新型コロナウイルス感染予防対策についての
当院の対応につきまして

顔の施術について

鼻の骨切り幅寄せ手術後のギプス固定は何日間必要?いつからうつ伏せ寝したり、鼻を叩かれても大丈夫?

鼻の骨切り幅寄せ手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「ギプス固定は何日間必要ですか?」「手術した後、いつからうつ伏せしても大丈夫ですか?」「小さな子供が家にいるんですが、術後にぶつかってこられたり、鼻を叩かれたりしても大丈夫ですか?」などのご質問をいただきます。

鼻の骨切り幅寄せ手術は、局所麻酔下あるいは全身麻酔下に、鼻の穴の中から、骨切りノミで鼻の骨に4本の割を入れ、外側に2枚の遊離骨片を作り、遊離骨片を内側へ移動させ、鼻の根元を細くする手術です。主に鼻の根元の骨の部分(硬いところ)が横に広がっている人に行う手術で、手術後は骨がある程度固まるまでの間、ギプス固定をします。
ギプス固定はほとんどの場合2週間行います(軽い手術を行った場合は、1週間程度の固定で済むことも稀にあるので、どれだけの期間固定が必要なのかは、カウンセリングのときに担当医がお答えします)

2週間ギプス固定をする場合、鼻の皮脂の分泌が多い人などは、2週間ギプスをつけっぱなしにすると、途中でギプスがずれたり、プカプカ浮いてしまったり、外れてしまうことがあるので、ほとんどの人は、手術後1週間の時点で来院していただき、ギプス交換をさせていただきます(人によっては3~4日おきにギプス交換する場合もあります)

ギプスを外した後は、骨切りした骨はほぼ固まっていますが、まだ繊維性の緩い結合の状態であり、強い衝撃が加われば、クシャっと骨が動いてしまうこともあります(もし骨が動いてしまったら、また2週間ギプス固定をしなくてはならなくなってしまいます)。
そのため、特に手術後1ヶ月の間は、うつ伏せで寝たり、子供にぶつかってこられたり、子供に鼻を叩かれるなどのことを避けていただく必要があります

また、完全に骨が固まるのは3~6ヶ月かかるので、ドッジボールをしたり、顔面を平手でビンタされたりするのは、3ヶ月はやめてください。

症例のご紹介

鼻骨切り幅寄せと小鼻縮小手術をした症例写真の術前術後画像

  • Before

  • After(6ヶ月後)

  • Before

  • After(6ヶ月後)

  • Before

  • After(6ヶ月後)

  • Before

  • After(6ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

20代女性の患者様で、大きな鼻が悩みということで来院されました。
診察させていただいたところ、鼻の高さは特別高くはないのですが、正面から見たとき、全体的に横幅の広い鼻をしてらっしゃいました。
特に、鼻の根元の骨と小鼻が横に広がっており、鼻先も少し横に広がっていました。
患者様のご希望もあり、骨切り幅寄せ手術で鼻の根元の広がっている骨の横幅を狭くし、小鼻縮小(鼻翼縮小)手術で広がっている小鼻を小さくすることになりました。
骨切り幅寄せ手術は、通常通り、外側骨切りと内側骨切りを行い、遊離骨片を内側へ移動させ、幅寄せしました。
小鼻縮小手術は、鼻の穴の内側から外側の途中にかけて約5mmの幅で皮膚と皮下組織を切除し、縫合しました。
術後は、横に広がっていた鼻の根元と小鼻が小さくなって、正面から見たときの鼻の横幅が全体的に小さくなりました。
ちなみに、骨切り幅寄せ手術をした後の鼻の高さ、形はほとんど変わらないため、横から見たときの鼻の形もほとんど変わりません。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧