美容整形について

シリコンプロテーゼを入れた後、将来、石灰化することはあるのか?鼻、顎、バスト豊胸手術において

鼻や顎のシリコンプロテーゼ希望の患者様のカウンセリングをしていると、時々、「鼻や顎にシリコンプロテーゼを入れた後、石灰化することはありますか?」「鼻にシリコンプロテーゼを入れると、将来、石灰化を起こして凸凹になるってネットで見たんですが、本当ですか?」「鼻や顎にシリコンプロテーゼを入れると、将来石灰化が起きて、入れ替えが必要になるってネットに書いてあったんですが、本当ですか?」「豊胸手術でバストにシリコンプロテーゼを入れると、将来石灰化を起こして、レントゲンやCT、MRIに石灰化が写るってネットに書いてあったんですが、本当ですか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「人間の体の中にシリコンなどの異物を埋入すれば、長い年月をかけて石灰化を起こす可能性はありますが、高須クリニックでは可能な限り石灰化を起こさないように適切な手術しております。また、石灰化を起こしやすい悪質なシリコンプロテーゼなどを使用しないようにしております。そのため、将来大きな問題が起こることはないのでご安心ください」です。

人間の体の中に異物を埋入すると、体は生体反応を起こし、コラーゲンの被膜(カプセル)を作り、異物の周りを取り囲みます。作られたコラーゲンの被膜は、長い年月をかけて、器質化を起こし、カルシウムが沈着して、石灰化することがあります
シリコンも異物であるため、鼻や顎、豊胸でバストにシリコンプロテーゼを入れれば、コラーゲンの被膜で包まれ、長い年月をかけて石灰化を起こす可能性はあります。鼻にシリコンプロテーゼを入れて、石灰化の度合いが強ければ、鼻の皮膚が薄い人の場合、皮膚の表面が石灰化で凸凹することも考えられます。
ただし、シリコンプロテーゼを入れた後の石灰化は、起こしやすい場合と起こしにくい場合があり、高須クリニックでは、石灰化が起こらないように、様々な工夫をしています。

石灰化が起こる原因は、主に以下の2つがあります。

①シリコンプロテーゼの質が悪く、入れた場所に綺麗にフィットしていない
②手術手技が煩雑(手術が下手ということ)で、手術中、手術後の出血が多い

①に関しては、鼻や顎の場合、質が悪く、可塑性のないシリコンプロテーゼを使うと、鼻や顎の骨のラインにシリコンプロテーゼが綺麗にフィットせず、死腔(デッドスペース)が生じます。すると、死腔に血液や浸出液が溜まり、腫れが強く出る上に、溜まった血液や浸出液が、被膜が形成されるときに器質化を起こし、将来、石灰化が生じやすくなります
また、良質の生体親和性の高いプロテーゼは薄い被膜を形成させるため、器質化が起こりにくく、将来、石灰化も起こりにくいですが、質が悪い生体親和性の低いプロテーゼは、器質化が起こりやすく、将来、強い石灰化を起こす可能性があります(このことは、鼻、顎、バストの豊胸全てにいえることです)。
高須クリニックでは、生体親和性が高く、可塑性があって綺麗にフィットするシリコンプロテーゼを使用しているのでご安心ください。

②に関しては、上手な医者が手術した場合は、余分な剥離や組織の損傷が少ないため、出血が少なく、死腔もないため、シリコンプロテーゼの周りに血液が溜まり、強い器質化や石灰化を起こすことはありませんが、経験の少ない医者や未熟な医者が手術した場合は、余分な剥離や組織の損傷が多く、出血した血液がシリコンプロテーゼの周りの死腔に溜まり、強い器質化が生じ、将来、強い石灰化を起こす可能性があります(このことは、鼻、顎、バストの豊胸全てにいえることです)。
高須クリニックには、手術の下手な医者、未熟な医者、経験の浅い医者はいないのでご安心ください。

他の施術との比較
  ヒアルロン酸注射 長期持続型
ヒアルロン酸注射
シリコンプロテーゼ
施術時間 10分 10分 30分
術後の腫れ ほとんどなし ほとんどなし 強い腫れは約1週間
(個人差あり)
持続性 1年間は十分な効果が持続し、2~3年で吸収されてなくなる。 通常のヒアルロン酸の約3倍の持続効果 半永久
あごの出る量 1本1cc
1本で、あご先を少し出すことが可能。大きくあごを出したい場合は2~3本注射することもある
1本1cc
1本で、あご先を少し出すことが可能。大きくあごを出したい場合は2~3本注射することもある
小さなプロテーゼを入れれば少しあごを出すことができ、大きなプロテーゼを入れれば大きくあごを出すことが可能。プロテーゼは自分で選べる。
仕上がり 自然 自然 自然
石灰化 × ×
安全性 高い 高い 高い
料金 ¥50,000 ¥150,000 ¥350,000

症例写真
■口元が出て顎が引っ込んでいる女性に顎シリコンプロテーゼを入れて顎を出した症例写真


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、口元が出て、顎が引っ込んでいるのが悩みで来院されました。
出ている口元を引っ込めるためには、上下の歯を4本抜歯して上下顎骨切り手術をするか、同じように上下の歯を4本抜歯して歯科矯正をして下げる方法があります。
上下顎骨切り手術は大変リスクの高い手術で、歯科矯正を併用せずに美容目的だけで行うのは大きな危険を伴い、術後は3~6ヶ月間強い腫れがあります。
歯科矯正で行う場合は2~3年程度かかることが多く、2年間くらいは上下の歯にブランケットを装着する必要があります。
患者様はそのような治療は希望されず、引っ込んでいる顎を前に出す治療をすることになりました。
顎が下に延びて顔が縦に長くならないように、顎が前方に出るように約8mmのプロテーゼを入れました。
顎先が丸くなったり四角くなったりしないように、適度に先端が尖ったプロテーゼを使用しました。
術後は引っ込んでいた顎が前に出て、口元が出ているのが目立たなくなりました。
横から見ると、エステティックライン(Eライン)上よりもやや顎が引っ込んでいますが、口元が出ている人に顎を出してEラインを真っ直ぐにしようとすると、顎が長くなりすぎるため、これくらいがちょうど良いと思います。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

あご形成(シリコンプロテーゼ)

¥350,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

あご形成(シリコンプロテーゼ)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大