※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例写真

明らかに厚い唇を手術で薄くして平均サイズくらいにした20代男性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、厚い唇を薄くしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、確かに上下の唇が厚めであり、同年代の男性の唇より明らかに厚い状態でした。
患者様は、厚みを感じない、バランスの良い厚さにしたいというご要望でしたので、上下の唇を約3割ずつ薄くなるように手術することになりました。
手術は、局所麻酔下に、唇の濡れている部分と乾いている部分を中心に粘膜を切除し、同時に粘膜下のボリュームも切除しました。
口輪筋(唇の筋肉)は切除しませんでした。
無色透明の吸収糸(溶ける糸)で縫合し、8日後に抜糸をし、6ヶ月後にはほぼ完全に腫れは引きました。
術後は、上下の厚みの比率が4:5くらいのまま程よく薄くなり、厚みを感じさせない唇になりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
料金

唇を薄く(口唇縮小術)

上・下 各 ¥150,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

リスク・副作用・合併症
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
口を閉じた状態
手術前です。
上下とも明らかに平均サイズより厚い唇です。
手術で上下の唇を薄くすることになりました。

口を半開きにした状態
手術前の口を半開きにした状態です。
半開きにしても唇が厚いのがわかります。
手術直後
口を閉じた状態
手術直後です。
平均サイズくらいの厚みになるように、上下とも、約3割程度薄くなるように、唇の粘膜と粘膜下の軟部組織を切除し、無色透明の吸収糸(溶ける糸)で縫合しました。
手術直後は局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず腫れは引くので心配ありません。

口を開けた状態
手術直後の口を開けた状態です。
唇を開けると、縫合してある糸が露になります。
5日後
口を閉じた状態
5日後です。
手術直後に比べるとだいぶ腫れは引きました。
まだ腫れはありますが、手術前と比べても既に薄くなっています。

口を開けた状態
5日後の口を開けた状態です。
8日後
口を閉じた状態
8日後です。
抜糸をしました。
だいぶ腫れは引きましたが、まだわずかな浮腫みはあります。

口を半開きにした状態
8日後の口を半開きにした状態です。
既に傷跡は目立ちません。
6ヶ月後
口を閉じた状態
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
手術前に比べ、だいぶ薄くなったのがわかります。

口を半開きにした状態
6ヶ月後の口を半開きにした状態です。
傷跡は目立ちません。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大