顔の施術について

美容整形で口角を上げるにはどうしたら良いのか?

カウンセリングのときによく患者様から、「美容整形で口角を上げることはできますか?」と御質問いただきます。口角は年を取ると頬のたるみと一緒に下がってくるため、下がっていると老けて見られ、上がっていると若々しく見られますまた、笑うと口角は上がるので、上がっているといつも笑顔の明るい人に見られ、下がっていると不機嫌そうに見られます

美容整形で口角を上げる方法は色々ありますが、私がご提案するのは頬のたるみを上げる施術です吸収糸を使った頬のたるみ治療や焦点式(ハイフ)超音波システムやRF高周波エネルギーシステムなどで頬が引き締まり、たるみが上がると、口角もわずかに上がります

これらの施術は、ものすごく口角を上げることはできませんが、頬のたるみと共に自然に上がりますし、フェイスラインが少しシャープになったり、肌の張りがでることも喜んでいただけます。頬のたるみの量が多い方は、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムフェイスリフト、フルフェイスリフトなどの切開する手術をすると効果的です

頬のたるみを上げる施術以外では、口角を切開する口角挙上術や、唇の外側にヒアルロン酸を注射し、アヒル口っぽく唇の外側が上がったような感じにする方法があります

口角挙上術は、口角にZ形成を行い、口角部分を皮弁にして挙上する方法や、上唇の外側の上の皮膚を切除縫縮する方法があります。前者の方法は口角部分に大きなZ型の傷が残るため、美容目的で行われることはまずなく、主に顔面神経麻痺などで口角が下がっている人に行います。後者の方法は美容目的で行われる手術ですが、上唇の外側にやや目立つ傷が残ることや、上唇の外側部分だけ唇が厚くなり不自然になることや、傷が目立つ割には口角を上げる効果が少ないなどのデメリットがあります。この方法は高須クリニックの手術メニューにはありませんが、私に関しては、患者様が望めばさせていただくことはできます。

ヒアルロン酸を上唇の外側に注射する方法は、主にアヒル口っぽくしたいという患者様に行います。この方法は、上唇の外側が捲れ上がるように突き出るため、口角が上がったような感じになります。このように口角を上げる方法は色々ありますが、これら以外に最も確実に口角を上げる方法があります。

それは、ニッと笑って、自分で口角を上げることです。いつも口角を上げて笑顔でいると、明るくて魅力的に感じられます芸能人などで口角が上がって魅力的な人は、みんな自分で意識して口角を上げて笑顔を作っていますいつも笑顔で口角を上げるようにしていると、それが習慣になりますすると不思議なことに、性格まで明るくなって、魅力的な人間になるものです

症例写真
■吸収糸を使った頬のたるみ治療


高須幹弥医師からのコメント

メスは入れたくない。腫れや痛みもイヤ。あまり激変してまわりにバレるのも困る。そんなご希望をうかがったうえで、色々検討して吸収糸を使った頬のたるみ治療を選択しました。
肌にハリが出て頬が引き上がる。明らかなエイジングケア効果はあるものの、このくらいの変化なら「化粧品を変えた」とか「エステに行ったの」と言えば通じますよね。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

吸収糸を使った頬のたるみ治療

1本 ¥100,000 / 6本 ¥600,000 【全院】

リスク・副作用・合併症

吸収糸を使った頬のたるみ治療

■ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)


高須幹弥医師からのコメント

60代女性の患者様で、エイジングケア目的で来院され、特に法令線や頬のシワ、頬・顎・首のたるみを気にされてました。
この方は、「変わりすぎてバレてもいいので、しっかりとエイジングケアしたい」「切ることに抵抗はない」「1週間くらい腫れても大丈夫」ということだったので、焦点式(ハイフ)超音波システムやRF高周波エネルギーシステムなどの照射系治療や吸収糸を使った頬のたるみ治療や金の糸などの糸のリフトではなく、切るリフト手術を希望されていました。
頬のたるみに対する切るリフト手術は、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムフェイスリフト、フルフェイスリフトの3種類ありますが、一番マイルドで腫れが少ないミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)をすることになりました。
術後は、法令線や頬のシワ、頬・顎・首のたるみが改善し、フェイスラインがすっきりしたのがわかっていただけると思います。
私はいつもミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムフェイスリフト、フルフェイスリフトをするときは、最大限にエイジングケア効果を出し、半永久的に効果を持続させるために、ただ単に皮膚を引っ張るだけでなく、リテイニングリガメントという靭帯を外して再固定し、合わせてSMASの引き上げ固定をします。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

¥600,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

■ミディアムフェイスリフト


高須幹弥医師からのコメント

加齢により、上まぶた、ホホ、アゴのたるみが目立っていましたが、上眼瞼リフト(眉毛の下での上まぶたたるみ取り)で上まぶたのたるみを除去して、きれいな二重のラインを出し、ミディアムフェイスリフトでホホとアゴのたるみを改善しました。
ミディアムフェイスリフトというのは、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)とフルフェイスリフトの中間の手術であり、しっかりとエイジングケアしたいけれど、フルフェイスリフトまではしたくないという方がされます。
頭髪内から耳の前にかけて切開しますが、1週間くらいで大きな腫れはひき、3~6ヶ月くらいで傷跡はほとんどわからなくなります。
最近は切らないエイジングケアが人気ですが、しっかりエイジングケアしたい方はやっぱり切る治療の方が向いています。
ただ、切るエイジングケア治療も、技術が進歩したため、昔と比べると小さな切開でも最小限の腫れで大きな効果がでるようになっています。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

ミディアムフェイスリフト

¥900,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ミディアムフェイスリフト

■フルフェイスリフト 額リフト(額のしわ取り手術)、上下まぶたのたるみ取りも施行


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

高須クリニック院長の高須克弥です。私が執刀しました。
上・下まぶたのたるみ取りも同時に行ったこともあり、10年以上前の父親に再会したような不思議な気分になりました。
フルフェイスリフトはしわとたるみを取るだけでなく、肌を引き上げることでハリも出て、美肌効果も得られます。肌の質感も、自然な仕上がりになりますよ。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

フルフェイスリフト

頬・アゴ ¥1,200,000 / 額 ¥1,000,000 / 顔全体 ¥2,200,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

フルフェイスリフト

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大