対象クリニックアイコンの凡例

:銀座高須クリニック
:横浜院
:名古屋院
:栄院
:大阪院
全院
:全院
年代 / 性別
20代 / 女性
診療科目
二重まぶた・埋没法
症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,Before,ba_maibotsu043_b01.jpg

Before

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,After,ba_maibotsu043_b01.jpg

After

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,After(10ヶ月後),

After(10ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

担当医:高須幹弥 医師

20代女性の患者様で、二重まぶた手術を希望されていました。
診察させていただいたところ、非常に狭い奥二重のラインがあるものの、ほぼ一重まぶたであり、まぶたの皮膚が眼球を覆い被さって、細い目をしてらっしゃいました。
二重まぶた埋没法と切開法のお話しをさせていただいたところ、患者様は埋没法を希望されていたため、埋没法をすることになりました。
蒙古襞が張っていたため、自然が末広型二重を作ることが望ましい目をしていました。
この患者様の場合、一番黒目が大きく見えて、自然で似合っているのは、目を閉じた状態でまつ毛の生え際から7mmくらいの位置であるため、そのラインで二重を作ると、必然的に目頭側の二重のラインは蒙古襞の中に入り、末広型になるからです。
また、それなりにまぶたの皮膚や組織の厚みもあるため、それより幅の広い二重を埋没法で作ると、糸が緩んで二重の幅が狭くなったり、浅くなって取れてしまいやすいです。
しかし、患者様は平行型二重を希望されたため、蒙古襞を乗り越えて平行型二重を埋没法で作ることになりました。
まぶたが厚い人に対して、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作ると、糸が緩んで戻りやすいため、なるべく取れにくいようにするために、一針固定ではなく、ニ針固定で行うことになりました。
手術後は、患者様の希望された平行型二重になりました。
ただ、ほぼ完全に腫れが引いた3ヶ月後の時点では、患者様の希望された幅の二重になっていましたが、9ヶ月後の時点では、多少糸が緩んだためか、二重のラインが下に下がって、幅が狭くなっていました。
目頭側の二重の幅も狭くなったため、限りなく末広型に近い、末広型と平行型の中間のような形の二重になっていました。
再び埋没を行い、二重の幅を広げても、また同じように二重の幅が狭くなって落ち着くことになると予想されるため、この状態で妥協するのが良いのかもしれません。

術後の経過

手術前

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,手術前,mainpic_maibotsu043a.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
ほぼ完全な一重まぶたです。
患者様は埋没法で平行型二重を作りたいというご要望でした。
幅が広すぎる平行型二重は嫌で、幅の狭い平行型二重にしたいということでした。
埋没法ニ針固定で、できる限り幅が広くならないように平行型二重を作ることになりました。

手術直後

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,手術直後,目を開けた状態,mainpic_maibotsu043b.jpg

目を開けた状態

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れています。
この患者様は適度に蒙古襞が張っていたため、平行型二重を作るために、蒙古襞を乗り越えてある程度幅の広い二重を作る必要がありました。
ある程度幅のある二重を作ったため、腫れによって更に幅の広い二重になり、腫れが目立っています。

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,手術直後,目を閉じた状態,mainpic_maibotsu043c.jpg

目を閉じた状態

高須幹弥医師からのコメント

手術直後の目を閉じた状態です。
針穴の部分が少し窪んでいますが、これは必ず平らになるので心配ありません。

6日後

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,6日後,目を開けた状態,mainpic_maibotsu043d.jpg

目を開けた状態

高須幹弥医師からのコメント

6日後です。
大きな腫れは引いていますが、まだわずかに腫れは残っています。

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,6日後,目を閉じた状態,mainpic_maibotsu043e.jpg

目を閉じた状態

高須幹弥医師からのコメント

6日後の目を閉じた状態です。
針穴の窪んでいた部分は平らになっています。

3週間後

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,3週間後,目を開けた状態,mainpic_maibotsu043f.jpg

目を開けた状態

高須幹弥医師からのコメント

3週間後です。
だいぶ腫れは引きました。
まだわずかに腫れは残っています。

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,3週間後,目を閉じた状態,mainpic_maibotsu043g.jpg

目を閉じた状態

高須幹弥医師からのコメント

3週間後の目を閉じた状態です。

3ヶ月後

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,3ヶ月後,目を開けた状態,mainpic_maibotsu043h.jpg

目を開けた状態

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き完成です。
目頭側にわずかに幅がある状態で、かろうじて平行型二重になっています。
限りなく末広型に近い、平行型と末広型の中間のような型の二重になっています。

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,3ヶ月後,目を閉じた状態,mainpic_maibotsu043i.jpg

目を閉じた状態

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後の目を閉じた状態です。

10ヶ月後

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,10ヶ月後,目を開けた状態,mainpic_maibotsu043j.jpg

目を開けた状態

高須幹弥医師からのコメント

10ヶ月後です。
3ヶ月後の腫れが引いて完成したときと比べると、二重の幅が少し狭くなっています。
埋没法で幅の広い二重を作ると、月単位、年単位で糸が緩んで幅が狭くなっていくことが多いです。

症例写真,埋没法ニ針固定でできる限り幅の狭い平行型二重を作った症例写真,10ヶ月後,目を閉じた状態,mainpic_maibotsu043k.jpg

目を閉じた状態

高須幹弥医師からのコメント

10ヶ月後の目を閉じた状態です。

この症例と同じ診療科目の
症例写真はこちら

この症例の診療科目
ページはこちら

性別
年代
施術カテゴリ
診療科目
上記の施術科目と同時に行った診療科目
ドクター
 

※ 施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※ 当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧