顔の施術について

目の上が窪んでいるいわゆる「窪み目」の人に、二重まぶた埋没法や切開法をすることは可能なのか?

二重まぶた埋没法、ミニ切開法(小切開法、部分切開法)、全切開法希望の患者様のカウンセリングをしていると、稀に極度に目の上が窪んでいる患者様に遭遇します。

極度に目の上が窪んでいると、二重まぶたの手術ができないことがあります

そもそも二重まぶたというのは、目を開けたときに、まぶたの皮膚が二重のラインで折れ曲がり、折れ曲がったラインの上の皮膚が被さることにより形成されます。

極度に目の上が窪んでいると、目を開けても、上まぶたの皮膚がどこも折れ曲がりません。

元々二重だった人でも、極度に痩せたり、加齢によって目の上が窪むと、二重のラインの上に被さるボリュームがなくなるため、皮膚が被さらず、二重ではなくなってしまうことがあります(ガイコツのような窪んだ目になってしまいます)。

そのため、極度に目の上が窪んでいる人に、二重まぶた埋没やミニ切開法、全切開法をして、二重のラインを形成しても、目を開けたときに、二重のラインの上に被さるボリュームがないため、二重まぶたになりません

そのような人には、ヒアルロン酸を注入して、目の上の窪みにボリュームを足すと、二重まぶたになりますが、その場合、ヒアルロン酸は2年くらいで大部分がなくなってしまうので、二重まぶたを維持するためには、定期的にヒアルロン酸を入れ続ける必要があります。

また、極度に目の上が窪んでおらず、夕方になると、まぶたのむくみが引いて、目の上が強く窪むタイプの人もいます

そのような人に、二重まぶた埋没法や切開法をすると、二重まぶたにはなりますが、夕方になると、目の上が窪んで、二重のラインが浅くなったり、二重ではなくなってしまうことがあります(次の日の朝には二重に戻ります)。

また、そのような人は、痩せたり、加齢によって更に目の上が窪むと、二重まぶたではなくなってしまうこともあります(ヒアルロン酸を注入するとまた二重になります)。

〈目の上が窪んでいる人の中には眼瞼下垂の人もいます〉

目の上が窪む原因には、

  • 遺伝的なもの
  • 骨格的なもの
  • 痩せて、目の上の脂肪が萎縮した場合
  • 老化により、目の上の脂肪が萎縮した場合

などがありますが、眼瞼下垂により、目の上が窪むこともあります。

眼瞼下垂になると、まぶたの開きが悪くなり、目と眉の間隔が広くなり、まぶたを開けようとして、無意識に眉を上げようとするので、更に目と眉の距離が広がります。

それが原因で目の上が窪むことがあり、その場合、眼瞼下垂手術をすると、窪みが解消し、二重まぶたになることがあります

ただし、目の上の窪みというのは、1つの原因だけではなく、複数の原因が重なっていることが多いので、窪んでいる原因が眼瞼下垂だけではなく、脂肪のボリュームが足りないこともあれば、二重まぶたにするために、ヒアルロン酸注射も必要になることもあります。

症例写真
■二重まぶた埋没法二針固定でタレ目気味の一重まぶたを目頭側もわずかに幅のある平行型っぽい二重にした症例写真の術前術後画像

Before After(目を開けた状態)
 
After(目を閉じた状態)
(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた埋没法希望で来院されました。
診察させていただいたところ、骨格的、軟部組織的に、元々こめかみが下がっており、タレ目っぽい印象の目でした。
また、ほぼ完全な一重まぶたで、上まぶたの皮膚が下がっており、特に外側の皮膚が強くさがっているため、よりいっそうタレ目を強調させていました。
患者様のご要望は、「タレ目っぽい感じが嫌なので、タレ目っぽい印象をなくすように二重にし、ちゃんと目頭側から二重の幅がある平行型っぽい二重にしたい」ということでした。
患者様のご要望になるべく応えるために、埋没法一針固定ではなく、二針固定で行うことにしました。
7-0の埋没法専用両端針ナイロン糸で、上まぶたの内側と外側に、それぞれ約10mmの横幅で二重のラインに沿って線状に固定し、二重を作りました。
術後は、上まぶたの外側の皮膚の被さりが適度に上がったため、タレ目っぽい印象が改善されました。
また、ご要望通りの、目頭側にわずかに幅のある平行型っぽい二重になりました。
まぶたの被さりが多い人、幅の広い二重を作る場合、埋没法一針固定よりも二針固定のほうが向いています。
二針固定だと一針固定よりも倍の強度があるため、そのような、埋没法では元に戻りやすいタイプの場合でも、元に戻りにくくなります。
また、目頭側から始まる二重にしたい場合、平行型二重にしたい場合も、一針固定よりも二針固定のほうが向いています。
二針固定で目頭側と目尻側に分けて二重のラインを固定するほうが、滑らかな二重のライン、カクカクっと角ばらない綺麗な丸い感じの二重のラインが作りやすいからです。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・埋没法

片目 ¥50,000 / 両目 ¥90,000 【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥90,000 / 両目 ¥170,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作った症例写真

Before After(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、アイプチやアイテープ、メザイクなどを日常的にしているため、まぶたに何本もシワがあり、綺麗な二重になっていない状態でした。
患者様は幅広めの平行型二重を希望されていました。
何本もシワや二重のラインらしき線があるまぶたに二重まぶた埋没法をしても、綺麗な1本の二重のラインにならない可能性が高いため、切開法をすることをご提案しました。
この患者様のまぶたは元々少し窪んでおり、眼窩内脂肪やROOFを切除する必要がないため、二重まぶたミニ切開法に準じて、2cm弱の切開で二重を作りました。
必要最小限の眼輪筋、瞼板前結合組織の切除を行うことにより内部処理を行って二重のラインを作りました。
皮膚の切除は行いませんでした。
術後は希望された通りの幅広めの平行型二重になり、1本の綺麗な二重のラインになりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた埋没法と同じラインで全切開法をした症例写真の術前術後画像

Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた切開法を希望されていました。
この患者様は、以前に埋没法を受けており、最近、糸が緩んできて、ラインが安定しないので、切開法で安定した二重を作りたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、埋没法の二重は完全にはとれていませんでしたが、長い年月をかけて糸が緩んできて、はっきりとした二重になっておらず、二重のラインの下の皮膚、組織がたるんでおり、少し眠そうな印象をしていました。
患者様は、「今とあまり印象を変えないように、今よりはっきりとした綺麗な二重にしたい」というご要望でしたので、埋没法の糸を留めていた位置とほぼ同じラインで、二重まぶた全切開法をすることになりました。
皮膚を切開し、切開線からまつ毛側の眼輪筋はなるべく切除しないようにしました。
眼窩隔膜を端から端まで切開し、眼窩隔膜と挙筋腱膜の移行部を切除して、瞼板とミューラー筋を露出させました。
眼窩内脂肪は余分な量だけ切除し、ROOF(眼輪筋下脂肪)は切除しませんでした。
皮膚を縫合する際、ミューラー筋にアンカリングするように4針均等な幅で縫合し、その間は皮膚同士のみで縫合しました。
術後は術前に比べ、はっきりした綺麗な二重になりました。
過去に埋没法をして、糸が緩んできてラインがはっきりしていない場合、埋没法と同じラインで切開法をすると、はっきりした綺麗な二重のラインになります。
また、眼窩内脂肪などの余分な脂肪を取り除くため、同じラインで二重を作る場合、埋没法よりも切開法のほうが、まぶたの厚みを減らすことができる分、すっきりした二重になることが多いです。
「埋没法と切開法では、二重のラインの食い込みに差はありますか?」という質問をされる方が時々いらっしゃいますが、私の手術に関しては、この患者様のように、その人に合った、一番自然で似合った二重を作る場合、埋没法をして、2~3ヶ月後の腫れが完全に引いて、糸が緩んでいない状態の二重が、二重まぶた切開法をして、6ヶ月以上経過し、完全に腫れが引いた状態の二重のラインとほぼ同じくらいの食い込みになることが多いです。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・全切開法

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大