顔の施術について

二重まぶたミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術の術後はどれくらい腫れるのか?

二重まぶたミニ切開法(部分切開法、小切開法)、全切開法、眼瞼下垂手術希望のカウンセリングをしているとよく、「どれくらい腫れますか?」とご質問いただきます。

これら3つの手術はどれも、上まぶたの皮膚を切開し、縫合する手術であるため、抜糸するまでの約1週間は傷に糸がついているし、強い腫れがあります。特に手術直後~手術翌日にかけてが腫れのピークであり、その後は徐々に腫れが引いていきます
抜糸が終わった頃には、強い腫れは引いていますが、まだ多少の腫れは残っており、腫れによって、術前に予定した二重の幅より広くなっています。

その後、時間の経過と共に腫れは引いていき、二重の幅も狭くなっていって、予定の二重幅になりますが、厳密にいうと、完全に腫れが引いて完成するのは、平均すると6ヶ月くらいかかります
ただし、術後の腫れの強さ、腫れが引くまでの期間の長さは個人差があります。

例を挙げると、
  • ・予定の二重の幅のデザイン
    二重の幅を広くすると、術後の腫れている時は更に幅が広くなるので、腫れが目立ちます。
  • ・手術中に目に力を入れているかいないか
    手術中に目に力を入れていると、手術中の出血量も多くなり、腫れが強く出ます。
  • ・眼窩内脂肪やROOF(眼輪筋下脂肪組織)を除去するかしないか
    脂肪を切除すると、断端から多少出血するため、術後の腫れが出やすくなります。
  • ・腫れやすい体質か、腫れにくい体質か
    ちょっとぶつけただけですぐ内出血が出る体質や、まぶたが浮腫みやすい体質の人は、腫れが強く出て長引きやすい傾向にあります。
などがあります。

デザイン、予定の二重の幅、患者様の性格(細かいことを気にしない性格か、気にする神経質な性格か、他人の目を気にする性格か、気にしない性格かなど)などにもよりますが、だいたい1週間くらい学校や仕事を休んで手術する人が多いです(個人差がありますが、1週間くらいで人前に出ても大きな違和感がない程度の腫れになることが多いです)
ミニ切開法は全切開法に比べると、まぶたの皮膚の切開線の長さが短く、脂肪の切除量などが少なくなることが多いため、術後の腫れの強さや腫れる期間が1~2割程度少なくなることが多いです。
眼瞼下垂手術の術後の腫れの強さや腫れる期間は、二重まぶた全切開法とほぼ同じになります。

症例写真
■二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作った症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像


手術前
手術前です。
二重まぶたミニ切開法で、幅広めの平行型二重を作ることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔の影響などにより強い腫れがありますが、必ずひくので心配ありません。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだまだ腫れはあります。

4ヶ月後
4ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

■ビフォー・アフター



(4ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、アイプチやアイテープ、メザイクなどを日常的にしているため、まぶたに何本もシワがあり、綺麗な二重になっていない状態でした。
患者様は幅広めの平行型二重を希望されていました。
何本もシワや二重のラインらしき線があるまぶたに二重まぶた埋没法をしても、綺麗な1本の二重のラインにならない可能性が高いため、切開法をすることをご提案しました。
この患者様のまぶたは元々少し窪んでおり、眼窩内脂肪やROOFを切除する必要がないため、二重まぶたミニ切開法に準じて、2cm弱の切開で二重を作りました。
必要最小限の眼輪筋、瞼板前結合組織の切除を行うことにより内部処理を行って二重のラインを作りました。
皮膚の切除は行いませんでした。
術後は希望された通りの幅広めの平行型二重になり、1本の綺麗な二重のラインになりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた全切開法で平行型と末広型の中間くらいの二重を作った症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像


手術前
手術前です。
ほぼ完全な一重まぶたです。
二重まぶた全切開法をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射の影響などにより腫れがありますが、必ず引くので心配ありません。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
軽い内出血がありますが、必ず引くので心配ありません。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きました。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
4ヶ月後(メイクなし)
4ヶ月後です。
かなり腫れは引きました。

4ヶ月後(メイクあり)
4ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■ビフォー・アフター


(4ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、二重のラインがないため、まぶたの皮膚が黒目に被さり、細い目をしてらっしゃいました。
患者様のご要望は、
「目を開けた状態で、ちゃんと二重の幅が見えて、奥二重のようになるのは嫌」
「内側(目頭側)に二重のラインが入り込むのは嫌」
「元に戻るのは嫌なので、埋没法ではなく、切開法でしたい」
ということでしたので、目を開けた状態で二重の幅が見えて、二重のラインがやや蒙古襞を乗り越えて、目頭側に入り込まないように重瞼棒でデザインし、二重まぶた全切開法に準じて手術しました。
最小限の眼輪筋、瞼板前結合組織を切除し、内部処理を行うことにより二重のラインを作成しました。
皮膚やROOFは切除しませんでした。
術後は、二重のラインが蒙古襞のやや上を乗り越えるようにデザインしたため、完全な末広型の二重にはならず、末広型と平行型の中間のような二重になりました。
また、目を開けた状態で、奥二重のようにならず、ちゃんと目頭側から目尻側まで二重のラインの見える二重になりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・全切開法

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

■眼瞼下垂手術で眠たそうなまぶたの開きを良くし、同時に一重を二重にした20代女性の症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像


手術前
手術前です。
分厚い一重まぶたで、まぶたの開きが悪く、眠たそうな細い目をしています。
眼瞼下垂手術をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射の影響などにより強く腫れています。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血はありませんが、まだまだ腫れています。
腫れにより、予定より二重の幅が広くなっています。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れはだいぶ引いていますが、まだ腫れています。

3ヶ月後
3ヶ月後です。
かなり腫れは引いています。
あと少しで完成です。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

■ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、分厚くて眠たそうな細い目を気にされていました。
診察させていただいたところ、まぶたの皮膚が厚く、脂肪もたくさんついていました。
まぶたの開きが悪く、一重まぶたであるため、普通に目を開けた状態で黒目が3~4割程度しか出ておらず、余計に目が細く見えていました。
眼瞼下垂手術をして、まぶたの開きを良くし、同時に二重を作ることになりました。
二重まぶた全切開法に準じ、新しく作る二重のラインに沿って皮膚を切開し、上眼瞼挙筋の挙筋腱膜を瞼板に前転固定し、短縮しました。
開きすぎて、ビックリした目やキツい目にならないように、普通に目を開けた状態で、黒目が7~8割程度出るように調節しました。
二重の幅は、広くし過ぎると、二重のラインの下の皮膚が睫毛の生え際に被さり、その分まぶたの開きが悪くなってしまうため、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える程度の二重を作りました。
日本人特有の蒙古襞が平均的に張っており、広すぎない自然な幅の二重を作ったため、二重のラインが蒙古襞の上を乗り越えず、蒙古襞の中に入り込んだため、必然的に末広型の二重になりました。
目が窪まない程度に眼窩内脂肪とROOFを切除しました。
皮膚は切除しませんでした。
術後は、分厚かったまぶたが程よく薄くなって、まぶたの開きが良くなった上に、自然な二重まぶたになりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000 / 両目(通常の手術の場合) ¥700,000 / 片目(筋膜移植の場合) ¥550,000 / 両目(筋膜移植の場合) ¥900,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大