目の周囲は、14日目くらいから軽くマッサージしていただくことができます。
  • 【アイシング】
    手術後は、目元を適度に冷やしていただくと、冷やさない場合と比べ、腫れが引くのが少し早くなります。
    術後2~3日は、アイスノンなどをタオルなどでくるみ、目元に軽く押さえることを1回数分~数十分を1日数回繰り返していただくことをおすすめします。
  • 【まつ毛エクステ、アイプチなど】
    手術後1ヶ月間くらいは控えることをおすすめします。

眉下リフトの施術の流れ

眉下リフトの注意点やリスク

施術時間30~60分程度
術後の通院1回
術後の腫れ強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療予約に空きがあれば可能
入院の必要性なし
麻酔点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用

リスクについては、あくまで起こり得る可能性があるすべての内容について表記しています。実際にはすべてが起こらないようしっかりと対策し、細⼼の注意を払って⼿術を⾏っています。

  • 【腫れ】
    抜糸するまでの約1~2週間程度は、強い腫れがあります。
    手術直後~手術翌日が腫れのピークであり、その後は徐々に腫れが引いていきます。
    抜糸後もまだ多少の腫れは残るため、上まぶたが浮腫んでいます。
    さらに時間の経過と共に腫れは引いていき、予定の仕上がりとなります。
    完全に腫れが引いて完成するのは、平均すると6ヶ月くらいかかります。
    ※術後の腫れの強さ、腫れが引くまでの期間の長さは個人差があります。
  • 【内出血】
    程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。
    程度の軽い内出血であれば、1週間後の抜糸の頃にはほとんど消えていますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
    高須クリニックでは、内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」を常備しておりますので、発生した方はお申し出ください。
  • 日にちを空けて片目ずつ手術を受ける場合について

    眉下リフトなどの目もとの手術をする場合、仕事や学校を休むことができず、日にちを空けて片目ずつ行うことがあります。
    片目ずつ行う場合のリスクとして、両目同時に行うのに比べ、最終的な仕上がりに左右差が生じ易いということがあります。
    目もとというのは、日によって微妙な変化をします。
    その日の体調によっても変化し、朝か夕方かによっても変化するし、体重が1キロ変わるだけでも微妙な変化をします。
    そのため、目もとのコンディションが違う状態で、日にちを空けて片目ずつ手術を行うと、どうしても仕上がりに微妙な左右差が生じてしまうことがあります。
    目もとを含めて、人間の顔は誰でも左右非対称であるため、両目同時に手術を行ったとしても、パソコンで絵を書いたような完全な左右対称にすることはできません。
    しかし、両目同時に手術する場合は、左右の目が同じコンディションであるし、手術のする医師が、左右の目をリアルタイムで比べながら、正確な手術ができるので、術後に生じる左右差を必要最小限に抑えることができます。
    左右対称に強いこだわりのない方は、日にちを空けて片目ずつ手術しても問題ありませんが、左右対称に強いこだわりのある方は、通常通り両目同時に手術をすることをご検討ください。

  • 仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性について

    眉下リフトのリスク、副作用に、仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性というものがあります。

    そもそも、人間の顔は必ず左右非対称にできています。

    目も必ず非対称にできています。

    眼球のついている位置、まぶたを開ける力、まぶたの厚み、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合、眉の位置、眉から目までの距離など、必ず左右非対称があり、それらにより、元の目は非対称になっています。

    そのため、仮に、完璧に左右対称にデザインし、完璧に左右対称の手術を行ったとしても、元の目の土台の非対称があるため、必ずわずかな非対称は生じてしまうことになります。

    また、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、完璧に左右対称に仕上げることは現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく左右差が出ないようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、必ずわずかな非対称は生じることになり、コンピューターグラフィックスのような完全なシンメトリーにすることは不可能です。

  • 仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある可能性について

    眉下リフトのリスク、副作用に、仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある可能性というものがあります。

    眉下リフトされる患者様の中には、目の形のデザインを非常に細かく要望される方がいらっしゃいます。

    中には、憧れの芸能人などの目の写真を見せて、「この人と同じような目にしたい」などのようにおっしゃり、他人と全く同じ目にしようとされる方もいらっしゃいます。

    しかし、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、何でも自由自在に形を変えることは現実的、物理的に不可能です。

    また、まぶたや目の構造は、人によって千差万別であり、眼球のついている位置、まぶたを開ける力、まぶたの厚み、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合、眉の位置、眉から目までの距離など、必ず解剖学的な個人差があります。

    土台が違うのに、表面的にタレ目形成で下まぶたの形を変えても、他人と全く同じ目を作ることは、やはり現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく患者様の希望の形に近づくようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、患者様が非常に細かいデザインを要望される場合、完璧にその通りに仕上げるのは不可能である場合が多いです。

二重整形とセットで、より自然な二重へ

眉下リフトと同時に二重整形手術も行うことができます。
特に、厚ぼったい一重まぶたの場合、眉下リフトで厚い皮膚を切除し、同時に全切開法をして二重のラインを作ると、余分な皮膚が無くなり、すっきりとした自然な二重まぶたになります。

二重まぶた・切開法

二重にしようとするまぶたのヒダの予定線をメスで切開し、半永久的かつ、よりはっきりとした二重を目指す方法です。
元に戻る心配がなく、より大きく魅力的な目元にすることができます。
高須クリニックでは、ダウンタイムが短く、傷跡もわかりにくい「ミニ切開法」、目の上の脂肪も取り払い、腫れぼったさも改善できる『全切開法』の2種類をご用意しています。

よくあるご質問

眉下リフトで目を大きく見せることはできますか?

高須 幹弥 医師

高須 幹弥 医師

特に目尻側の二重の幅が広がるのでパッチリした二重になります。

眉下リフトは戻る可能性はありますか?

清水 弘己 医師

清水 弘己 医師

施術部分が戻ることはありません。
しかし10~20年単位での加齢や老化によって、施術部分以外のの新たなたるみが生じる可能性があります。

目の上のたるみ取りと比べて周りには手術したことがバレにくいですか?

奥田 裕章 医師

奥田 裕章 医師

目の上のたるみ取りに比べて手術後の腫れが少なくなるので他の方に目立ちにくい特徴があります。

眉下リフトをしたらツリ目になってしまうことはありますか?

高須 幹弥 医師

高須 幹弥 医師

患者様の希望されるデザインによってツリ目にならないようにしたり調整することは可能です。カウンセリング時にご相談ください。

眉毛のアートメイクが崩れるなどの悪影響はありますか?

清水 弘己 医師

清水 弘己 医師

基本的に悪影響があることはございません。

眉下リフトはくぼみ目にもできますか?

奥田 裕章 医師

奥田 裕章 医師

基本的には可能です。カウンセリング時にご希望をお伝え頂ければ、お一人おひとりの状態によって施術をアレンジし、よりご満足いただける結果をお届けいたします。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧